梅(ウメ)の花言葉とは?意味や由来、色別(赤・白・桃)、英語名の花言葉もご紹介!

梅(ウメ)の花の花言葉と由来

『梅の花』はバラ科サクラ属の植物で、原産地は中国です。
和名は『梅』ですが、別の呼び方が非常に多く『匂草(ニオイグサ)』『香散見草(カザミグサ)』『初名草(ハツナグサ)』『風待草(カザマチグサ)』『春告草(ハルツゲグサ)』『告草(ツゲグサ)』『緑の花(ミドリノハナ)』『木の花(コノハナ)』などの別名があります。
どの花よりも早く春の訪れを報せてくれる花で、「花良し」「香り良し」「果実良し」の三拍子揃った落葉性広葉樹です。
ご存知の通り「松竹梅」の一つとなっており、日本ではおめでたい花木の一つとして有名ですね。
まだ寒さの残る春先に咲かせる花は、コロンと可愛らしい形をしています。
清楚な印象の梅の花は、白色、赤色、ピンク色などの花色があります。
それでは、そんな梅の花の花言葉をご紹介しますね。

梅の花の花言葉

・忠実
・気品、優雅
・高貴
・高潔
・忍耐

などがあります。

【色別】花言葉はこちら>>
【英語名】花言葉はこちら>>

梅の花の花言葉の由来

『忠実』という花言葉は、菅原道真が大宰府に流されるときに詠んだ歌「東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」に由来しています。
また、奥ゆかしい香りが清楚な印象を与え、『気品、優雅』という花言葉が付けられたと言われています。
梅の花姿の美しさや可憐な雰囲気などから、『高貴』『高潔』という花言葉が付けられ、寒さの中で可愛らしい花を咲かせることから『忍耐』という花言葉は付けられたとされています。

梅(ウメ)の花の特徴

梅と言えば可愛らしい花と香り、そして梅の実と、楽しみ方もいろいろですね。
梅の実は、梅干しや梅酒、梅酢などに用いられており、日本人には大変馴染みのある食べ物です。
ただし、「花も実も楽しみたい!」ということは難しく、どちらかに重点を置いて育てなければいけません。
花の観賞用に育てるのか、実を採取するために育てるのか、どちらかに特化させる必要があるようです。
梅の花は、どんな花よりも早く春の訪れを報せる花ですが、実はそれには梅の特徴が関係しています。
梅の花は、一時的に気温が上昇すると花を咲かせる性質があり、そのため、1日でも暖かい日があると花が咲いてしまうのです。
ほとんどの植物は1日2日暖かい日があっても、花を咲かせることなく開花の時期を待つのですが、梅は暖かくなると騙されたように花を咲かせてしまうそうです。
梅の花の可愛らしさは、そんなところにも表れているのかもしれませんね。

【色別】梅(ウメ)の花の花言葉

白色の梅の花

梅の花には、赤色、白色、ピンク色などがあります。
それでは、色別の花言葉をご紹介しましょう。

赤色の梅の花の花言葉

『優美な人』『優雅』

白色の梅の花の花言葉

『気品』『澄んだ心』

桃色の梅の花の花言葉

『清らかさ』

【英語名】梅(ウメ)の花の花言葉

梅の花は英名が『Plum blossom』で、学名が『Prunus mume』となっております。

英語の花言葉

『Keep your promise』意味は「約束を守る」
『fidelity』意味は「忠実」
『beauty and longevity』意味は「美と長寿」

などがあります。

梅(ウメ)の花の種類

梅(ウメ)の花の種類

梅は品種が多く、現在では300種類以上あると言われています。
花梅と実梅がありますが、ここでは花梅の種類についてお話ししていきます。
花梅は系統ごとに『野梅系』『豊後系』『緋梅系』の3つに分けられ、色別で言うと白と紅があり、『野梅系』と『豊後系』の2つが白梅で『緋梅系』は紅梅です。

野梅系

野梅性(一重咲き)

・初雁(はつかり)
・白鷹(はくたか)
・米良(めら)
など。

野梅性(八重咲き)

・八重野梅(やえやばい)
・月宮殿(げっきゅうでん)
・玉牡丹(たまぼたん)
など。

紅筆性(べにふでしょう)

・内裏(だいり)
・古金欄(こきんらん)
・八重海棠(やえかいどう)
など。

難波性(なんばしょう)

・故郷の錦(こきょうのにしき)
・御所紅(ごしょべに)
など。

青軸性(あおじくしょう)

