アイリスの花言葉とは?意味や由来、色(白・青・紫)、種類別、英語名の花言葉もご紹介!

アイリスの花言葉と由来

『アイリス』はアヤメ科アヤメ属の植物で、和名を『西洋菖蒲(セイヨウショウブ)』と言い、別名『オランダアヤメ(阿蘭陀菖蒲)』『キュウコンアイリス(球根アイリス)』『ダッチアイリス』などとも呼ばれています。
原産地は、ヨーロッパ南部、日本、東アジア、北半球と広く、現在も世界中で愛されています。
アイリスは多年草で、地植えでも鉢植えでも花を咲かせることができますし、フラワーアレンジメントとしても楽しむことができます。
花色が7色あることから、虹を連想させ、ギリシャ語の虹を意味する“イリス”が語源となっていると言われています。
アイリスという名前は総称で、『カキツバタ』や『アヤメ』などもアイリスの仲間です。
それでは、そんなアイリスの花言葉を紹介していきましょう。

アイリスの花言葉

・メッセージ
・希望
・友情
・雄弁
・賢さ

などがあります。

【色別】花言葉はこちら>>
【種類別】花言葉はこちら>>
【英語名】花言葉はこちら>>

アイリスの花言葉の由来

上記でもお話ししましたが、アイリスの名前はギリシャ語の“虹”を意味する『イリス』が語源となっています。
ギリシャ神話に出てくる虹の女神イリスは、プレイボーイで知られていたゼウスに求愛されました。
しかしイリスはゼウスの妻の待女だったので、ゼウスの求愛に困り果ててしまいました。
そこでイリスはゼウスの妻の女神ヘラに、逃げるために虹を行き来できる橋にしてもらいます。
この神話に由来して、虹を渡って伝言を伝えることを意味して『メッセージ』という花言葉が付けられ、希望を以て虹の行き来をしたことから『希望』という花言葉が付けられたと言われています。

アイリスの特徴

アイリスはアヤメ属の植物の総称です。
ここでは、ジャーマンアイリスの特徴についてお話ししていきましょう。
ジャーマンアイリスは色とりどり7色の花を咲かせることから『虹の花(レインボーフラワー)』とも呼ばれています。
アイリスの種類の中でも最も品種が多く、大変華やかな品種です。
ヨーロッパに自生している自然交雑種ゲルマニカを元に、ほかの原種と交配した品種です。
花弁の付け根付近に毛が密生しており、単色のものや色が異なる上下の花弁を持つものなどが多く、非常にゴージャスで美しい人気の高い品種です。
香りも良く、最近では品種改良によって、花弁にフリルやフリンジが入った品種も多くなっています。
草丈は1m程度の大きいものから、10cm~20cmの小さなものまで様々です。

【色別】アイリスの花言葉

白色のアイリス

アイリスには様々な色の種類が存在しています。
それでは、アイリスの花色別の花言葉をご紹介していきます。

白色のアイリスの花言葉

『友情』『便り』

青色のアイリスの花言葉

『信念』『強い希望』

紫色のアイリスの花言葉

『知恵』『雄弁』

【種類や品種別】アイリスの花言葉

キショウブ(黄菖蒲)

アイリスはアヤメ科の植物の総称で、アイリスに含まれる品種は実に200種類も存在しています。
日本には現在9種類のアイリスがありますが、世界にはまだ日本で見たことのない品種が約190種類もあると考えられますね。
それでは、アイリスの種類とその品種の花言葉をご紹介していきましょう。

ジャーマンアイリス(ドイツアヤメ)

花言葉=『情熱』『燃えるような愛』
庭に地植えをすることが多く、黄色、白色、青色、紫色などの花を咲かせます。
アイリスの種類の中でも華やかな品種で、見た目も香りも良いのが特徴です。

ダッチアイリス(阿蘭陀アイリス)

花言葉=『吉報』『和解』『あなたにすべてを賭ける』
オランダで品種改良された品種で、“ダッチ”というのはオランダの古い呼び方です。
黄色や白色、紫色などの花を咲かせ、草丈が高いので切り花としても用いられています。

ハナショウブ(花菖蒲)

花言葉=『吉報』『優雅』『優しい心』
江戸時代から園芸用として好まれてきた品種で、真ん中に黄色い線が入った紫色の花を咲かせます。

カキツバタ(杜若、燕子花)

花言葉=『幸せは必ず来る』
「いずれアヤメかカキツバタ」という言葉がありますが、これは 「どちらも優劣つけ難いほど優れている」と言う意味の言葉です。
それほどアヤメとカキツバタは見た目が似ているのですが、アヤメは乾燥を好み、カキツバタは湿ったところを好みます。

アヤメ(文目)

花言葉=『気まぐれ』『優雅』
日本では代表的な花で、花弁の真ん中に網のような模様があることから『文目』と名付けられたと言われています。

イチハツ(一初)

花言葉=『知恵』
原産地は中国で、日本に入ってきたのは室町時代だったと言われています。
真ん中に白いトサカ状のヒラヒラがあり、青紫色の花を咲かせます。

キショウブ(黄菖蒲)

花言葉=『友情』『便り』
別名『イエロー・アイリス』とも呼ばれており、黄色い花を咲かせます。
キショウブは海外から入ってきて日本に根付いた帰化種で、非常に丈夫で強い品種です。

シャガ

花言葉=『決心』
原産地は中国で、淡い紫色の花を咲かせます。
非常に丈夫で強い品種で、外側の花弁に青紫色と黄色の斑点模様が入っています。

【英語名】アイリスの花言葉

アイリスは英名は『Iris』で、学名を『Iris sanguinea(文目)』や『Iris ensata(花菖蒲)』、『Iris laevigata(カキツバタ)』などと言います。

英語の花言葉

『message(メッセージ)』意味は「伝言・メッセージ」

『hope(ホープ)』意味は「希望」

『faith(フェイス)』意味は「信頼」

『friendship(フレンドシップ)』意味は「友情」

『wisdom(ウィスドム)』意味は「知恵・賢さ」

などがあります。

アイリスの季節や開花時期

アイリスは春から初夏に花を咲かせます。
開花時期は5月~6月で、花持ちは2~3日程度です。
酸性の土は苦手で、水はけの良い土を好みます。
地植えでも鉢植えでも育てることができますが、いずれも土の作り方に注意が必要です。
乾燥を好み、湿気を嫌うため、湿度に気を付ける必要がありますね。
また陽当たりの良いところを好みますので、陽が当たらない場所は避けた方が良いでしょう。

アイリスの誕生花

アイリスが誕生花になっている月日は下記の通りとなっています。

3月5日
3月18日
3月28日
・4月10日
・4月11日
・4月17日
・5月2日
・5月3日
・5月6日
・5月10日
・5月14日
・6月6日

関連リンク

【無料】当たると評判のLINEトーク占いが話題!

LINEトーク占い

LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。

LINEトーク占い

LINEトーク占いには、1000人を超える占い師が待機。

しかも実力のある占い師ばかりで、本格的な鑑定が体験できるのです。

例えば、名古屋の人気占いサロン「即應翠蓮」の翠蓮先生や、福岡で口コミで話題の、かのうみくる先生など、人気の先生に鑑定してもらえます。

初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?

LINEトーク占いでよく当たる相談内容は…
・相手の本音や気持ち。私のこと好き?
・今から3ヶ月以内に起こる奇跡や出会い。
・私のことを好きな人はあの人。
・私はあの人とお付き合いできる?
・運命の人はだれ?もう出会ってる?
10分間無料のトーク占いはこちら

千里眼

おすすめの記事