スターチスの花言葉とは?意味や由来、色別(紫・ピンク・黄)、英語名の花言葉もご紹介!

スターチスの花言葉と由来

『スターチス』はイソマツ科イソマツ属の植物で、和名を『花浜匙(ハナハマサジ)』と言います。
別名『リモニウム』『チース』などとも呼ばれており、原産地はヨーロッパ、地中海沿岸です。
スターチスは紫色やピンク色、黄色などが美しい花ですが、実は花に見える部分はガクで、本当の花はガクから出ている白い部分なのです。
ですから、花が終わった後も美しい色のガクが残っていることから『永遠の花』~everlasting flowers~とも呼ばれています。
また、スターチスは薄い紫色をしていることから、英語では『シーラベンダー(Sea Lavender)』『マーシュローズマリー(Marsh rosemary)』などとも呼ばれていますが、実際にはラベンダーローズマリーとは全く関係ありません。
それでは、そんなスターチアの花言葉をご紹介していきましょう。

スターチスの花言葉

・変わらぬ心
・途絶えぬ記憶
・永久不変

などがあります。

【色別】花言葉はこちら>>
【英語名】花言葉はこちら>>

スターチスの花言葉の由来

スターチスはそのままでも美しい色をしていますが、実はドライフラワーとして利用されることが多い品種なのです。
花言葉になっている『変わらぬ心』『途絶えぬ記憶』『永久不変』は、ドラフラワーにしても色褪せることがないことに由来していると言われています。

スターチスの特徴【ドライフラワーの定番】

スターチスは一年草と多年草があり、桜が終わった後に花を咲かせます。
花屋では切り花として売られており、ほぼ1年中出回っているでしょう。
元々、野生種は砂漠や荒れ地に自生しており、品種改良された園芸種も数多く存在しています。
現在、自生しているものも園芸品種も含めると、世界中で約150品種があると言われています。
花に見えるガクの部分の色は、青色・ピンク色・黄色・白色・紫色・赤色などがあり、中の花は白色以外にも黄色や青色のものがあります。
花の大きさも様々ですので、フラワーアレンジメントや花束、ドライフラワーにして飾る場合もコーディネートしやすいと言われています。
スターチスの形状は茎が広がっており、ガクの数が多いため、花束にすると大変ボリュームが出てゴージャスになります。
ですからほかの花と組み合わせて、存在感ある脇役として使用したり、普段使いに家庭に飾る花として楽しんだり、仏花として使うことも多いようです。
広がりのある姿をしていますので、花の向きを見ながらいくつかに分けると、生けやすいでしょう。
また、スターチスはドライフラワーとしても楽しむことができますが、元々ガクの部分はカサカサと乾燥していて水分が少ないため、ドライフラワー初心者でも失敗することはほぼありません。
花瓶に挿して花を楽しんだら、スターチスを束ねて花を下向きにして、風通しのよい室内に吊るすと良いですね。
時間が経過すると多少色褪せてきますが、美しい色合いが部屋を飾ってくれますよ。

【色別】スターチスの花言葉

ピンク色のスターチス

スターチスには、様々な色の種類が存在しています。
それでは、スターチスの色別花言葉をご紹介しましょう。

紫色のスターチスの花言葉

『しとやか』『上品』

ピンク色のスターチスの花言葉

『永久不変』

黄色のスターチスの花言葉

『愛の喜び』『誠実』

などがあります。

【英語名】スターチスの花言葉

スターチスは英名が『Statice』で、学名は『Limonium』となります。

英語の花言葉

『remembrance(リメンバランス)』意味は「記憶」
『success(サクセス)』意味は「成功」
『sympathy(シンパシー)』意味は「同情」

などがあります。

スターチスの種類

スターチスの種類

スターチスには一、二年草の『シヌアツム種』と、多年草の『ベリディフォリウム種』『ティフォリウム種』などがあります。
『シヌアツム種』は、ピンク色・白色・青色など様々な色のものがあり、ドライフラワーにも向いている品種です。
また、多年草の『ベリディフォリウム種』『ティフォリウム種』は、“宿根スターチス”とも呼ばれています。
それでは、スターチスの種類の一部をご紹介していきますね。

一年草スターチス

ライトピンク系

・アイスターソフトピンク
・エッチピンクなど

ダークピンク系

・ガイナローズ
・ジュピターエーゼなど

レッド系

・ガーネット
・ビビットレッドなど

オレンジ系

・アプリコット
・オレンジカレットなど

イエロー系

・イエローサンバード
・ゴールデンスターなど

パープル系

・アトランティックブルー
・エンゼルクリスタルなど

ホワイト系

・キャニオンスノー
・マーブルホワイトなど

宿根性スターチス

ライトピンク系

・飛鳥
・イチゴボンボンなど

ダークピンク系

・彩夏
・紅梅など

イエロー系

・カナリーダイヤモンド
・キノゴールドなど

グリーン系

・アクオス
・グリーンキャッスルなど

パープル系

・アルタイカ
・オハイオブルーなど

ホワイト系

・エバースノー
・キノエンジェルなど

スターチスの季節や開花時期

スターチスは初夏の花です。
開花時期は5月~7月、最盛期は5月~6月ですが、花屋にはほぼ1年中出回っています。
花持ちがよく10日~14日は花を咲かせており、花が終わってからも美しいガクはそのまま残りますので、ドライフラワーとして楽しむことができます。
ただし、蒸れやすいので湿度が高いとカビが発生してしまうことがあります。
なるべく風通しの良い場所に飾るようにすると、より長持ちしやすいでしょう。
また、葉っぱが花瓶の水に浸かっていると腐りやすく、バクテリアが発生してニオイがしてきて枯れてしまうので、水に浸かる部分の葉っぱは生けるときに取り除くと良いですね。
小まめに水を換えてあげると、さらに長く楽しむことができるでしょう。

スターチスの誕生花

スターチスが誕生花となっている月日は下記の通りです。

4月18日(ピンク)
4月29日(淡紫)
5月7日
11月17日

関連リンク

【無料】当たると評判のLINEトーク占いが話題!

LINEトーク占い

LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。

LINEトーク占いには、1000人を超える全国の人気占い師が集結!

実力のある占い師ばかりで、本格的な鑑定が体験できるのです。

例えば、名古屋の人気占いサロン即應翠蓮の「翠蓮先生」や、広島で2ヶ月の予約待ちになるほど人気のカリスマ占い師「蓮香先生」など、全国の人気占い師に鑑定してもらえます。

初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?

あなたの未来が今すぐに分かりますよ!

LINEトーク占いでよく当たる相談内容は…
・相手の本音や気持ち。私のこと好き?
・今から3ヶ月以内に起こる奇跡や出会い。
・私のことを好きな人はあの人。
・私はあの人とお付き合いできる?
・運命の人はだれ?もう出会ってる?
10分間無料のトーク占いはこちら

千里眼