桔梗(キキョウ)の花言葉

桔梗(キキョウ)の花言葉と由来

『桔梗』は、秋の七草として数えられている植物で、戦国武将も家紋にするほど、日本人には昔から愛されてきた花です。
桔梗は五角形の紫色の花の印象がありますが、紫色以外にも白色やピンク色の花を咲かせる品種もあります。
キキョウ科キキョウ属の植物で、原産地は日本全土、朝鮮半島、中国、東シベリアなどに自生しています。
和名では、『桔梗』のほかに、『岡止々岐(オカトトキ)』『ありのふき』『きちこう』『ボンバナ』『ヨメトリバナ』と呼ばれており、非常に日本人に愛されてきた歴史があります。
日当たりの良い山野を好み、かつては日本全土に自生していましたが、現在は桔梗が育つことができる環境が減ったことで野生種の桔梗は絶滅危惧種に指定されています。
それでは、そんな桔梗の花言葉をご紹介していきましょう。

桔梗(キキョウ)の花言葉

・永遠の愛
・誠実
・清楚
・従順
・変わらぬ愛
・変わらぬ心

などがあります。

【色別】花言葉はこちら>>
【英語名】花言葉はこちら>>

桔梗の花言葉の由来

桔梗の花は、若い女性がひたすら恋人を待ち続けた姿を表していると言われており、『変わらぬ愛』『変わらぬ心』という花言葉が付けられたと言われています。
また、花の色の印象から『誠実』『従順』という花言葉が付けられたとされています。
戦国武将にも愛された桔梗の花は、かつての武士の主従関係や上下関係などに由来して、『従順』『誠実』という花言葉が付いたと言われています。
ほかにも『清楚』という花言葉は、日本の理想の女性像を表す花言葉です。
苦難に耐えるひたむきで一途な姿から、この花言葉が付いたのでしょう。

桔梗(キキョウ)の特徴

桔梗はキキョウ科キキョウ属の植物で、広く東アジアに分布する多年草です。
日当たりのよい場所を好み、山野に自生しています。
日本では桔梗が自生できる環境の場所が減ってしまったことで、現在は絶滅危惧種となっています。
真っ直ぐな茎は高いものでは120㎝にもなり、先端付近に5~7cmの花を咲かせます。
咲かせる花の数は1個~10数個、太く真っ直ぐな根は人参のような形をしており、漢方薬に使われています。
多年草の山野草で、
寒さにも暑さにも比較的強いと言われています。
開花期間が長く、比較的育てやすいので初心者にもおすすめです。

【色別】桔梗(キキョウ)の花言葉

白色の桔梗

桔梗には、よく知られている青色のほかにも白色やピンク色などがあります。
それでは、桔梗の花言葉を色別に見ていきましょう。

紫・青色の桔梗の花言葉

青色の桔梗の花言葉は『気品』です。
桔梗の青色は紫色に近い色で、紫色は高貴な色とされていたことに由来して付けられた花言葉だと言われています。

白色の桔梗の花言葉

白色の桔梗の花言葉は『清楚』『従順』です。
この花言葉は、日本女性の理想像を表しているとされています。

ピンク色の桔梗の花言葉

ピンク色の桔梗の花言葉は『薄幸』です。
可憐なピンク色からは想像できない花言葉ですね。
プレゼントに使うときには注意が必要です。

【英語名】桔梗(キキョウ)の花言葉

桔梗は英名で『balloon flower』『chinese bellflower』などと呼ばれ、学名は『Platycodon grandiflorus』となります。

英語の花言葉

『endless love』= 永遠の愛
『honesty』= 正直・誠実
『the return of a friend is desired』= 友の帰りを願う、
『obedience』= 従順

桔梗(キキョウ)の種類

桔梗(キキョウ)の種類

桔梗にはいくつかの種類があります。
ここでは、桔梗の品種を紹介しますね。

アポイギキョウ

アポイギキョウは6月~8月に花を咲かせます。
高さ10~20cm程度と比較的小さい品種で、育てる際には年中陽射しが射す場所が良いでしょう。

ウズキキョウ

ウズキキョウは6月~9月に花を咲かせます。
高さ15cm~150cmくらいまで伸び、鉢植えでの栽培も可能です。
ちりめん状の葉が特徴で、花はピンク色や白色のものがあります。

五月雨

五月雨は5月下旬~6月に花を咲かせる早生の品種で、桔梗独特な青紫色以外にも白色やピンク色の花を咲かせます。
高さは80cm程度まで伸び、水はけの良い粘質な土壌を好み、陽射しが射す場所で育てると良いでしょう。

小町

小町は5月下旬~6月に花を咲かせる早生の品種で、花が開き切らない“袋咲き”という咲き方が特徴です。
別名「バルーン・フラワー」呼ばれており、蕾が開くときには中に溜まった水が出る様子を見ることができるでしょう。

桔梗(キキョウ)の季節や開花時期

桔梗は夏に咲く花という印象が強いのではないでしょうか。
開花時期は品種によって異なりますが、6月~9月が多く、花持ちは3日~5日程度です。
最盛期は6月~7月となっており、花屋の店頭でも多く見られるでしょう。

桔梗(キキョウ)の誕生花

桔梗が誕生花となっている月日は下記の通りです。

4月23日
8月2日
8月28日
9月1日
・10月22日
・10月31日

関連リンク

【無料】当たると評判のLINEトーク占いが話題!

LINEトーク占い

LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。

LINEトーク占い

LINEトーク占いには、1000人を超える全国の人気占い師が集結!

実力のある占い師ばかりで、本格的な鑑定が体験できるのです。

例えば、名古屋の人気占いサロン即應翠蓮の「翠蓮先生」や、広島で2ヶ月の予約待ちになるほど人気のカリスマ占い師「蓮香先生」など、全国の人気占い師に鑑定してもらえます。

初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?

あなたの未来が今すぐに分かりますよ!

LINEトーク占いでよく当たる相談内容は…
・相手の本音や気持ち。私のこと好き?
・今から3ヶ月以内に起こる奇跡や出会い。
・私のことを好きな人はあの人。
・私はあの人とお付き合いできる?
・運命の人はだれ?もう出会ってる?
10分間無料のトーク占いはこちら

千里眼