ブルースターの花言葉とは?意味や由来、種類や季節、英語名などもご紹介!

ブルースターの花言葉と由来

『ブルースター』はキョウチクトウ科ルリトウワタ属の植物で、和名を『瑠璃唐綿(ルリトウワタ)』と言い、別名『オキシペタラム』『トゥイーディア』と言います。
原産地はブラジルやウルグアイで、青色の花が代表的ですが、ほかにも白色やピンク色の花を咲かせる品種があります。
青色の5枚の花弁が星のように見えることから『ブルースター』と呼ばれており、その花色はミルキーブルーと言われる優しい青色をしています。
様々な花の種類の中でも青色の花を咲かせる品種は非常に少なく、また、非常に可愛らしい花を咲かせることから人気の高い品種となっています。
とても素敵な花言葉を付けられていることから、結婚式に用いられることが多い花の一つとなっています。
それでは、そんなブルースターの花言葉をご紹介しましょう。

ブルースターの花言葉

・幸福な愛
・信じあう心
・早すぎた恋
・身を切る想い
・望郷
・星の精

などがあります。

ブルースターの花言葉の由来

『幸福な愛』『信じあう心』などの花言葉は、ブルースターの美しい花色に由来していると言われています。
昔から西洋では“サムシングフォー”(結婚式で花嫁が身につけると幸せになれる4つのもの)があります。

一つは、何か古いもの(サムシング・オールド)
一つは、何か新しいもの(サムシング・ニュー)
一つは、何か借りたもの(サムシング・ボロウ)
一つは、何か青いもの(サムシング・ブルー)

それぞれには意味があり、“サムシングブルー:何か青いもの”は純潔の象徴として聖母マリアのシンボルカラーとなっています。
青色の花『ブルースター』は『幸福な愛』『信じあう心』を意味しており、結婚式に用いられるのです。

ブルースターの特徴

ブルースターの原産地はブラジルやウルグアイなどです。
ですから暑さに強く、初夏~秋まで咲き続け、暖かい地域では屋外での越冬も可能です。
比較的丈夫なので育てやすく、初心者でも難なく育てることができるでしょう。
つる性の多年草で、株全体が短い毛で覆われており、花の大きさは3cm程度です。
咲き始めは水色ですが、咲き終わりに近づくと青色が濃くなり、さらに紫色に近づきます。
小さく可愛らしい花ですが青色の花は存在感があり、花壇に地植えをしても良いですし、鉢植えでも楽しむことができます。
また、切り花としても美しく飾ることができ、楽しみ方は多種多様です。
どちらかと言えば切り花として楽しむことが多く、結婚式ではフラワーアレンジメントとして飾られることも多いようです。
また、西洋では男の子の誕生を祝う花として贈り物に用いられるそうです。

ブルースター色別の花言葉はあるの?

ブルースターの花色は、スタンダードな青色のほかに白色やピンク色の花の種類があります。
しかし花言葉はブルースター全体に付けられたものだけで、現在のところ、色別の花言葉は付けられていないようです。
ただし今後、色別に花言葉が付けられることはあるかもしれませんね。

ブルースター英語の花言葉はあるの?

ブルースターは英名が『Southern star』『Tweedia』などで、学名が『Oxypetalum coeruleum』となります。

英語の花言葉はないようですが、西洋では“サムシングフォー”(結婚式で花嫁が身につけると幸せになれる4つのもの)の一つとして、或いは男の子が生まれたときの贈り物として、大切に考えられています。

ブルースターの種類

ブルースターの種類

ブルースターは青色の花のほかに、白色やピンク色の花を咲かせる種類があります。
白色の花を咲かせる種類は『ホワイトスター』、ピンク色の花を咲かせる品種は『ローズスター』などと呼ばれています。
青色のブルースターは水色の清楚で柔らかな花弁が特長です。
また、白色のホワイトスターは真っ新な印象の白色の花をたくさん咲かせます。
ピンク色のローズスターは、温もりを感じる優しいピンク色の花を咲かせます。

ブルースターの季節や開花時期

ブルースターは春~秋まで花を咲かせます。
開花時期は5月~10月ですが、花屋に出回るのは3月~12月頃です。
花屋でブルースターを買い求めるときには、花色を見ると良いでしょう。
ブルースターは花の咲き始めは花色が水色で、先終わりに近づくにつれて花色が濃い青色になり、さらには紫色へと変化します。
ですから、花屋で紫色のブルースターを見つけても、購入することはおすすめできません。
ブルースターの花持ちは7日程度ですので、花色が紫色に近くなっているものは買って帰っても長持ちすることはないでしょう。
できるだけ花色が薄い青色、淡い青色、明るい青色のものを購入することをおすすめします。
また、ブルースターを飾るときに茎を切ると、断面から白い液体が出てきます。
人によっては肌がかぶれることもあるため、注意が必要ですね。
もしも肌に付着してしまった場合は、必ずしっかり手洗いをしてください。
飾るときには白い液体を拭き取るか洗い流し、液体が出て来なくなったのを確認してから花瓶の水に挿すと良いですね。
白い液体が付いたまま固まってしまうと、水を吸い上げられなくなるので気を付けましょう。

ブルースターの誕生花

ブルースターが誕生花となっている月日は下記の通りです。

3月8日
・4月14日

関連リンク

【無料】当たると評判のLINEトーク占いが話題!

LINEトーク占い

LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。

LINEトーク占い

LINEトーク占いには、1000人を超える占い師が待機。

しかも実力のある占い師ばかりで、本格的な鑑定が体験できるのです。

例えば、名古屋の人気占いサロン「即應翠蓮」の翠蓮先生や、福岡で口コミで話題の、かのうみくる先生など、人気の先生に鑑定してもらえます。

初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?

LINEトーク占いでよく当たる相談内容は…
・相手の本音や気持ち。私のこと好き?
・今から3ヶ月以内に起こる奇跡や出会い。
・私のことを好きな人はあの人。
・私はあの人とお付き合いできる?
・運命の人はだれ?もう出会ってる?
10分間無料のトーク占いはこちら

千里眼

おすすめの記事