ベゴニアの花言葉とは?意味や由来、色別(赤・白)、英語名の花言葉もご紹介!

ベゴニアの花言葉と由来

『ベゴニア』はシュウカイドウ科シュウカイドウ属(別名:ベゴニア属)の植物で、花色が赤色・ピンク色・白色・黄色・オレンジ色・青色・紫色など、非常に多彩な品種です。
和名は『四季咲きベゴニア(シキザキベゴニア)』で、別名『ベゴニア・センパフローレンス』と呼ばれています。
原産地はブラジルで、1年中花を咲かせることから園芸品種として非常に多くの方に好まれています。
そんなベゴニアの花言葉をご紹介していきますね。

ベゴニアの花言葉

・片想い
・愛の告白
・親切
・幸福な日々

などがあります。

【色別】花言葉はこちら>>
【英語名】花言葉はこちら>>

ベゴニアの花言葉の由来

ベゴニアの花言葉『片想い』は、ベゴニアの葉が歪んだハートの形をしていることに由来していると言われています。
また、ベゴニアの葉は左右非対称で、葉を重ねても同じように重なることがないため、『片思い』という花言葉が付いたという説もあるようです。

ベゴニアの特徴

ベゴニアには非常に多くの種類があり、原種だけで2000種類以上、交配種は15000種類を超えると言われています。
それだけ世界中で愛されている植物の一つだということですね。
花色は種類が多く非常に鮮やかで美しいため、庭やベランダでも映える園芸品種と言えます。
赤色、白色、ピンク色、オレンジ色など、花色の種類が豊富で、1年中花を咲かせることが可能です。
育てやすい品種ですので、初心者の方にもおすすめできる花の一つです。
花言葉のところでも触れましたが、ベゴニアの葉は左右非対称で、変わった形をしています。
そのアンバランスな形に愛着を覚えて好んでいる方も少なくないでしょう。
多肉質で一見丈夫そうですが、暑さや寒さにはあまり強くはありません。
また、一定の湿度を必要としますので、乾燥にも弱い一面があります。
生育環境に気を付けてあげれば、どんどん花を咲かせて楽しませてくれるでしょう。

【色別】ベゴニアの花言葉

白色のベゴニア

上記でもお話ししましたが、ベゴニアには実に様々な花色の品種が存在しています。
赤色、白色、ピンク色、オレンジ色、青色などなど。
それでは、ベゴニアの花色別の花言葉をご紹介します。
ただし、すべての花色に花言葉があるわけではありません。

赤色のベゴニアの花言葉

『公平』

白色のベゴニアの花言葉

『親切』

【英語名】ベゴニアの花言葉

ベゴニアは英名が『Perpetual begonia』で、『Begonia semperflorens』となります。

英語の花言葉

『beware』意味は「注意する・用心する」

ベゴニアの種類

ベゴニアの種類

上記でもお話ししましたが、ベゴニアの種類は原種だけで2000種類、交配種は15000種類もあると言われています。
日本で栽培されているものでは、大きく分けると3種類あります。

・木立性ベゴニア
・根茎性ベゴニア
・球根性ベゴニア

センパフローレンス

別名『四季咲きベゴニア』と呼ばれており、日本ではよく見かけるいわゆる『ベゴニア』と言えばこの品種です。

クリスマスベゴニア

別名『ローレンベゴニア』とも呼ばれており、11月~4月に花を咲かせます。花色はピンク色や赤色などです。

エラチオールベゴニア

別名『リーガースベゴニア』とも呼ばれており、真夏以外の9月~6月花を咲かせます。花は八重咲きなど種類が多いのも特徴です。

ベゴニアの季節や開花時期

ベゴニアは1年中花を咲かせる植物で、品種によって開花時期が異なります。
温度や湿度の管理を上手にすれば、どんどん花を咲かせてくれるでしょう。
ですから花屋に出回るのも1年中で、ほぼ見ない時期はないのではないでしょうか。
ただし、暑さにも寒さにも弱い一面がありますので、寒さの厳しい北国などでは、冬の時期は売られることはないでしょう。
生育適温は20度前後ですので、冬は室内に入れてあげた方が良いでしょう。
冬でも10度程度はなければいけませんので、冷え込みが厳しい地域では難しいかもしれませんね。
室内では陽当たりの良い場所に置き、暖房を消す夜間は鉢を部屋の中央に移動させると良いでしょう。
春~初夏は強い陽射しに注意し、葉焼けさせないように気を付ける必要があります。
レースのカーテン越しに陽を当てるなどの工夫が必要ですね。
基本的に夏は外へ出しても問題はありませんが、風通しが良い半日蔭を好みます。
高温多湿では病気になりやすいため、風通しと雨には気を付けなければいけません。
梅雨時期や長雨の季節には室内に入れ、部屋の中で花を楽しむと良いですね。
また、鉢植えの場合は用土の工夫も必要です。
水はけの良い土を好みますので、市販の草花用培養土か、赤玉土や腐葉土、パーライトなどを配合して土を作るのも良いですね。
切った枝でさし芽をすることができますので、茎の先端と葉を3~4枚残して花と下葉を取り去り、水はけの良い用土に挿してあげましょう。
だいたい1ヶ月程度で鉢上げすることができます。
長く楽しむためには、咲き終わった花殻を摘み、傷んだ葉も摘むと良いでしょう。
そのままにしておくと病気の原因になりますので、花弁の周りが茶色に変色し始めたら摘み取ります。
切り戻しは3月~4月ごろ行います。
この時期に草姿のバランスが崩れるため、側枝かわき芽のある節を残して土から3~4節の位置で切ってください。
数週間で側枝が伸び、また花を楽しむことができるでしょう。

ベゴニアの誕生花

ベゴニアが誕生花となっている月日は下記の通りとなっています。

10月18日
11月29日

関連リンク

【無料】当たると評判のLINEトーク占いが話題!

LINEトーク占い

LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。

LINEトーク占い

LINEトーク占いには、1000人を超える全国の人気占い師が集結!

実力のある占い師ばかりで、本格的な鑑定が体験できるのです。

例えば、名古屋の人気占いサロン即應翠蓮の「翠蓮先生」や、広島で2ヶ月の予約待ちになるほど人気のカリスマ占い師「蓮香先生」など、全国の人気占い師に鑑定してもらえます。

初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?

あなたの未来が今すぐに分かりますよ!

LINEトーク占いでよく当たる相談内容は…
・相手の本音や気持ち。私のこと好き?
・今から3ヶ月以内に起こる奇跡や出会い。
・私のことを好きな人はあの人。
・私はあの人とお付き合いできる?
・運命の人はだれ?もう出会ってる?
10分間無料のトーク占いはこちら

千里眼