プルメリアの花言葉とは?意味や由来、種類、英語名の花言葉もご紹介!【ハワイの花】

プルメリアの花言葉と由来

『プルメリア』はキョウチクトウ科プルメリア属の植物で、暑さと乾燥に強い熱帯地域の花です。
ハワイを代表する花の一つで、レイの材料としても有名ですね。
1年中開花するため、年間を通して花を楽しむことができます。
花弁は5枚で、非常に可愛らしい花です。
花色は白色が一般的ですが、ほかにも黄色や赤色、ピンク色、オレンジ色などの種類があります。
また、甘い香りが非常に優美で、香りを楽しむ方も多いでしょう。
精油としても売られていますが、貴重なものとされており大変高価です。
葉や枝を切ると白い液体が出てきますが、この液体は有毒ですので気を付けなければいけません。
皮膚に痒みを感じたり、嘔吐を起こすこともあるようです。
場合によっては心臓麻痺を起こす原因となることもあるようですので、注意しなければいけませんね。
それでは、そんなプルメリアの花言葉をご紹介しましょう。

プルメリアの花言葉

・気品
・恵まれた人
・陽だまり
・内気な乙女
・輝いている

などです。

【英語名】花言葉はこちら>>

プルメリアの花言葉の由来

プルメリアは非常に優美な花姿をしており、甘い香りで多くの人を魅了しています。
そんな花の様子に由来して『気品』という花言葉が付けられたと言われています。
そうしたたくさんの魅力があり、さらに化粧品やアロマオイルなどに利用されていることから『恵まれた人』という花言葉が付けられたとされています。
また『陽だまり』はハワイの気候をイメージさせますし、その美しさから清楚な女性を連想させることため『内気な乙女』という花言葉が付けられたと言われています。
そして『輝いている』という花言葉は、レイをかけて踊るフラダンサーをイメージして付けられた花言葉であるとされています。

【ハワイの花】プルメリアの特徴

プルメリアは5枚の花弁からなる花で、キョウチクトウ科プルメリア属の熱帯植物です。
原産地はメキシコ・南米・中米と暑い地域で、暑さや乾燥に強いことでも知られています。
5m~10mほどまで大きくなり、花色は白色・黄色・赤色・ピンク色などがあります。
暑さに強く寒さに弱いため、寒い地域での生育は難しいと言われています。
ハワイやバリ島、タヒチ、ニュージーランド、サモアなどでは年間を通して花を咲かせ、その美しい花姿や甘く優美な香りで多くの人を魅了しています。
プルメリアが『ハワイの花』と呼ばれるのは、ハワイの気候がプルメリアに合っていること、さらにレイに使う花として親しまれているからです。
ハワイへ行ったことがある方ならお分かりでしょう。
空港へ降り立つと甘いプルメリアの香りが迎えてくれます。
暑さに強く乾燥に強いプルメリアはまさに『ハワイの花』なのです。

プルメリア色別の花言葉はあるの?

プルメリアの花は一般的な白色だけでなく、黄色や赤色、ピンク色やオレンジ色などがあります。
花の種類によっては色別に花言葉が付けられているものありますが、プルメリアは色別の花言葉はないようです。

【英語名】プルメリアの花言葉

プルメリアは英名は『Temple Tree』で、学名は『Plumeria rubra』となります。

英語の花言葉

『beauty(ビューティー)』意味は「美しい」
『charm(チャーム)』意味は「魅力」
『grace(グレイス)』意味は「淑やか、上品」

などです。

プルメリアの種類

プルメリアの種類

プルメリアには様々な種類があります。
原種は7種類、品種改良で1500~1700もの種類があるとされています。
それでは、その中からいくつかの種類をご紹介しますね。

Celadine(セラディーン)

白色の花で中央は黄色く、香りが強いのが特徴です。
花持ちが良いため、レイに使われることが多い品種です。
育てやすく、初心者にオススメです。

Singapore White Obtusa(シンガーポール・ホワイト)

