葉牡丹(ハボタン)の花言葉とは?意味や由来、種類、英語名などをご紹介!

葉牡丹(ハボタン)の花言葉と由来

『葉牡丹』はアブラナ科アブラナ属の植物で、和名を『葉牡丹(ハボタン)』、別名『牡丹菜(ボタンナ)』『阿蘭陀菜(オランダナ)』『ハナキャベツ』などとも呼ばれています。
原産地はヨーロッパで、特徴として11月~3月に葉が美しく色づくことが挙げられます。
葉牡丹は牡丹の仲間ではありませんが、牡丹に似た花を咲かせるため『葉牡丹』と名付けられたと言われています。
ただし葉が美しく色づくため、『葉牡丹』と名付けられたのです。
一年草として扱われることが多いですが、多年草として育てることも可能です。
多年草として育てることで枝を伸ばし、枝の先に花を咲かせるということができます。
花を咲かせた状態は“踊り葉牡丹(オドリハボタン)”と呼ばれています。
日本では牡丹に似ていると言われていますが、アメリカではケールやキャベツに似ているとされています。
実は葉牡丹の祖先はケールなのです。
ケールは、ブロッコリー・カリフラワー・芽キャベツなどの原種でもあり、非常に古い歴史がある植物です。
誕生したのは約4500年前、約2000年前にはギリシャで栽培されていたと言われています。
日本に入ってきたのは江戸時代初期で、野菜としてではなく、園芸用としての品種改良されて観賞用としての『葉牡丹』が広がったということです。
以降、品種改良が繰り返されて現在に至ります。
それでは、そんな葉牡丹の花言葉をご紹介いたしましょう。

葉牡丹(ハボタン)の花言葉

・利益
・慈愛
・祝福
・物事に動じない

などがあります。

葉牡丹の花言葉の由来

葉牡丹の花言葉『利益』は、諸葛孔明が様々な戦場でキャベツを栽培し、兵士の食料にしたことに由来していると言われています。
また、何枚も重なるように葉が付いていることから、キャベツの花言葉『利益』が付けられたとも言われています。
また『慈愛』という花言葉は、中心にある花の赤ちゃんを包む葉牡丹の葉に由来しているとされています。
『祝福』は、葉牡丹の色合いが紅白でおめでたいことに由来しており、葉牡丹は紅白2色で植えられているのが定番です。

葉牡丹(ハボタン)の特徴

葉牡丹は牡丹によく似ています。
キャベツにも似ているとされていますが、それは葉牡丹がキャベツから品種改良されて現在の形になったからですね。
寒くなると葉が色づき、冬から春にかけて葉色を楽しむことができます。
『祝福』や『利益』などの縁起の良い花言葉が付けられていることから、縁起の良い植物としておめでたい席に飾られることもあります。
花のように見えるのは葉っぱで、葉は11月~3月頃に色づきますが、実際の花は4月~5月の春に枝先に花を咲かせます。
一年草として扱う場合は花を見ることは難しいですが、多年草として育てることで花を見ることができるでしょう。
草丈は20cm~80cmほどまで大きくなりますが、草丈の低いタイプは“ミニ葉牡丹”は大変可愛らしく人気があります。
地植えでも鉢植えでもOKですので、状況に応じて選択すると良いでしょう。

葉牡丹(ハボタン)色別の花言葉はあるの?

葉牡丹は1年草だと言われていますが、実際には2年目を迎えることが可能な多年草です。
1年を超えて育てることで枝分かれが始まり、4月~5月には枝の先に花を付けます。
花色は黄色・ピンク色・紫色などがありますが、花言葉は花色別には付けられていないようです。

葉牡丹(ハボタン)英語名の花言葉はあるの?

葉牡丹は英語で『Flowering kale(フラワーリングケール)』や『Ornamental kale(オーナメンタルケール)』や『Ornamental cabbage(オーナメンタルキャベジ)』などと呼ばれており、学名は『Brassica oleracea var. acephala』と言います。
ただし、英語の花言葉は存在していません。

葉牡丹(ハボタン)の種類

葉牡丹(ハボタン)の種類

葉牡丹は非常に古くから存在している植物で、日本には江戸時代初期に入ってきましたが、明治時代以降には盛んに品種改良が行われました。
ですから葉牡丹にはいくつかの種類が存在しており、品種によってそれぞれの特徴があります。

