アルストロメリアの花言葉とは?意味や由来、色別(青・赤・ピンク・黄…)、英語名の花言葉もご紹介!

アルストロメリアの花言葉と由来

『アルストロメリア』はユリ科アルストロメリア属の植物で、和名は『アルストロメリア』、別名『百合水仙(ユリズイセン)』『インカの百合』『夢百合草(ユメユリソウ)』などと呼ばれています。
原産地は南アメリカで、赤色やピンク色、紫色、白色、オレンジ色、黄色、青色、緑色など、花色が実に豊富です。
エキゾチックな花を咲かせるアルストロメリアは、花束やフラワーアレンジメントなどに使用されています。
地植えや鉢植えで楽しむこともできますので、その場合は球根を求めると良いですね。
多年草で、暑さにも寒さにも多少弱いとされており、さらに日当たりが良く水はけの良い場所を好みます。
高温多湿では根腐れを起こすことがあり、株を凍結させると枯れてしまいます。
いくつかのポイントがありますので、ガーデニング初心者の方には少々難しいかもしれませんね。
それでは、そんなアルストロメリアの花言葉をご紹介しましょう。

アルストロメリアの花言葉

・持続
・未来への憧れ
・エキゾチック

などがあります。

【色別】花言葉はこちら>>
【英語名】花言葉はこちら>>

アルストロメリアの花言葉の由来

アルストロメリアの花言葉の『持続』は、花持ちの良さに由来しているとされています。
また、『エキゾチック』は、まさにアルストロメリアの花姿を見れば納得できる花言葉でしょう。
花弁の内側には線状の斑点が色鮮やかに描かれており、派手ではない鮮やかさが特徴です。

アルストロメリアの特徴

アルストロメリアは切り花として使われることが多い花ですが、地植えや鉢植えとして育てることもできます。
球根の植物ですので、春植えの場合は3月~4月、秋植えの場合は9月~10月ごろに植えると良いでしょう。
茎は約50cm程度まで伸び、葉は茎から伸ばしますが、根元で反転させてそのまま育ちます。
コチラから見える葉は裏の部分で、表は裏側になっています。
茎の先に花を付け、非常に特徴的で美しい花を咲かせます。
花弁は6枚、外側と内側は3枚ずつ形が異なっています。
外側は丸みを帯びた大きな花弁で、内側は外側に比べると小さな花弁となっています。
花弁には線状の斑模様があり、エキゾチックな顔をした花が特長的です。

【色別】アルストロメリアの花言葉

【色別】アルストロメリアの花言葉

アルストロメリアの花色は、青色・赤色・ピンク色など実に様々です。
それでは、アルストロメリアの色別花言葉をご紹介しますね。

青色のアルストロメリアの花言葉

『知性』『冷静』

赤色のアルストロメリアの花言葉

『幸い』

ピンク色のアルストロメリアの花言葉

『気配り』

黄色のアルストロメリアの花言葉

『持続』

オレンジ色のアルストロメリアの花言葉

『友情』

白色のアルストロメリアの花言葉

『凛々しさ』

などがあります。

【英語名】アルストロメリアの花言葉

アルストロメリアの英名は、『Lily of the Incas』で、学名が『Alstroemeria』になります。

英語の花言葉

『friendship(フレンドシップ)』意味は「友情」
『devotion(ディボーション)』意味は「献身的な愛」

などがあります。

アルストロメリアの種類

アルストロメリアの種類

アルストロメリアは豊富な種類がある植物です。
原種は50種類程度だとされており、品種改良で100種類に達するほどだと言われています。
それでは、アルストロメリアの種類を6つに分けてご紹介していきますね。

ハイブリッドタイプ

別々の系統の品種をかけ合わせて作られた交雑種の品種群です。

タッセンタイプ

バタフライタイプと別の品種をかけ合わせた品種群で、秋冬に花を咲かせます。

カルメンタイプ

春と秋に花を咲させるタイプで、それほど大きくないので鉢植えに適しており、葉焼けしにくい品種です。

バタフライタイプ

草丈が低いものが多く、春~秋の長期間に花を咲かせるタイプです。

オーランチカタイプ

『原種のオーランチカ』『オーランチカが親の品種群』を指し、一季咲きで初夏~夏に花を咲かせます。

レジナタイプ

ハイブリッドタイプから分かれた品種です。

アルストロメリアの季節や開花時期

アルストロメリアは春~初夏に花を咲かせます。
上記でも何度もお話ししていますように、花色が豊富で、非常に美しい花です。
開花時期は5月~7月で最盛期は5月ですが、花屋にはほぼ1年中出回っています。
花持ちがよく、5日~14日は花を楽しむことができます。

陽当たりが良く、水はけの良い環境を好みますので、地植えをするときには場所を選んであげるとよく花をつけるでしょう。
また鉢植えの場合は、時期によって場所を変えてあげると良いですね。
特に開花するまではしっかりと陽に当てる必要がありますので、気を付けましょう。
寒さにも暑さにも強くはありませんので、夏越しと冬越しには注意が必要です。
特に真夏の高温多湿には弱く、根腐れを起こしてしまいますし、冬に地面が凍ると枯れてしまいます。

アルストロメリアの誕生花

アルストロメリアが誕生花になっている月日は下記の通りです。

2月18日
2月26日
3月13日
3月25日
・4月18日

関連リンク

【無料】当たると評判のLINEトーク占いが話題!

LINEトーク占い

LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。

LINEトーク占い

LINEトーク占いには、1000人を超える占い師が待機。

しかも実力のある占い師ばかりで、本格的な鑑定が体験できるのです。

例えば、名古屋の人気占いサロン「即應翠蓮」の翠蓮先生や、福岡で口コミで話題の、かのうみくる先生など、人気の先生に鑑定してもらえます。

初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?

LINEトーク占いでよく当たる相談内容は…
・相手の本音や気持ち。私のこと好き?
・今から3ヶ月以内に起こる奇跡や出会い。
・私のことを好きな人はあの人。
・私はあの人とお付き合いできる?
・運命の人はだれ?もう出会ってる?
10分間無料のトーク占いはこちら

千里眼

おすすめの記事