パンジーの花言葉とは?意味や由来、色別(紫・黄・白・オレンジ)、英語の花言葉もご紹介!

パンジーの花言葉と由来

パンジーはスミレ科スミレ属の植物で、別名『三色菫(サンシキスミレ)』と言われています。
原産地はヨーロッパ、スミレの一種で、日本には江戸時代末期頃にオランダから輸入されて入ってきたと言われています。
草丈は10~30cmと小さく、花の柄や形が人の顔に似ており、人面草とも言われています。
また、花姿が蝶にも似ているため、遊蝶花(ゆうちょうか)とも呼ばれています。
パンジーという名前はフランス語の『パンセ(思想)』に由来しており、花姿が前傾姿勢で考え込んでいる人間のように見えるため、その名が付けられたと言われています。
パンジーの色は紫色や黄色、白色、オレンジ色、アプリコットカラー、青色などがあります。
1つの花に何種類かの色が混ざっているものもあり、同じ青、同じ赤、同じ黄色でもその濃さや色味に様々な種類があります。
色の組み合わせも多く、グラデージョンは作ろうとして作れるものではないので、家庭栽培ではどんな花が咲くのか花が咲くまで楽しみでもありますね。
そんなパンジーの花言葉をご紹介していきましょう。

パンジーの花言葉

・物思いに耽る
・私を思って
・純愛
・思索
・思想
・楽しい思い
・平穏
・心の平和

などがあります。

【色別】花言葉はこちら>>
【英語名】花言葉はこちら>>

パンジーの花言葉の由来

先述にもあるように、パンジーの花姿は人が考え込んでいる姿勢によく似ています。
そのことに由来して『物思いに耽る』『思索』『思想』などの花言葉が付けられたと言われています。

パンジーの特徴

パンジーは品種改良によって数百種類もあると言われています。
家庭の花壇や公園、学校の花壇など、様々な場所に植えられていますね。
パンジーは管理のしやすい花ですので、初心者でも簡単に育てることができます。
ビオラによく似ていることから間違われることも多いようですが、大きさが違うので見分けることは可能です。
パンジーの花は、小輪~大輪まであり、小輪の4~5cmのものから、12cm以上のものもあります。
ビオラはパンジーより小さく、小ぶりな花なので、見た目で判断することができますね。

【色別】パンジーの花言葉

パンジーの色別花言葉

パンジーには様々な色の種類がありますが、色によって花言葉が異なります。
それではパンジーの色別花言葉をご紹介しますね。

紫色のパンジーの花言葉

『思慮深い』『誠実』『忠実』『律儀』

黄色のパンジーの花言葉

『慎ましい幸せ』『田園の喜び』

白色のパンジーの花言葉

『温順』『温和』

オレンジ色のパンジーの花言葉

『イノセント(無実、潔白)』

【英語名】パンジーの花言葉

パンジーの英名は『Pansy』で、学名が『Viola x wittrockiana』となります。

英語の花言葉

『think of me』意味は「私を思って」
『memories』意味は「思い出」
『merriment』意味は「陽気さ」

などがあります。

パンジーの種類

パンジーの種類

パンジーには様々な種類があります。
花色のバリエーションは非常に多く、さらには花のサイズも品種によって異なります。

巨大輪系

巨大輪形は花径12cm以上でマジェスチックジャイアントシリーズがあります。

大輪系

大輪系は花径8~9cm、草丈は低く、秋に開花する品種です。
花壇やプランターなどに植えることが多く、単植でも寄せ植えでも楽しめます。
・マンモスジャイアント
・リーガル
・イオナ
・メジャー
・ファーマシリーズ
・インペリアル
・デルタ
・LRアリル
などがあります。

中輪系

中輪系は花径7~6cm、花色が多さくバリエーションが豊富です。
花数が多いので人気が高く、よく植えられている系統です。
・マキシム
・ベッター
・ニュークリスタル
・クリーン
・ウィンク
・LRビーコン
・プレリュード
・LRオトノ
・LRプロント
などのシリーズがあります。

小輪系

小輪系は花径4~5cm、豊富な花色があり、花形はビオラに似ています。
多花性でピークは花で埋もれるほど多く、見応えがあります。
・ナチュレ
・アーリースマイル
・パノーラパナシュ
・ベビービンゴ
・パナッチェシリーズ
などがあります。

特殊系

特殊系は花形や花色が個性的で、フリンジが可愛らしい種類です。
春に開花する種類が多く、色の種類も様々です。
・シャロン
・カンカン
・オルキブルーシェード
・スプリングタイムブラック
・パハラジャ
・ジョリージョーカー
などのシリーズがあります。

パンジーの季節や開花時期

パンジーは春の花というイメージがあるでしょう。
開花時期は冬~春で、寒さに強い植物です。
冬に日当たりのいい場所に植えると、春にかけてたくさんの花を咲かせます。
ただし、地域によって異なりますので、寒い地域では春先3~4月ごろに植えると良いですね。
一度植えると翌年にもこぼれ種から発芽しますので、上手に育てると毎年花を楽しむことができるでしょう。
開花時期は12~5月ですが、出回る時期は10~6月となっています。
暑さと湿気に弱いので、夏前には花が終わってしまいます。
育てやすい花なので、初心者にもおすすめです。

パンジーの誕生花

パンジーが誕生花になっている月日は下記の通りです。

2月2日
4月10日
5月25日
・12月27日

関連リンク

【無料】当たると評判のLINEトーク占いが話題!

LINEトーク占い

LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。

LINEトーク占いには、1000人を超える全国の人気占い師が集結!

実力のある占い師ばかりで、本格的な鑑定が体験できるのです。

例えば、名古屋の人気占いサロン即應翠蓮の「翠蓮先生」や、広島で2ヶ月の予約待ちになるほど人気のカリスマ占い師「蓮香先生」など、全国の人気占い師に鑑定してもらえます。

初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?

あなたの未来が今すぐに分かりますよ!

LINEトーク占いでよく当たる相談内容は…
・相手の本音や気持ち。私のこと好き?
・今から3ヶ月以内に起こる奇跡や出会い。
・私のことを好きな人はあの人。
・私はあの人とお付き合いできる?
・運命の人はだれ?もう出会ってる?
10分間無料のトーク占いはこちら

千里眼