椿(ツバキ)の花言葉

椿(ツバキ)の花言葉と由来

『椿』は、冬~春にかけて咲く花で、花の色の種類も赤色・白色・ピンク色・黄色・褐色と豊富です。
椿は日本の花ですので、学名は『カメリアジャポニカ』と言い、古くから愛されてきた花です。
ほとんど花の咲かない時期にキレイな花を咲かせてくれることから、観賞用としても好まれていました。
艶やかな葉、大粒の花、さらに長寿であることが“繁栄の象徴”として神聖な存在でもありました。
また、観賞用としてだけではなく、硬い木は木魚や楽器に用いられ、種子からは椿油が採取され化粧用・食用・工業用として高い需要があります。
ツバキ科ツバキ属の植物で、日本では江戸時代には既に品種改良が行われ、園芸品種数は2200種類以上と言われています。
一重や八重など、品種によって様々な容姿をしており、色も様々です。

椿は常緑ですので冬でも活き活きと生い茂っています。
ですから、昔から神社やお寺や家の境などに植えられ、神聖視される存在でした。

ただし、椿の花は丸ごとポトリと落ちることから、「首が落ちるようだ」と言われ、忌み嫌われるところもあります。
特に、お見舞いや人への贈り物としては注意が必要ですね。

そんな椿の花言葉をご紹介していきましょう。

椿(ツバキ)の花言葉

・控えめな優しさ
・誇り

などがあります。

【色別】花言葉はこちら>>
【種類別】花言葉はこちら>>
【英語名】花言葉はこちら>>

花言葉の由来

『控えめな優しさ』の“控えめ”は、椿の花が香らないことに由来すると言われています。
また、『誇り』は、冬の寒さが厳しいの中でも凛と咲く様子に由来していると考えられます。

椿(ツバキ)の特徴

椿は、日本では全国どこでも見られる花です。
ツバキ科ツバキ属の植物で、日本・中国・東南アジアが原産地となっています。
日本では江戸時代には品種改良が行われるほど歴史の古い植物で、長い間、多くの方に愛されてきました。
非常に美しい花木で、日本でも代表的な花木の一つです。
光沢のある艶やかな厚い葉と、葉の周囲に上向きに咲く花は、そのコントラストが目を引くでしょう。
花には細かいギザギザがあるのが特徴で、寿命が大変長い花木です。

【色別】椿(ツバキ)の花言葉

白色の椿

椿は、赤色・白色・ピンク色・黄色・褐色など、花色が豊富にあります。
それでは、色別に花言葉をご紹介していきましょう。

赤色の椿の花言葉

『気取らない優美さ』『謙虚な美徳』

椿の原種は赤色です。
自然に生息することから、『気取らない優美さ』という花言葉が付けられたと考えられます。

ピンク色の椿の花言葉

『慎み深さ』『控えめな愛情』

ピンク色の柔らかい印象から、『慎み深さ』という花言葉が付けられたと考えられます。
『控えめな愛情』もまた、ピンク色のさり気なさから付けられたとされています。

白色の椿の花言葉

『理想の愛』『申し分ない魅力』

白色の椿には、独特の可愛らしさと可憐な雰囲気があります。
そうしたことから付けられた花言葉だと言われています。

黄色の椿の花言葉

『円満』

黄色の椿には、別名『金花茶』という名前があります。
“茶”は中国語の『椿』の意味で、黄色い椿は1965年に中国で発見された珍しい品種なのです。
日本には1980年代に入って来て、その際に『金花茶』という名前が付いたそうです。
中国では黄色を『幸せ』の象徴としており、そこから『円満』という花言葉が付いたと考えられています。

【種類・品種別】椿(ツバキ)の花言葉

【種類・品種別】椿(ツバキ)の花言葉

椿には2200種類以上の品種があると言われています。
それでは代表的な品種を花言葉と一緒に紹介していきましょう。

『侘助』の花言葉

『控えめ』

日本で最も親しまれている椿の一つ、『侘助』は、一輪咲きの小輪の椿です。
花に控えめな印象があり、『控えめ』という花言葉が付いたと言われています。

『乙女椿」の花言葉

『控えめな美』

大振りで八重咲き、丸みのある花びらが可愛らしい『乙女椿』は、清楚なピンク色が美しい品種です。
女性に例えられることが多く、そのイメージのままに『控えめな美』という花言葉が付いたとされています。

