ラベンダーの花言葉とは?意味や由来、種類や英語の花言葉などをご紹介!

ラベンダーの花言葉と由来

『ラベンダー』はシソ科ラヴァンドゥラ属の植物で、原産地はカナリア諸島や地中海沿岸、インドなどです。
日本では北海道富良野の一面のラベンダー畑が有名ですね。
海外では南フランスのラベンダーが有名です。
ラベンダーの紫色の花は、夏の代表的な花だと言えるでしょう。
また、ラベンダーと言えば特有の香りも有名ですね。
ポプリやアロマオイル、芳香剤や香水などにも用いられています。
花色は紫色が一般的ですが、ピンク色や白色のものも存在します。
ヨーロッパ南部を中心に、実に39種のラベンダーがあるとされています。
それでは、そんなラベンダーの花言葉をご紹介していきましょう。

ラベンダーの花言葉

・あなたを待っています
・期待
・沈黙
・清潔

などがあります。

【英語名】花言葉はこちら>>

ラベンダーの花言葉の由来

ヨーロッパの伝説に『ラベンダー』という名前の少女のお話があります。
その少女は美しい少年に恋をして、告白できないままに待ち続けて、最後は一輪の花になってしまったというお話です。
それがラベンダーの花で、花言葉『あなたを待っています』の由来となっているのです。
『期待』という花言葉もまた、そのお話に関連して付けられたと考えられます。

また、『沈黙』という花言葉は、ラベンダーの効能に由来した花言葉です。
精神の昂ぶりを鎮めて、心を穏やかにする効果があると言われており、その効能に由来して付けられた花言葉だと言われています。
『沈黙』は決して怖いイメージではなく、「心が凪の状態」であることを意味しているのです。

さらに『清潔』は、ラベンダーの抗菌・殺菌作用に由来した花言葉です。
古代ギリシャ・ローマ人は、洗濯をする際にラベンダーを入れた水を使ったり、ラベンダーの花の上に洗濯物を干したとも言われています。

ラベンダーの特徴

ラベンダーと言えば、心身への効能があるということが有名ですね。
ラベンダーの香りには安眠効果やリラックス効果があるため、枕元に香りを置く方も多いのではないでしょうか。
アロマテラピーという自然療法は、ラベンダーがキッカケとなって研究が進められたということをご存知でしょうか。
ラベンダーには心身への働きがあることが分かっており、いずれも非常に効果が高いと言われています。
例えば、ラベンダーの香りのリラックス効果は、酢酸リナリルという成分の働きによるものです。
脳の中枢神経を刺激し、セロトニンの分泌を促すことが分かっています。
ですから、イライラを鎮める効果や、不安や緊張感を和らげる効果、不眠解消にも役立ちます。
また、ラベンダーには鎮痛作用もあります。
頭痛、腹痛、筋肉痛、神経痛、生理痛など、様々な痛みに効果を発揮します。
使い方は簡単です。
ラベンダーの香りを嗅ぐだけ。
精油、ポプリなど、どんな形のものでもOKです。
ただし、妊娠初期の方は精油の刺激が強すぎるため、直接肌に付けるような使い方は避けた方が良いでしょう。

ラベンダー色別の花言葉はあるの?

ラベンダーには紫色のほかにピンク色や白色、青色のものも存在しています。
しかし、色別の花言葉は付けられていないようですね。

【英語名】ラベンダーの花言葉

ラベンダーの英名は『Lavender』で、学名が『Lavandula』となります。

英語の花言葉

『devotion』意味は「献身的な愛」
『silence』意味は「沈黙・静寂」
『distrust』意味は「疑い」

などがあります。

ラベンダーの種類

フレンチラベンダー

ラベンダーには様々な品種が存在しています。
それでは、ラベンダーの品種をいくつかご紹介しますね。

イングリッシュラベンダー(コモンラベンダー)

昔から多くの人に好まれてきた『イングリッシュラベンダー』は、寒さに強く、暑さや湿気に弱い品種です。
暖かい地域は不向きですので、北海道のような寒冷地で栽培されることが多く、精油の原料としても活用されています。

フレンチラベンダー

花穂がうさぎの耳によく似ている『フレンチラベンダー』は、香りは弱めですが観賞用として用いられることが多く、ドライフラワーにすることも多い品種です。
暑さに強く、夏越しが容易な品種ですので、暖かい地域でも栽培しやすく育てやすいラベンダーです。

レースラベンダー

『レースラベンダー』は寒さに弱く、暖かい地域が向いている品種です。
細かい切れ込みが入ったレースのような葉と花穂が3つに分かれているところが特徴です。
四季咲き性なので、花が終わったら根元から切ると、花芽が上がってきます。
レースラベンダーにとって良い環境で育てると、長く花を楽むことができます。
ただし香りはしないため、花を楽しむ園芸種として栽培する品種となります。

ラベンダーの季節と開花時期

ラベンダーと言えば夏の花のイメージが強いでしょう。
実際に夏の花の代表格だと言えるラベンダーは、夏の北海道富良野市で一面を紫色に染めるように咲き誇ります。
しかし開花時期は意外と長く、5月~10月とされています。
花が終わったら切り戻すことで、再度花を咲かせてくれるので、長い期間花を楽しむことができる品種もあります。
切り花として出回る時期は5月~6月で、花持ちは4~5日程度です。

ラベンダーの誕生花

ラベンダーが誕生花となっている月日は下記の通りです。

5月19日(フレンチラベンダー)
7月2日(イングリッシュラベンダー)
7月10日

関連リンク

【無料】当たると評判のLINEトーク占いが話題!

LINEトーク占い

LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。

LINEトーク占い

LINEトーク占いには、1000人を超える全国の人気占い師が集結!

実力のある占い師ばかりで、本格的な鑑定が体験できるのです。

例えば、名古屋の人気占いサロン即應翠蓮の「翠蓮先生」や、広島で2ヶ月の予約待ちになるほど人気のカリスマ占い師「蓮香先生」など、全国の人気占い師に鑑定してもらえます。

初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?

あなたの未来が今すぐに分かりますよ!

LINEトーク占いでよく当たる相談内容は…
・相手の本音や気持ち。私のこと好き?
・今から3ヶ月以内に起こる奇跡や出会い。
・私のことを好きな人はあの人。
・私はあの人とお付き合いできる?
・運命の人はだれ?もう出会ってる?
10分間無料のトーク占いはこちら

千里眼