ケイトウの花言葉とは?意味や由来、種類、英語名の花言葉もご紹介!

ケイトウの花言葉と由来

『ケイトウ』はヒユ科ケイトウ属の植物で、和名は『鶏頭(ケイトウ)』と言い、別名『鶏冠花(ケイカンカ)』『韓藍(カラアイ)』『セロシア』とも呼ばれています。
原産地はアジアやアフリカの熱帯地方で、花色は赤色、ピンク色、オレンジ色、黄色、白色などがあります。
ケイトウは夏~秋にかけて花を咲かせ、花姿はまるでニワトリのトサカのようです。
和名の『鶏頭(ケイトウ)』は、その花姿に由来して付けられたと言われています。
また、ケイトウ属の学名は『Celosia(セロシア)』と言いますが、これは花色が燃えるような赤色であることからギリシア語の『keleos(燃えた)』が語源となっているとされています。
それでは、そんなケイトウの花言葉をご紹介しましょう。

ケイトウの花言葉

・おしゃれ
・気取り
・風変わり

などがあります。

【英語名】花言葉はこちら>>

ケイトウの花言葉の由来

花言葉『おしゃれ』『気取り』は、花名の由来にもなっているニワトリのトサカによく似た花姿に由来していると言われています。
また、『風変わり』は、以前はケイトウに花言葉がなかったことから、風変わりな花であると言われ、そのことが由来となっているようです。

ケイトウの特徴

ケイトウは日本では花が終わると枯れてしまうため1年草として扱われていますが、実は元々原産地では多年草でした。
草丈は10cm~200cmと小さなものから大きなものまであり、花色は赤色、黄色、オレンジ色、ピンク色などがあります。
日本に入ってきたのは奈良時代で、中国を経由したと言われています。
日本では昔から親しまれてきた植物で、現在も人気のある品種ですね。
大きな特徴として、花姿がニワトリのトサカに似ていることが挙げられますが、このことは日本だけではないようです。
英語名は『Cockscomb』と言い、「雄鶏のトサカ」という意味があります。
原産地が熱帯地域であることから暑さには強く、ただし寒さには弱いので日本で越冬することは困難です。
東南アジアでは花と葉が食用とされており、日本でも食用として扱われていた時期があったそうです。

ケイトウの色別の花言葉はあるの?

ケイトウの花には、赤色、黄色、オレンジ色、ピンク色など様々な色鮮やかな花色が存在しています。
しかしこれだけ鮮やかで様々な花色が存在していながら、色別の花言葉は現在は存在していないようです。

【英語名】ケイトウの花言葉

ケイトウは英名は『Cockscomb(コックスコーム)』と呼ばれており、『雄鶏のトサカ』という意味があります。
また、学名は『Celosia cristata』と言います。

英語の花言葉

『foppery(ファパリィ)』意味は「(男性の)おしゃれ」

『affectation(アッフェクテーション)』意味は「気取り」

『singularity(シングラリティ―)』意味は「風変わり」

などがあります。

ケイトの種類

ケイトの種類

ケイトウは花穂の形によって4つの系統に分けられます。
それでは、4つの系統についてお話ししますね。

トサカケイトウ(鶏冠ケイトウ)

いわゆるケイトウの品種で、昔から馴染みのあるケイトウらしいタイプです。
ニワトリのトサカよく似ているのが特徴で、花穂の下が平らな扇状に広がっています。

クルメケイトウ(久留米けいとう)

トサカ部分が球状になっており、表面に柔らかい毛が生えておりフェルト生地のようです。

ウモウケイトウ(羽毛ケイトウ)

ふさふさとした羽毛状の花で、花姿は円錐形をしています。
草丈の低い品種があります。

ヤリケイトウ(槍ケイトウ)

房の先が槍のように尖っており、花姿は円錐形となっています。
八千代ケイトウなどがあります。

ケイトウの季節や開花時期

ケイトウは夏~秋にかけて花を咲かせ、開花時期は7月~11月となっています。
花屋やホームセンターには5月~11月に出回り、花持ち期間は5日~7日ほどになっています。
地植えでも鉢植えでも楽しむことができ、切り花としても利用されています。
また、乾燥しても色味が変わらないため、ドライフラワーとして楽しむことも可能です。
ケイトウの形状はニワトリのトサカによく似ていますが、炎のようにも見えますね。
色鮮やかな花色は花壇を美しく彩り、昔から多くの方に好まれていた馴染みのある花ではないでしょうか。
昔は草染めとしても利用されており、韓藍(カラアイ)と呼ばれていたこともあるそうです。
栽培する場合は、ケイトウは移植が苦手ですので直蒔きするとよく育ちます。
種は嫌光性ですので、日当たりの良い場所では発芽させることができません。
また、ケイトウはしっかり根が張るまでは乾燥させないようにしなければいけません。
苗が小さいうちは、土が乾燥していなくても水やりを行うようにします。
苗を植えてから数週間もすれば根が張りますので、根付いたら土の表面が乾いたら十分に水を与えるようにすれば良いでしょう。
培養土の場合は花が咲き始めたら10日に1度薄めた液体肥料を施し、肥料ナシの土を使った場合は緩効性化成肥料を与えると良いですね。

ケイトウの誕生花

ケイトウが誕生花となっている月日は下記の通りとなっています。

・8月24日
・8月29日
・9月5日

関連リンク

千里眼