ツツジの花言葉とは?意味や由来、色別(青・赤・ピンク・黄…)、英語名の花言葉もご紹介!

ツツジの花言葉と由来

『ツツジ』はツツジ科ツツジ属の植物で、和名は漢字で『躑躅(ツツジ)』と書き、別名アザレアと言います。
原産地は日本・中国などの東アジアで、花色は赤色・白色・ピンク色・紫色・オレンジ色・黄色などがあります。
ツツジは陽当たりの良い場所で華やかな花を咲かせる種類で、GWの辺りに美しく花を咲かせているのを見たことがあるでしょう。

ツツジの怖い逸話

実はツツジには怖い逸話があります。
ある、とても愛し合っている恋人同士の話です。
彼らは、寝る間を惜しむほとに逢瀬を重ね、お互いがお互いを愛して止まない関係でした。
特に女性の方は非常に愛情が深く、雨の日も風の日も嵐の日も、彼の元へと足繁く通っていました。
ところが、そんな彼女に対して彼は酷いことを考えてしまいます。
ある嵐の夜、いつものように彼女が彼に会うために訪ねてきた様子に、彼は「こんな嵐の夜までやって来るなんて、彼女は魔物だ!退治しなければならない!」という考えが浮かんだのです。
あれほど愛し合っていた2人なのに、彼女への愛情は恐ろしい考えへとすり替わってしまったのです。
そして、翌日彼女が彼の元へとやってくる途中で、彼は彼女を谷底に突き落としたのです・・・。
やがてその谷に、春先になるとツツジが咲くようになったのです。
それはまるで、彼女の鮮血を表すような真っ赤なツツジだったのです。
それでは、そんなツツジの花言葉を紹介していきましょう。

ツツジの花言葉

・節度
・慎み
・節制
・努力
・自制心
・訓練

などがあります。

【色別】花言葉はこちら>>
【英語名】花言葉はこちら>>

ツツジの花言葉の由来

ツツジの花言葉は、鮮やかで美しい花色に由来して『慈悲』という花言葉が付けられたと言われています。
また、鮮やかな花色に対してシンプルで上品な花姿に由来して、『慎み』という花言葉が付けられたとされています。
日本人の多くはツツジの花になじみが深く、あちこちで見かけることがあるでしょう。
満開に咲いていても派手さはなく、優美さや上品さを感じることができますね。

ツツジの特徴

ツツジは、常緑低木~半常緑低木で、樹丈は50㎝~300㎝程度、横幅は50㎝~250㎝程度まで大きくなります。
葉は2cm~10cm前後で、小振りで可愛らしい花を咲かせます。
日本に自生してる野生種を品種改良し、多くの園芸品種が生まれ、庭木として人気の高い品種となっています。
強健な性質ではありますが、病害虫が多いので小まめな手入れが必要です。
昔から改良されてきたことで現在は多くの品種が存在し、花や葉の形や大きさも様々です。
さらには性質も違いがありますので、植え付ける場所によって品種を選ぶ必要があるでしょう。

【色別】ツツジの花言葉

【色別】ツツジの花言葉

ツツジの花色は、赤色・白色・ピンク色・紫色などがあります。
それでは、ツツジの花言葉を花色別に紹介しますね。

赤色のツツジの花言葉

『燃え上がる想い』

白色のツツジの花言葉

『初恋』

ピンク色のツツジの花言葉

『愛の喜び』

紫色のツツジの花言葉

『美しい人』

などがあります。

【英語名】ツツジの花言葉

ツツジは英名が『Azaleas』で、学名が『Rhododendron』となります。

英語の花言葉

『temperance(テンパランス)』意味は「節制・禁酒」

『take care of yourself for me(テイク ケア オブ ユアセルフ フォーミー)』意味は「私のために体を大切に」

『fragility(フラジリティー)』意味は「脆さ・儚さ」

 

ツツジの種類

ツツジの種類

ツツジは品種改良をしてきたことで、非常に多くの品種が存在しています。
それでは、そんなツツジの品種をいくつか紹介していきましょう。

キリシマツツジ

小型で花も葉も小さめで、花色は数種類あります。
盆栽としても用いられています。

クルメツツジ

花付きが非常に良いのが特徴で、葉は大き目です。
品種が多く、庭木として用いられることが多いようです。

ヒラドツツジ

様々なツツジの種類を掛け合わせた交雑種で、大型で大輪の花を咲かせます。
寒さに弱いため、寒い地域では不向きでしょう。

モチツツジ

薄い紅紫色の花を咲かせ、ガクの毛がネバネバしています。
丈夫な品種ですので、半日陰でも生長するでしょう。

サツキ

一般的なツジより花の開花が1ヶ月程度遅く、葉や株は小さめです。
刈り込みに強いので、境栽として用いられることが多いようです。
日当たりの良い場所では紅葉を楽しむことができます。

ツツジの季節や開花時期

ツツジは春の花です。
GWの頃になると、美しいツツジの花を目にすることができるでしょう。
開花時期は4月~5月ですが、花屋などに出回る時期は12月~6月と長くなっています。
花持ちは5日~7日程度です。
丈夫ではありますが、害虫が付きやすいので注意が必要です。
陽の光を好み、日当たりの良い場所に植えるとよく育ちますが、強い西日は避けた方が良いでしょう。
乾燥に弱いため、夏は小まめにたっぷりと水を与えなければいけません。
ツツジの中には寒さに弱い品種もありますので、地域によっては植えても育てることが難しいものもあります。
品種の選び方には注意しましょう。
比較的移植が簡単ではありますが、土質が変わらないようにする必要があります。

ツツジの誕生花

ツツジが誕生花になっている月日は下記の通りとなっています。

5月4日(ヤマツツジ)
6月7日

関連リンク

【無料】当たると評判のLINEトーク占いが話題!

LINEトーク占い

LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。

LINEトーク占い

LINEトーク占いには、1000人を超える全国の人気占い師が集結!

実力のある占い師ばかりで、本格的な鑑定が体験できるのです。

例えば、名古屋の人気占いサロン即應翠蓮の「翠蓮先生」や、広島で2ヶ月の予約待ちになるほど人気のカリスマ占い師「蓮香先生」など、全国の人気占い師に鑑定してもらえます。

初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?

あなたの未来が今すぐに分かりますよ!

LINEトーク占いでよく当たる相談内容は…
・相手の本音や気持ち。私のこと好き?
・今から3ヶ月以内に起こる奇跡や出会い。
・私のことを好きな人はあの人。
・私はあの人とお付き合いできる?
・運命の人はだれ?もう出会ってる?
10分間無料のトーク占いはこちら

千里眼