ネリネ(ダイヤモンドリリー)の花言葉とは?意味や由来、種類、英語名などをご紹介!

ネリネ(ダイヤモンドリリー)の花言葉と由来

『ネリネ』はヒガンバナ科ネリネ属の植物で、和名は『ネリネ』、別名『ダイヤモンドリリー』とも呼ばれています。
原産地は南アフリカで、花色は赤色、ピンク色、白色、青色、紫色、黄色、オレンジ色などがあります。
秋~冬にかけて花を咲かせますが、1年中出回っていますのでいつでも買い求めることができるでしょう。
ネリネ属の学名は『Nerine(ネリネ)』と言いますが、これはギリシア神話の美しい水の妖精ネーレーイスの名前が語源となっているとされています。
また、別名の『ダイヤモンドリリー』という名前は、花に陽が当たったときに宝石のようにキラキラ輝くことに由来して付けられた名前だと言われています。
それでは、そんなネリネの花言葉をご紹介していきましょう。

ネリネの花言葉

・また会う日を楽しみに
・忍耐
・箱入り娘

などがあります。

ネリネの花言葉の由来

花言葉『また会う日を楽しみに』『忍耐』『箱入り娘』は、“Nerine(ネリネ)”という属名の由来になった水の妖精ネーレーイスが不自由な生活であったことに由来していると言われています。
ネリネには、ネリネにまつわるギリシャ神話があります。
水の妖精『ネーレーイス』は、ギリシャ神話の海神『ネーレーウス』の娘たちを指しています。
50人とも100人とも言われる人数で、彼女等は皆、容姿が美しく華やかで、男たちはその姿に『また会う日を楽しみに』思ったということです。
そして彼女等は、いわゆる『箱入り娘』だったのです。
海底の父親の宮殿ではいつも黄金の椅子に座り、気ままに歌を歌い、踊り、糸を紡いで過ごしていたそうです。
そんな生活は彼女等にとってとても不自由で、『忍耐』の毎日だったと言われています。
父親の監視下で生活することに嫌気を感じて、幼い頃に自由に過ごした『幸せな思い出』を思い出しては、当時を懐かしんだとされています。

ネリネ(ダイヤモンドリリー)の特徴

ネリネは秋~冬に花を咲かせますが、球根植物ですので、夏の終わりに球根を植えます。
花姿はユリに似ており、可愛らしい花姿が大変人気を集めています。
花を咲かせたあとに後葉が伸び、春の終わりに葉が枯れて休眠期に入ります。
秋になると休眠期が終了して、また伸びて花を咲かせます。
ヒガンバナ科の半耐寒性球根のネリネは、草丈30cm~40cm程度で花茎の先に10~12輪の花を咲かせます。
花は5cm~6cmの大きさで、花弁は陽の光を浴びて輝き、咲く花の品種が少ない秋~冬に花を咲かせるため、非常に目を引き好まれます。
ヒガンバナに似ているため、『ヒメヒガンバナ(姫彼岸花)』とも呼ばれています。

ネリネ(ダイヤモンドリリー)の色別の花言葉はあるの?

ネリネには赤色やピンク色、白色、青色、紫色、黄色、オレンジ色などの花色が存在しています。
ユリによく似た花を咲かせ、可愛らしい花を花径の先にいくつも咲かせる非常に美しい品種です。
ただし、花色別の花言葉は現在のところ存在していないようです。

ネリネ(ダイヤモンドリリー)の種類

ネリネ ボーデニー

ネリネには様々な種類があり、30種類ほどが南アフリカを中心に自生しています。
それでは、ネリネのいくつかの種類をご紹介していきましょう。

サルニエンシス

多くの園芸品種の原種となっている品種で、ネリネの中でもよく知られている品種です。

ボーデニー

球根は春に植え、秋に花を咲かせます。
寒さに強い品種で、様々な変種が存在しています。

ウンズラータ(ウンデュラータ)

球根は春に植え、秋~冬に花を咲かせます。
比較的寒さに強く、丈夫な品種です。

コルカスメジャー

赤色が鮮やかで花弁はフリルになっており、豪華な印象がある品種です。
変種に『シルバーライト』という品種があり、ピンク色の花弁に白い筋が入り、可愛らしい品種です。

ネリネ(ダイヤモンドリリー)の英語名は?

ネリネ(ダイヤモンドリリー)の英名は『Nerine(ネリネ)』で、学名は『Nerine spp.』となります。

英語の花言葉は現在のところ存在していないようです。

ネリネ(ダイヤモンドリリー)の季節や開花時期

ネリネは秋~冬に花を咲かせ、開花時期は10月~12月です。
花屋やホームセンターなどでは1年中出回っていますので、いつでも入手が可能でしょう。
花持ちは7日程度で、赤色やピンク色、白色など花色の種類が非常に豊富です。
ネリネは陽当たりの良い場所を好み、夏は休眠しますので涼しく雨の当たらない場所で管理すると良いですね。
水を与え過ぎると球根が腐ってしまうので、花芽が出るまで乾燥気味に管理します。
蕾や葉が出てきたら土が乾いたら水をたっぷり与え、春に葉が黄色になったら水やりの回数を減らします。
そして6月~8月の休眠期間に入り葉が枯れたら、水やりをやめるようにします。
水やりの再会は9月を目安にすると良いでしょう。
病害虫には非常に強いので、心配する必要はありませんが、水の与え過ぎで球根が腐敗することがありますので注意が必要ですね。

ネリネ(ダイヤモンドリリー)の誕生花

ネリネが誕生花となっている月日は下記の通りとなっています。

10月13日
10月17日
11月25日

関連リンク

【無料】当たると評判のLINEトーク占いが話題!

LINEトーク占い

LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。

LINEトーク占いには、1000人を超える全国の人気占い師が集結!

実力のある占い師ばかりで、本格的な鑑定が体験できるのです。

例えば、名古屋の人気占いサロン即應翠蓮の「翠蓮先生」や、広島で2ヶ月の予約待ちになるほど人気のカリスマ占い師「蓮香先生」など、全国の人気占い師に鑑定してもらえます。

初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?

あなたの未来が今すぐに分かりますよ!

LINEトーク占いでよく当たる相談内容は…
・相手の本音や気持ち。私のこと好き?
・今から3ヶ月以内に起こる奇跡や出会い。
・私のことを好きな人はあの人。
・私はあの人とお付き合いできる?
・運命の人はだれ?もう出会ってる?
10分間無料のトーク占いはこちら

千里眼