プルメリアの代表的な品種で、白色の花で中央は黄色く、ハワイの街路樹として人気のある品種です。
非常に香りが強く、ハワイと言えばこの香りを思い出す方も多いでしょう。

Lei Rainbow(レイ・レインボー)

縁が赤色で黄色が混じっている大変可愛らしい花です。
成長が遅く花持ちが良い品種で、丈夫で育てやすいので初心者にオススメです。

Hawaiian yellow(ハワイアン・イエロー)

白色の花に中央は黄色く、花付きが良い品種です。
非常に育てやすく香りも良いので、人気のある品種です。

India(インディア)

花色はアプリコット系で、中心からできる赤い縞模様が特徴です。
育てやすく、甘い香りが魅力の品種です。

Pink Kiss(ピンク・キス)

中心部は黄色、花色はピンク色の花を咲かせる品種です。
時間が経過すると花色が白色に変化する特徴があり、とても香りが強いです。

Kimi Moran(キミ・モラーン)

花色はローズピンクで、非常に印象的な品種です。
甘く濃厚な香りが魅力的です。

Maui Beauty(マウイ・ビューティー)

ピンク色の花が時間が経過することで薄いピンク色に変化していきます。
花弁は丸みがあり、中央は黄色、香りはレモンのように爽やかです。

プルメリアの季節や開花時期

プルメリアの原産地は熱帯地域で、暑さや乾燥に強く、寒さに弱い植物です。
ですからハワイなどの暖かい地域では、年間を通して花を楽しむことができます。
ただし、12月~3月くらいまでは多少花数が少なくなります。
花の見頃は4月~11月頃で、満開は6月頃です。
日本では6月~9月頃に花を咲かせて、最盛期は真夏の8月頃となります。

プルメリアの誕生花

プルメリアが誕生花となっている月日は下記の通りとなっています。

1月27日
8月28日
11月16日

関連リンク

【完全無料】4つの質問に答えるだけでプロの占い師がLINEで無料鑑定!

只今、恋愛占い師“慧(ケイ)先生”がLINEで無料鑑定を行っております。

慧(ケイ)先生は、占い師歴12年のプロの占い師。

その慧(ケイ)先生のLINE公式アカウントに友だち追加をすると無料で鑑定を行ってくれます。

慧(ケイ)先生が最も得意とする恋愛鑑定です!

4つの質問に答えるだけで、今のあなたの恋愛の悩みを解決してくれます。

「無料なのに本格的な鑑定」と話題ですので、一度試してみてはいかがでしょうか?

口コミレビュー

無料だからと暇つぶしに登録したら、鑑定結果が本格すぎてビックリ!しかも当たってる♪

無料なのにしっかりアドバイスもくれて感動!もしアドバイス通りにして片思いが実ったらヤバいw

無料なのでなんとなーく試してみたら、復縁の診断が意外と当たっていたので、内心ドキっとしましたw

※LINE友だち追加ページが開きます。
「追加」をタップすると鑑定が始まります。

一度は鑑定を受けてみたい占い師

【叉紗(サシャ)先生】縁結びや縁切り、ツインレイ鑑定がスゴいと評判の占い師!

叉紗先生
今、密かに話題の占い師と言えば、電話占いカリスに所属する叉紗先生。

叉紗先生は、縁結びや縁切り(悪縁断ち)祈願が大の得意として有名な占い師。

中でも復縁の成功率が異常に高いと話題になっています。

さらに、ツインレイ鑑定も大人気で、特に前世を視る力が優れており、2人がツインレイかどうかを即座に鑑定。
もし2人がツインレイだとしたら、今がどんな状況だとしても、あなたが安心できるようなアドバイスをしてくれます。

そんな叉紗先生の鑑定を、今なら無料で受けることができます!

電話占いカリスに会員登録すれば、初回限定で2,400円分無料の鑑定を