スノードロップの花言葉とは?意味や由来、種類や英語名の花言葉などをご紹介!

スノードロップの花言葉と由来

『スノードロップ』はヒガンバナ科ガランサス属の植物で、和名を『待雪草』と言います。
いずれも雪にちなんだ名前が可愛らしいですね。
ほかにも『雪の雫』や『雪の草』などと呼ばれています。
ヨーロッパ原産で、ヨーロッパでは昔から多くの方に親しまれ、愛されてきた花です。
神話や言い伝えが多く残っており、宗教との関りがあるとも言われています。
白く繊細な花が“スノー”という名前にピッタリで、冬の終わりから春先にかけて花を咲かせます。
可憐で控えめな雰囲気を持つ花ですが、冬が終わり春を告げる花の一つです。
それでは、そんなスノードロップの花言葉を紹介していきましょう。

スノードロップの花言葉

・慰め
・希望

などがあります。

【英語名】花言葉はこちら>>

スノードロップの花言葉の由来

小さく可愛らしい花を持つスノードロップが厳しい冬をジッと乗り切る姿は、まさに『希望』という言葉にピッタリで、この花言葉の由来となっています。
どんなときでも良い印象を与えるこの言葉は、前向きで人を勇気づける言葉で、スノードロップに似合う花言葉ですね。

また、辛いときや苦しいときなど、『慰め』が人の救いとなることがあるでしょう。
スノードロップは人を笑顔にし、また辛い気持の『慰め』にもなる可憐な花ですね。

スノードロップの特徴

スノードロップは白色の花を咲かせます。
花びらは6枚、3枚は長い“外花被”、3枚は短い“内花被”で、品種によっては内花被に緑色の斑点があるものもあります。
下向きに花を咲かせ、控えめな印象が大変可憐で可愛らしい花です。
スノードロップは比較的育てやすく、寒さにも強い花なので、初心者にもおすすめできる花です。
庭の空いたスペースに植えたり、プランターや鉢で育てることもできますので、特別な広さは必要ありません。
お手入れも簡単ですので、趣味でガーデニングを始めたい方の最初の花として迎えてはいかがでしょうか。
切り花として飾りたい場合は、草丈が10~20㎝と短いため深さのある花瓶に飾ることはできません。
浅めのグラスや花瓶に飾るといいですね。

【英語名】スノードロップの花言葉

スノードロップの英名は『Snow Drop』で、学名が『Galanthus』となります。

英語の花言葉

『hope(ホープ)』意味は「希望』
『consolation(コンソレイション)』意味は「慰め」

などです。

スノードロップの種類

スノードロップの種類

スノードロップにはいくつかの種類があります。
原産地のヨーロッパには約15種類のスノードロップが自生していると言われており、ここではその中から代表的な2種をご紹介します。

ランサス・ニヴァリス

一般的なスノードロップの品種で、『コモン・スノードロップ』という別名がついています。
いわゆる和名の『マツユキソウ』がこちらの種類になりますね。
明治の初期に日本に入ってきたとされていますが、現在は日本での栽培はほとんどありません。

ガランサス・エルウェシー

日本で栽培されているスノードロップはこの『ガランサス・エルウェシー』という品種です。
『ジャイアント・スノードロップ』と呼ばれております。
球根は大きめで、休眠期の乾燥にも劣化しにくいため、保管が簡単です。
日本では広く普及するようになり、園芸店でスノードロップとして売られているのはほとんどこの品種です。

スノードロップの季節は開花時期

スノードロップは早春の花で、開花時期は2~3月です。
春を迎える時期に花を咲かせることから「春を告げる花」と呼ばれており、下向きの白い花を1本の茎に一輪だけ咲かせます。
とても可憐で控えめな花ですが、寒さに強く丈夫な性質を持っています。
花が出回る最盛期も2月~3月で、花持ちは5日程度です。
スノードロップを植えるときには種子から育てることもできますが、とても長い年月がかかってしまうため、一般的には球根から育てます。
土や環境さえ合えば、特に気を付けることもなく育てやすいのが特徴です。

スノードロップの誕生花

スノードロップが誕生花になっている月日は、

1月1日
1月7日
1月16日
2月2日
2月26日

です。

スノードロップとスノーフレーク

『スノードロップ』とよく似た名前の花に『スノーフレーク』があります。
同じように白い花を付けますので間違われることがよくあるようですが、全く異なる種類です。
スノードロップは2月~3月に花を咲かせますが、スノーフレークはスノードロップが咲き終わった3月~5月に花を咲かせます。
スノードロップの花は白色で、6枚の花びらは3枚の長い外花被と3枚の短い内花被を持っています。
草丈は10~20cmで低めで、1本の茎に一輪の花を咲かせるのが特長です。
一方スノーフレークはスノードロップに比べると花は小さく、スズランのような釣鐘型の花を咲かせます。
花びらは先が6枚に分れており、緑の斑点があります。
草丈は30~40cmと高めで、切り花としても楽しむことができます。

スノードロップとスノーフレークはとても似ている花ですが、比べてみると違いがよく分かるでしょう。

関連リンク

【無料】当たると評判のLINEトーク占いが話題!

LINEトーク占い

LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。

LINEトーク占い

LINEトーク占いには、1000人を超える全国の人気占い師が集結!

実力のある占い師ばかりで、本格的な鑑定が体験できるのです。

例えば、名古屋の人気占いサロン即應翠蓮の「翠蓮先生」や、広島で2ヶ月の予約待ちになるほど人気のカリスマ占い師「蓮香先生」など、全国の人気占い師に鑑定してもらえます。

初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?

あなたの未来が今すぐに分かりますよ!

LINEトーク占いでよく当たる相談内容は…
・相手の本音や気持ち。私のこと好き?
・今から3ヶ月以内に起こる奇跡や出会い。
・私のことを好きな人はあの人。
・私はあの人とお付き合いできる?
・運命の人はだれ?もう出会ってる?
10分間無料のトーク占いはこちら

千里眼