東京丸葉系

東京丸葉系は、栽培が江戸時代には始まっていた日本最古の種類です。
丸みがあり、キャベツによく似ています。

名古屋ちりめん系

名古屋ちりめん系は名古屋生まれの葉牡丹で、“ちりめん”という名前の通り葉の縁が波打っていることが特徴です。

大阪丸葉系

大阪丸葉系は、“東京丸葉系”と“名古屋ちりめん系”を交配させて生まれた品種です。
葉の発色がく、彩が鮮やかです。

さんご系

さんご系はロシアから日本に伝わった種類で、葉に細く深い切れ込みがあります。
観賞用として人気の高い種類です。

葉牡丹(ハボタン)の季節と開花時期

葉牡丹の花に見えるのが葉っぱであることは上記でお話ししましたね。
葉が色づくのは11月~3月の冬の期間です。
ですから鑑賞用としては、お正月を跨ぐ冬の時期に飾られることが多くなっています。
特に『祝福』というおめでたい花言葉が付けられていることから、正月に飾る花としては定番となっているようです。
1年草として育てた場合は花を付けることはありませんが、多年草として育てた場合は枝分かれして枝の先に花を付けます。
本当の花を咲かせる時期は3月~5月の春で、花を咲かせた状態を『踊り葉牡丹(オドリハボタン)』と言います。

葉牡丹(ハボタン)の誕生花

葉牡丹が誕生花となっている月日は下記の通りとなっています。

11月27日
12月4日
12月30日

関連リンク

【完全無料】4つの質問に答えるだけでプロの占い師がLINEで無料鑑定!

只今、恋愛占い師“慧(ケイ)先生”がLINEで無料鑑定を行っております。

慧(ケイ)先生は、占い師歴12年のプロの占い師。

その慧(ケイ)先生のLINE公式アカウントに友だち追加をすると無料で鑑定を行ってくれます。

慧(ケイ)先生が最も得意とする恋愛鑑定です!

4つの質問に答えるだけで、今のあなたの恋愛の悩みを解決してくれます。

「無料なのに本格的な鑑定」と話題ですので、一度試してみてはいかがでしょうか?

口コミレビュー

無料だからと暇つぶしに登録したら、鑑定結果が本格すぎてビックリ!しかも当たってる♪

無料なのにしっかりアドバイスもくれて感動!もしアドバイス通りにして片思いが実ったらヤバいw

無料なのでなんとなーく試してみたら、復縁の診断が意外と当たっていたので、内心ドキっとしましたw

※LINE友だち追加ページが開きます。
「追加」をタップすると鑑定が始まります。

一度は鑑定を受けてみたい占い師

【叉紗(サシャ)先生】縁結びや縁切り、ツインレイ鑑定がスゴいと評判の占い師!

叉紗先生
今、密かに話題の占い師と言えば、電話占いカリスに所属する叉紗先生。

叉紗先生は、縁結びや縁切り(悪縁断ち)祈願が大の得意として有名な占い師。

中でも復縁の成功率が異常に高いと話題になっています。

さらに、ツインレイ鑑定も大人気で、特に前世を視る力が優れており、2人がツインレイかどうかを即座に鑑定。
もし2人がツインレイだとしたら、今がどんな状況だとしても、あなたが安心できるようなアドバイスをしてくれます。

そんな叉紗先生の鑑定を、今なら無料で受けることができます!

電話占いカリスに会員登録すれば、初回限定で2,400円分無料の鑑定を受けることができるのです。

もし、叉紗先生の鑑定に興味がありましたら、ぜひ電話占いカリスに登録して2,400円分の無料鑑定を受けてみて下さい。

鑑定料金
初回は2,400円無料で、以降は1分370円。
fa-arrow-right口コミレビュー

叉紗先生先日はありがとうございました😊 半年前に先生から、2人はツインレイだよ。と言って頂き、縁結びのおまじない等をして頂き、自宅参拝と白山神社へのお参り、絵馬の奉納を行なってみた所、ラッキーナンバーの今月、4年間全く動かなかった恋に本当に変化が見られてきたのでもうもうびっくりです!!先生凄すぎます、、、 2人は両思いだよ、とか、彼女さんとはもうすぐ別れるよ、(わざわざ縁切りのおまじないまで、ありがとうございます😭)とか、8月には付き合ってると思うよとか言って頂き、また希望を持つことが出来、気持ちが前向きになっていい引き寄せが起こるようになったのか、 早速相手から仕事前に個人的に差し入れをもらうという、ちょっと嬉しい出来事がありました🙌 先生からの、『大事な関係は急に動かそうとしてはダメ。ゆっくり育むものだよ。』この言葉めちゃくちゃ響きました😭長年の想いを、諦めることも離れることも出来ず、随分長く悩み苦しんできましたが、今ようやく光が見えてきた思いです。 焦らず、期待しすぎず、相手を思いやる心を忘れずに、その時を楽しみに、夢の実現のためにも仕事もますます頑張りたいと思います✨メンタル勝負の職業ですもの、これからも自分の感情、しっかりコントロールしてみせます🔥笑 教えて頂いた2つの行動に取り組み、また動きがあれば報告させて頂きます☺️💖

引用元:カリス/叉紗先生の口コミ
初回限定2,400円分の無料鑑定はこちら

噂の縁結びやツインレイ鑑定を体験して下さい。

「提供元:ティファレト」
日本全国各地の占い