・月影(つきかげ)
・金獅子(きんじし)
など。

豊後系

豊後性(一重咲き)

・勞謙(ろうけん)
・巻立山(まきたつやま)
・豊後(ぶんご)
など。

豊後性(八重咲き)

・楊貴妃(ようきひ)
・杏性(あんずしょう)
・江南所無(こうなんしょむ)

杏性

・江南所無(こうなんしょむ)

緋梅系

紅梅性(一重咲き)

・佐橋紅(さばしこう)
・紅鶴(べにづる)
・紅千鳥(べにちどり)
など。

緋梅性(八重咲き)

・鴛鴦(えんおう)
・蘇芳梅(すおうばい)
・光輝(こうき)
など。

梅(ウメ)の花の季節や開花時期

梅は春の花ですね。
開花時期は2月~3月頃ですが、暖冬の年であれば地域によっては12月や1月に花を咲かせることもあります。
また、品種改良によってお正月に開花する品種もあり、正月の寄せ植えに使われています。
梅の開花期間は3~7日程度ですが、次々と花を咲かせるため、長く楽しむことができるでしょう。
樹高は6mくらいになり、横に枝を伸ばしていくため、樹の周りの広さも同じくらいあった方が良いでしょう。
ただし、小まめに丁寧な剪定を行うことで、小さく育てることも可能です。
盆栽としても親しまれていますが、盆栽こそ、小さく育てる最たるものですね。

梅(ウメ)の花の誕生花

梅の花が誕生花となっている月日は下記の通りとなっています。
1月3日
1月11日(白)
2月1日
2月7日
10月24日
12月27日

関連リンク

【完全無料】4つの質問に答えるだけでプロの占い師がLINEで無料鑑定!

只今、恋愛占い師“慧(ケイ)先生”がLINEで無料鑑定を行っております。

慧(ケイ)先生は、占い師歴12年のプロの占い師。

その慧(ケイ)先生のLINE公式アカウントに友だち追加をすると無料で鑑定を行ってくれます。

慧(ケイ)先生が最も得意とする恋愛鑑定です!

4つの質問に答えるだけで、今のあなたの恋愛の悩みを解決してくれます。

「無料なのに本格的な鑑定」と話題ですので、一度試してみてはいかがでしょうか?

口コミレビュー

無料だからと暇つぶしに登録したら、鑑定結果が本格すぎてビックリ!しかも当たってる♪

無料なのにしっかりアドバイスもくれて感動!もしアドバイス通りにして片思いが実ったらヤバいw

無料なのでなんとなーく試してみたら、復縁の診断が意外と当たっていたので、内心ドキっとしましたw

※LINE友だち追加ページが開きます。
「追加」をタップすると鑑定が始まります。

一度は鑑定を受けてみたい占い師

【叉紗(サシャ)先生】縁結びや縁切り、ツインレイ鑑定がスゴいと評判の占い師!

叉紗先生
今、密かに話題の占い師と言えば、電話占いカリスに所属する叉紗先生。

叉紗先生は、縁結びや縁切り(悪縁断ち)祈願が大の得意として有名な占い師。

中でも復縁の成功率が異常に高いと話題になっています。

さらに、ツインレイ鑑定も大人気で、特に前世を視る力が優れており、2人がツインレイかどうかを即座に鑑定。
もし2人がツインレイだとしたら、今がどんな状況だとしても、あなたが安心できるようなアドバイスをしてくれます。

そんな叉紗先生の鑑定を、今なら無料で受けることができます!

電話占いカリスに会員登録すれば、初回限定で2,400円分無料の鑑定を受けることができるのです。

もし、叉紗先生の鑑定に興味がありましたら、ぜひ電話占いカリスに登録して2,400円分の無料鑑定を受けてみて下さい。

鑑定料金
初回は2,400円無料で、以降は1分370円。
fa-arrow-right口コミレビュー

叉紗先生先日はありがとうございました😊 半年前に先生から、2人はツインレイだよ。と言って頂き、縁結びのおまじない等をして頂き、自宅参拝と白山神社へのお参り、絵馬の奉納を行なってみた所、ラッキーナンバーの今月、4年間全く動かなかった恋に本当に変化が見られてきたのでもうもうびっくりです!!先生凄すぎます、、、 2人は両思いだよ、とか、彼女さんとはもうすぐ別れるよ、(わざわざ縁切りのおまじないまで、ありがとうございま