『寒椿』の花言葉

『謙虚』『愛嬌』『申し分のない愛らしさ』

一番寒い時期に咲く『寒椿』は、白色・ピンク色・赤色などの花を咲かせる八重咲きの椿です。
日陰であっても控えめに花を咲かせる寒椿から、『謙虚』という花言葉が付けられたと言われています。

『白玉椿』の花言葉

『理想の愛』『完全な愛らしさ』『控えめな愛』『謙遜』『気取らない美しさ』

小輪で一輪咲きの白玉椿は、蕾が丸く花も可憐で可愛らしい椿です。
可愛らしく筒咲きに咲く様子から付けられた花言葉だと考えられています。

『ピンクボクハン』の花言葉

『気取らない魅力』『慎み深い』

3月~4月頃に咲く遅咲きの椿で、独特の風情があります。
その雰囲気から付けられた花言葉だとされています。

【英語名】椿(ツバキ)の花言葉

椿は英名で『camellia』(カメリア)です。
学名は『Camellia japonica』(カメリアジャポニカ)と言い、日本原産であることが分かりますね。
18世紀にヨーロッパへ渡って、19世紀に大流行したと言われています。
社交界の女性たちは皆、椿を胸に飾りっていたという記録も残っているそうです。
海外での品種改良も進み、花の形や色も西洋椿独特のものが開発されてきました。
西洋椿は、八重咲きや牡丹咲き、獅子咲きなどで、大輪~極大輪の大振りな花が多くなっています。

英語の花言葉

『admiration』敬愛・感嘆
『perfection』完全・完璧

という意味です。

椿(ツバキ)と山茶花(サザンカ)の見分け方

椿と山茶花は同属で、非常によく似ていることから、間違われることが多いようです。
見分ける方法として、下記を目安にすると良いでしょう。

・丸ごと落ちる椿:花びらが散る山茶花
・雄しべが花糸の下半分くらいにくっ付いている椿:花糸がくっ付かない山茶花
・冬から春にかけて咲く椿:秋から冬の初めにかけてさく山茶花
・葉柄に毛がない椿:葉柄に毛が生える山茶花
・花が完全に開かないカップ状の椿:花が完全に開く山茶花

椿(ツバキ)の季節や開花時期

椿は、ほとんど花が咲かない一番寒い時期に花を咲かせる冬の花です。
開花時期は11月~12月、2月~4月となっています。
花持ちは3~7日程度で、花が終わるときには花びらから散るのではなく、花その物が丸々ポタリと落ちてしまいます。
そのため不吉な花として考えられ、お見舞いとしては不適切だとされており、贈り物としても注意が必要です。

椿(ツバキ)の誕生花

椿が誕生花となっている月日は下記のとおりです。

1月1日(白)
1月2日(赤)
1月25日(白)
2月3日
11月11日(白)
12月10日
12月21日(白)

関連リンク

【無料】当たると評判のLINEトーク占いが話題!

LINEトーク占い

LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。

LINEトーク占い

LINEトーク占いには、1000人を超える全国の人気占い師が集結!

実力のある占い師ばかりで、本格的な鑑定が体験できるのです。

例えば、名古屋の人気占いサロン即應翠蓮の「翠蓮先生」や、広島で2ヶ月の予約待ちになるほど人気のカリスマ占い師「蓮香先生」など、全国の人気占い師に鑑定してもらえます。

初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?

あなたの未来が今すぐに分かりますよ!

LINEトーク占いでよく当たる相談内容は…
・相手の本音や気持ち。私のこと好き?
・今から3ヶ月以内に起こる奇跡や出会い。
・私のことを好きな人はあの人。
・私はあの人とお付き合いできる?
・運命の人はだれ?もう出会ってる?
10分間無料のトーク占いはこちら

千里眼