牡丹(ボタン)の花言葉とは?意味や由来、種類や英語名の花言葉などをご紹介!

牡丹(ボタン)の花言葉と由来

『牡丹』は、大輪の花を咲かせるボタン科ボタン属の植物で、原産地は中国の北西部、昔は中国で根皮が薬用として使われていたという記録も残っているそうです。
和名は『牡丹』ですが、これは中国名をそのまま使っているということです。
高温多湿に弱く、寒さには比較的強いとされています。
牡丹は草ではなく樹木ですので、通年を通して栽培されます。
日本には遣唐使や空海が持ち込んだとも言われており、花の存在感や美しさから人気が高まり、多くの方が観賞用として好んだと言われています。
牡丹と言えば「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」ということわざがありますが、スッと背が高い芍薬は立ち姿に例えられ、背の低い牡丹は座っている姿に例えられ、風に揺れる百合が歩く姿に例えられたことわざです。
このことわざのように、牡丹は芍薬と比べるとあまり背の高い植物ではありません。
また牡丹には様々な品種があり、花色も赤色・白色・ピンク色・紫色・黄色などがあります。
花びらもまた様々で、一重、八重、千重、万重、万重獅子(まんえじし)などがあります。
それでは、そんな牡丹の花言葉をご紹介しましょう。

牡丹(ボタン)の花言葉

・風格ある振る舞い
・王者の風格
・恥じらい
・富貴

などがあります。

【英語名】花言葉はこちら>>

牡丹の花言葉の由来

花言葉を見ていただいて分かるように、牡丹の花はその存在感や華やかさ、堂々たる風格がある花です。
花言葉はそうした牡丹の見た目から付けられたもので、見た目と花言葉のイメージがこんなに一致する花はほかにないかもしれませんね。

牡丹(ボタン)の特徴

牡丹はボタン科ボタン属の落葉小低木です。
花は芍薬とよく似ていますが、芍薬は年草、牡丹は落葉低木ですので、全く異なります。
牡丹は非常に豪華な花ですので、庭木として植えると花の時期には非常に華やかな庭を演出してくれます。
また、花の王様として古くから親しまれてきた牡丹は、美人を花に例えるときにもよく使われますね。

牡丹(ボタン)色別の花言葉はあるの?

牡丹の花色は、赤色・白色・ピンク色・紫色・黄色などがありますが、花色別の花言葉は付けられていないようです。

【英語名】牡丹(ボタン)の花言葉

牡丹の英名は『Tree peony』で、学名が『Paeonia suffruticosa』となります。

英語の花言葉

『compassion』意味は「思いやり」
『bashfulness』意味は「恥じらい・はにかみ」

などがあります。

牡丹(ボタン)の種類

牡丹(ボタン)の種類

牡丹は元々の原種が8種あり、品種改良によってそこから様々な品種が生まれています。
それでは、牡丹の種類を紹介していきましょう。

花王

花びらは濃い赤色をしており、万重咲きの大輪品種です。
丈夫なので育てやすく、鉢植えに向いています。

太陽

花びらは濃い赤色をしており、大輪の八重咲き品種です。
丈夫なので育てやすく、安価で人気のある品種です。

鎌田藤

花びらは紫色をしており、千重咲きの品種です。
開花直後は紫色ですが、満開になると赤みを増します。

金閣

花びらは黄橙色をしており、先にオレンジ色の縁取りが入っています。
中輪千重咲きのフランスで開発された品種で、切り花や鉢植えなどに向いています。

貴婦人

花びらは乳白色をしており、千重咲きの品種です。
大輪の花を咲かせる、高貴な雰囲気を持つ品種です。

サンダーボルト

花びらが赤褐色の中輪品種で、アメリカで作られたものです。
牡丹としては珍しい一重咲きの品種です。

牡丹(ボタン)の季節や開花時期

牡丹は春から初夏の花で、開花時期は4月~6月、見頃は4月下旬~5月頃となっています。
中には春と秋の二度花を咲かせる二季きの寒牡丹という品種もあり、4月~6月のほかに11月~1月にも花を咲かせます。
牡丹と言えば、かつては赤色の花のイメージでしたが、現在では品種改良が進み、様々な色や様々な咲き方の品種が存在しています。

牡丹(ボタン)の誕生花

牡丹が誕生花となっている月日は下記の通りとなっています。

5月7日
5月17日
7月24日
・12月17日(寒牡丹)

牡丹(ボタン)と芍薬(シャクヤク)

牡丹と芍薬は非常によく似ている花ですが、見分けるポイントはどこにあるのでしょうか。
それでは、牡丹と芍薬の見分け方についてお話ししていきましょう。

①まず第一に、花を咲かせる時期に違いがあります。
いずれも春の花ではありますが、牡丹は4月下旬~5月初めの晩春、芍薬は5月初旬~5月下旬の初夏となっています。

②次に、樹木か草かの違いがあります。
上記でもお話ししましたが、牡丹は樹木です。
それに対して芍薬は草ですので、牡丹は木のまま越冬することができますが、芍薬は冬になると根を残して一度枯れ、春にまた発芽します。

③そして蕾の形にも違いがあります。
牡丹の蕾は先が尖っており、芍薬の蕾はまん丸なのです。

④次に葉の形にも違いがあります。
牡丹の葉は艶がなくギザギザしていますが、芍薬の葉は艶があり丸みがある形をしています。

⑤最後に散り方にも違いがあります。
牡丹の花が散る際には、一気に散っていきます。
芍薬の花は最後の最後までしがみつき、惜しむように散っていきます。

関連リンク

【無料】当たると評判のLINEトーク占いが話題!

LINEトーク占い

LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。

LINEトーク占い

LINEトーク占いには、1000人を超える全国の人気占い師が集結!

実力のある占い師ばかりで、本格的な鑑定が体験できるのです。

例えば、名古屋の人気占いサロン即應翠蓮の「翠蓮先生」や、広島で2ヶ月の予約待ちになるほど人気のカリスマ占い師「蓮香先生」など、全国の人気占い師に鑑定してもらえます。

初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?

あなたの未来が今すぐに分かりますよ!

LINEトーク占いでよく当たる相談内容は…
・相手の本音や気持ち。私のこと好き?
・今から3ヶ月以内に起こる奇跡や出会い。
・私のことを好きな人はあの人。
・私はあの人とお付き合いできる?
・運命の人はだれ?もう出会ってる?
10分間無料のトーク占いはこちら

千里眼