杏(アンズ)の花言葉

杏(アンズ)の花言葉と由来

『杏』はバラ科サクラ属の植物で、和名は『杏・杏子(アンズ)』と言い、別名『唐桃(カラモモ)』『アプリコット』などとも呼ばれています。
原産地はヒマラヤ西部~フェルガナ盆地で、ピンク色や白色の花を咲かせます。
春に花を咲かせますが、3月~4月のより早い時期が開花時期となっています。
杏には実がなりますが、実をつけるのは初夏です。
サクラ属の学名は『Prunus(プラナス)』と言い、ラテン古名が語源となっているとされています。
また、中国では『杏』は木を指し、『子』は実を指しており、漢名の『杏子』から『アンズ』と呼ばれるようになったそうです。
寒さに強く比較的寒冷地でも育てることが可能な杏は、青森県が日本の生産量トップとなっており、2位は長野県となっています。
この両県を合わせて全国生産量の98%以上となります。
世界的には、アメリカのカリフォルニア州が生産地として有名です。
杏の言い伝えをご存知でしょうか。
中国には杏の言い伝えがあるのです。

中国の呉の国にいた董奉(とうほう)という医者は、貧乏な人からのお礼は受け取らず、代わりに軽症患者には杏を一株、重病患者には五株植えさせていました。
そして数年後には杏林ができ、その種子が杏仁(きょうにん)という漢方薬になったのです。
以来、中国では医者の敬称を『杏林』と言うようになったとされています。

それでは、そんな杏の花言葉をご紹介していきましょう。

杏の花言葉

・臆病な愛
・乙女のはにかみ
・疑い
・疑惑

などがあります。

【英語名】花言葉はこちら>>

杏の花言葉の由来

花言葉『乙女のはにかみ』は、桜よりも一足早くに花を咲かせ、その花姿がまるではにかむようなピンク色をしていることに由来していると言われています。

杏(アンズ)の特徴

『杏』という漢字は名前にも使われることがありますが、とても可愛らしい印象を受けますね。
杏は樹丈が5~10メートルあり、5枚の花弁は丸みがあります。
楕円形の葉は縁がギザギザしており、花は梅の花によく似ていますが、直立した樹木や幹の縦の筋などで見分けることが可能です。
杏の花は3月~4月に咲くと言われていますが、実はその年によって開花時期には変化があります。
と言うのも、杏は梅と桜の開花の間に花を咲かせるのです。

杏(アンズ)の色別の花言葉はあるの?

杏の花にはピンク色と白色の種類が存在しています。
いずれも可憐で美しく、花の形は梅によく似ています。
ただし、花色別の花言葉は現在のところ存在していません。

【英語名】杏(アンズ)の花言葉

杏は英名で『Apricot(アプリコット)』と呼ばれており、杏の花は『Apricot blossom(アプリコットブロッサム)』と呼ばれています。
また、学名は『Prunus armeniaca』と言います。

英語の花言葉

『timid love(ティミドゥラブ)』意味は「臆病な愛」

『doubt(ダブドゥ)』意味は「疑い」

『distrust(ディストラスト)』意味は「疑惑」

などがあります。

杏(アンズ)の種類

杏 ハーコット

杏は大きく分けると2種類の系統があり、東洋系と西洋系と呼ばれます。
東洋系はアジア系、西洋系はヨーロッパ系です。
それでは、杏の種類を東洋系と西洋系に分けてご紹介していきましょう。

東洋系

平和(へいわ)

日本の代表的な品種で、大正時代に長野県の杏園で偶然発見された純粋な品種です。

昭和(しょうわ)

こちらも長野県の杏園で偶然発見された品種で、昭和15年頃に発見されたことから昭和と名付けられたそうです。

新潟大実(にいがたおおみ)

昭和初期から生産されている新潟県原産の純粋品種です。

信州大実(しんしゅうおおみ)

長野県で開発された品種で、親品種は不明となっています。

山形3号(やまがたさんごう)

山形県原産の純粋品種で、昭和初期から長野県で生産されています。

幸福丸(こうふくまる)

東洋系と西洋系の両方がある果樹園で、自然交雑で生まれた品種です。

信陽(しんよう)

長野県農業関係試験場にて開発された品種で、親品種は『山形3号』『甚四郎』です。

さつき

長野県の杏園で交配されて誕生した品種だと言われています。

八助(はちすけ)

昔から青森県や岩手県に自生しており、山形県の杏園で育てられて登録された品種です。
青森県の県南地方では「ウメ」と呼ばれています。

西洋系

ハーコット

カナダ生まれの生食用に品種改良された品種です。

サニーコット (おひさまコット)

日本の品種で生で食べられる甘さがあり、量産しやすい杏として品種改良を重ね完成した品種です。
親品種は『アンズ筑波5号』『ハーコット』です。

杏(アンズ)の季節や開花時期

杏は春に花を咲かせる植物で、開花時期は3月~4月です。
花持ちは3日程度で、実の収穫は初夏で6月~7月頃となっています。
杏を育てる場合は、落葉期の冬に伸びすぎた枝を切る間引き選定を忘れてはいけません。
枝を間引くことで新しい枝が伸び、花を咲かせることができますし、風通しが良くなるので結実しやすくなるでしょう。
地植えでも鉢植えでも育てることができますが、花が終わった後には摘果して実の数を調整し、肥料は忘れずに与えましょう。

杏(アンズ)の誕生花

杏が誕生花となっている月日は下記の通りとなっています。

2月23日
3月1日
4月12日
10月2日

関連リンク

千里眼