デイジー(雛菊)の花言葉とは?意味や由来、色別(白・黄・青など)、英語名の花言葉もご紹介!

デイジー(雛菊)の花言葉と由来

『デイジー』はキク科ヒナギク属の植物で、和名を『雛菊(ヒナギク)』と言い、別名『デージー』『延命菊(エンメイギク)』『長命菊(チョウメイギク)』『時知らず(トキシラズ)』などとも呼ばれています。
『延命菊(エンメイギク)』『長命菊(チョウメイギク)』『時知らず(トキシラズ)』などは、花を咲かせる期間が長いことに由来して付けられた名前だと言われています。
原産地はヨーロッパ地中海沿岸で、花色は赤色やピンク色、白色、紫色などがあります。
元々デイジーは多年草ですが、日本では夏越しが難しいため、1年草として扱われています。
デイジーという名前は「days`eye(デイズアイ)」という呼び方に由来しており、これは陽の光に反応して開花し、曇りや夜など陽が射さないときには花を萎めることから「日の目」という意味で呼ばれていたと言われています。
そして「days`eye(デイズアイ)」がいつしか『daizy(デイジー)』と呼ばれるようになったそうです。
和名の『雛菊』は、その可愛らしい花姿に由来しているとされています。
小さな花をつける菊科の花ですので『雛菊』と呼ばれるようになったそうです。
また、イギリスでは『正午の花』『小さい星』『普通のデイジー』『子供のデイジー』と呼び、フランスでは『小さいマルゲリット』『復活祭の小さい花』、ドイツでは『マリアの可愛い花』『ガチョウの花』などと呼ばれています。
その国ならではの呼び方が面白いですね。
それでは、そんなデイジーの花言葉を紹介します。

デイジーの花言葉

・純潔
・美人
・平和
・希望
・美
・あなたと同じ気持ちです

などがあります。

【色別】花言葉はこちら>>
【英語名】花言葉はこちら>>

デイジーの花言葉の由来

デイジーの花言葉は、実はデイジーの学名に由来しています。
キク科ヒナギク属のデイジーの学名は『Bellis(ベリス)』『Bellis perennis』です。
この「Bellis(ベリス)」という言葉は、ラテン語で美しいという意味の『bellus』という言葉が語源となっています。
『美人』『美』などの花言葉はこの学名に由来して付けられたと言われています。
また、『希望』という花言葉は、デイジーの花の性質に由来しているとされています。
上記でもお話ししましたが、デイジーは陽が射すと開花させる性質があります。
その性質に由来して、光が射す=『希望』という花言葉が付けられたと言われています。

デイジー(雛菊)の特徴

デイジーの特徴と言えば、まず挙げられるのは「陽が射すことで開花し、曇りや夜など陽が射さないときには花が萎む」ということでしょう。
小さく可愛らしい花はまるでお日様のような形をしており、長く花を楽しむことができることから別名『延命菊(エンメイギク)』『長命菊(チョウメイギク)』とも呼ばれています。
原産地はヨーロッパ地球海沿岸で、日本に入ってきたのは明治時代だと言われています。
デイジーは元々多年草ですが、高温多湿が非常に苦手なため夏越しが難しく、日本では1年草として扱われます。
とは言え、それほど難しい植物ではないので、植え付けから開花までは初心者でも問題なく育てられるでしょう。
そういう理由もあり、日本では北海道などの涼しい地域で育てられています。
涼しい地域では夏越しをさせて、株分けするなどして、増やすことも有るようですね。
草丈は低く10㎝~20㎝程度ですので、庭への地植えも鉢植えでも植えやすく、育てやすい品種ですね。
ガーデニング初心者や、春の花をお探しの方におすすめの品種です。

【色別】デイジー(雛菊)の花言葉

【色別】デイジー(雛菊)

デイジーには様々な花色のものがあります。
白色、赤色、黄色、ピンク色、青色、紫色などの花色が存在しています。
それでは、花色別の花言葉を紹介していきますね。

白色のデイジーの花言葉

『無邪気』

赤色のデイジーの花言葉

『無意識』

黄色のデイジーの花言葉

『ありのまま』

ピンク色のデイジーの花言葉

『希望』

青色のデイジーの花言葉

『幸福』『恵まれている』『美しい』

紫色のデイジーの花言葉

『元気』『健やかな』

【英語名】デイジー(雛菊)の花言葉

デイジーは英名が『Daisy』『English daisy』『Common daisy』で、学名は『Bellis』『Bellis perennis』となります。

英語の花言葉

『innocence(イノセンス)』意味は「純潔」

『beauty(ビューティー)』意味は『美』

などがあります。

デイジー(雛菊)の種類

デイジー(雛菊)の種類

現在、デイジーには様々な種類が存在しています。
デイジーと言えば八重咲ですが、実は原種は一重の花だったのです。
八重咲が生まれたのは16世紀頃のことで、その頃から八重咲きの品種は人気があったとされています。
デイジーには大きく分けると2種類あり、『リグローサ系』と『フィストゥローサ系』があります。
これらは花の形によって分けられており、『リグローサ系』は舌状花という平らな花弁をしています。
また『フィストゥローサ系』は筒状の花弁をしています。
それでは、デイジーの代表的な品種をご紹介していきます。

リグローサ系

シベリウス

巨大輪品種で、花茎は8cm以上あります。
特徴として、花の大きさが開花するに従って小さくなるという性質があります。

フィストゥローサ系

ポンポネット

小輪品種の中では最もたくさん出回っている品種で、花をたくさん咲かせる品種です。

エトナ

花の中心には花弁はありません。
中輪品種で周辺に筒状の花弁を付けます。
適度な寒さで花色を鮮やかにしますが、3度以下になると葉先が傷んでしまいます。

デイジー(雛菊)の季節や開花時期

デイジーは春を告げる花の一つです。
開花時期は地域によって異なりますが2月~5月、最盛期は3月~5月です。
花屋やホームセンターなどには1月には出始め、5月頃まで販売されているでしょう。
花持ちがよく、花持ち期間は10日~20日程度となっています。
高温多湿に弱く、日本では梅雨の時期を過ごすことが困難です。
ですから春に花が終わると夏越しさせることはほとんどなく、1年草として扱われています。
ただし、北海道などの涼しい地域では夏越しさせることもできますので、株分けして増やすこともあるようです。

デイジー(雛菊)の誕生花

デイジーが誕生花となっている月日は下記の通りとなっています。

1月4日(白)
1月27日(紫)
2月15日
3月6日

関連リンク

【無料】当たると評判のLINEトーク占いが話題!

LINEトーク占い

LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。

LINEトーク占い

LINEトーク占いには、1000人を超える全国の人気占い師が集結!

実力のある占い師ばかりで、本格的な鑑定が体験できるのです。

例えば、名古屋の人気占いサロン即應翠蓮の「翠蓮先生」や、広島で2ヶ月の予約待ちになるほど人気のカリスマ占い師「蓮香先生」など、全国の人気占い師に鑑定してもらえます。

初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?

あなたの未来が今すぐに分かりますよ!

LINEトーク占いでよく当たる相談内容は…
・相手の本音や気持ち。私のこと好き?
・今から3ヶ月以内に起こる奇跡や出会い。
・私のことを好きな人はあの人。
・私はあの人とお付き合いできる?
・運命の人はだれ?もう出会ってる?
10分間無料のトーク占いはこちら

千里眼