蓮(ハス)の花言葉とは?意味や由来、色別(白・ピンク)、英語名の花言葉もご紹介!

蓮(ハス)の花言葉と由来

『蓮』は、現在はハス科ハス属として独立した植物ですが、これまではスイレン科ハス属に分類されていました。
ハス属は原産がアメリカ東部のアメリカ種(キバナハス)と、日本や中国、インドなどに自生している東洋種の2種類あります。
水面に花を咲かせるため、水一面を蓮の花と葉で埋め尽くす風景は非常に美しく風情があります。
蓮は、キレイな水ではあまり大きな花を咲かせることができず、泥水の方が大きな花を咲かせることができるという特徴があります。
それでは、そんな蓮の花言葉を紹介していきましょう。

蓮(ハス)の花言葉

・救ってください
・清らかな心
・神聖
・雄弁
・沈着
・休養
・離れゆく愛
・菩薩の心

【色別】花言葉はこちら>>
【英語名】花言葉はこちら>>

などがあります。

蓮の花言葉の由来

『救ってください』
この花言葉は、仏教に由来して付けられたと言われています。
蓮は仏教と深い関わりがある花ですので、悟りを開き輪廻転生の苦しみから解き放たれたいという想いが由来となっています。
悟りを開いた者だけが極楽浄土に行くことができ、そこには蓮の花が咲いているとされています。
この世で善い行いをすることで、蓮から極楽に生まれ変わることができると言われているため、仏教信者にとって蓮の花は『救済の象徴』なのです。

『清らかな心』
泥池に咲く真っ白な花姿に由来して付けられた花言葉だと言われています。

『神聖』
極楽浄土が蓮の形をしているとされていることに由来して付けられた花言葉です。

『菩薩の心』
蓮は仏教でとても重要な花として考えられています。
その理由に、蓮が極楽浄土に生まれ変わることができる人の心を表しているからだとされています。

蓮(ハス)の特徴

蓮は草本性の水生植物で、日本には中国から渡来したということが分かっています。
奈良時代には観蓮会が催されていたという記録があり、昔から夏の花として好まれていたことが分かります。
葉は薄く、円形或いは楕円形をしており、葉柄は長く水面から1mほどになります。
蓮の根茎はレンコンですが、観賞用の品種の場合は食用には適していません。
仏教思想を代表する植物の1つですので、寺などでは蓮の画やモチーフを良く見るでしょう。
元々の原産地はインド・エジプト・中国のいずれかではないかという説がありますが、詳細は現在も解明されていません。

蓮は仏教と非常に深い関わりがあり、蓮の花には下記の5つの徳があるとされています。

・淤泥不染の徳(おでいふぜんのとく)
・一茎一花の徳(いっけいいっかのとく)
・花果同時の徳(かかどうじのとく)
・一花多果の徳(いっかたかのとく)
・中虚外直の徳(ちゅうこげちょくのとく)

阿弥陀経の中では、極楽には蓮が咲いていると説かれています。
5つの徳は、極楽浄土に生まれ変われる人の心情を説いたものだと言われています。

【色別】蓮(ハス)の花言葉

白色の蓮

蓮には白色、黄色、ピンク色、赤色などがあります。
それでは、蓮の花色別に花言葉を紹介していきましょう。

白色の蓮の花言葉

白色の蓮の花言葉は『純粋』『潔白』などです。
色の印象に合った花言葉だと言えますね。

ピンク色の蓮の花言葉

ピンク色の蓮の花言葉は『信頼』です。
優しいピンク色から、精神の安定や安心感を感じられ、この花言葉が付けられました。

【英語名】蓮(ハス)の花言葉

蓮の英名は『Lotus』で、学名が『Nelumbo nucifera』となります。

英語の花言葉

『estranged love』意味は「離れゆく愛」
『eloquence』意味は「雄弁」

などがあります。

蓮(ハス)の種類

蓮(ハス)の種類

蓮には、実に様々な種類があります。
その一部をご紹介していきますね。

毎葉蓮(まいようれん)

花は紅色で、花びらは細く、先が外側に少し反り返っている品種です。

蜀紅蓮(しょっこうれん)

紅色の品種の中では最も濃い紅色をしておいる品種です。

誠蓮(まことばす)

花びらが多く濃いピンク色をしており、3日には基部退色して白色になっていく特徴があります。

蓮(ハス)の季節は開花時期

蓮は夏の花として親しまれていますね。
水面に花を咲かせるため、夏の花ではありますが、非常に涼しげで美しい花です。
開花時期は7月~8月で、真夏の暑い盛りとなります。

蓮の誕生花

蓮が誕生花となっている月日は下記の通りです。

7月3日
7月8日
9月26日

蓮(ハス)と睡蓮(スイレン)の違い

蓮と睡蓮は非常によく似ており、間違われることも多いようです。
では、蓮と睡蓮の見分けるには、どこを見れば良いのでしょうか。
蓮と睡蓮の違いについてお話ししましょう。

花の位置

蓮も睡蓮も水面に花を咲かせる植物ですが、実は花の位置に違いがあります。
蓮は水面よりも高い位置に花を咲かせ、睡蓮は水面のすぐ近くで花を咲かせます。

葉の形

蓮の葉は丸く、切れ込みがありません。
睡蓮の葉は、丸い形に切れ込みがあります。

上記のように、花の位置と葉の形で蓮と睡蓮を見分けることできます。
水面に花を見つけたら、蓮なのか睡蓮なのか観察してみてはいかがでしょうか。

関連リンク

【無料】当たると評判のLINEトーク占いが話題!

LINEトーク占い

LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。

LINEトーク占い

LINEトーク占いには、1000人を超える全国の人気占い師が集結!

実力のある占い師ばかりで、本格的な鑑定が体験できるのです。

例えば、名古屋の人気占いサロン即應翠蓮の「翠蓮先生」や、広島で2ヶ月の予約待ちになるほど人気のカリスマ占い師「蓮香先生」など、全国の人気占い師に鑑定してもらえます。

初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?

あなたの未来が今すぐに分かりますよ!

LINEトーク占いでよく当たる相談内容は…
・相手の本音や気持ち。私のこと好き?
・今から3ヶ月以内に起こる奇跡や出会い。
・私のことを好きな人はあの人。
・私はあの人とお付き合いできる?
・運命の人はだれ?もう出会ってる?
10分間無料のトーク占いはこちら

千里眼