銀杏(イチョウ)の花言葉

銀杏(イチョウ)の花言葉と由来

『イチョウ』はイチョウ科イチョウ属の植物で、和名は『銀杏(イチョウ)』ですが、同じイチョウの読み方で『公孫樹』『鴨脚樹』と書くこともあります。
原産地は中国で、春に黄色の花を咲かせて、秋に黄葉します。
葉は緑色から黄色に色を変え、秋を彩る代表的な樹木でもあります。
イチョウの学名は『Ginkgo(ギンコウ)』と言いますが、これは和名の『銀杏(ぎんなん)』の音読みである『ギンキョウ』が語源となっていると言われています。
また、イチョウの葉はお茶としても用いられており、健康茶として人気があります。
イチョウの葉茶の効能は、痴呆症や脳梗塞などの予防、記憶力低下の予防、アトピー性皮膚炎の改善、高血圧や糖尿病予防、便秘解消などがあるとされています。
それでは、そんなイチョウの花言葉をご紹介していきましょう。

銀杏(イチョウ)の花言葉

・荘厳
・長寿
・鎮魂

などがあります。

銀杏(イチョウ)の花言葉の由来

花言葉『荘厳』『長寿』は、イチョウの樹木が長寿であることに由来して付けられたと言われています。
イチョウは樹齢1000年以上のものもあり、その樹木の姿はまさい『荘厳』な雰囲気を持っており、そのことに由来して花言葉は付けられたとされています。

銀杏(イチョウ)の特徴

イチョウは非常に長寿な樹木で、全国には天然記念物として指定されている古木もたくさんあります。
葉が落葉する落葉樹で、葉の形から広葉樹だと思われがちですが分類上は針葉樹です。
かつてはイチョウの葉も細い形状だったと言われており、進化の過程で現在のような可愛らしい扇型になったとされています。
古代から生育されていたイチョウですが、現在日本にある品種は古代種とは違う性質を持っています。
春には黄色の花を咲かせ、秋には緑色の葉を黄色に染めます。
その美しい黄葉した葉は秋を彩り、人々に秋の気配を感じさせますね。
その美しさは観賞用としての需要を高め、全国で街路樹として植えられ、公園や学校などにも植えられていますね。
また、イチョウの木は雄株と雌株が分かれている雌雄異株で、雄も雌も花を咲かせますが、受粉後に実を付けるのは雌株だけです。
雄株の役割は開花後に雌株に受粉させることで、雌株の役割は受粉後にイチョウの実を付けて種を育てることだそうです。
ですからイチョウの木は、雄と雌が揃っていなければ増やすことができないということですね。
ただし、近くに雄と雌が揃っていなくても、風で花粉が運ばれてくるので多少離れていても受粉は可能です。
そしてイチョウの実“銀杏(ギンナン)”は独特な臭いがするため、庭木にするなら雌株よりも雄株が良いとも言われています。

銀杏(イチョウ)の種類

オハツキイチョウ

イチョウには様々な種類があり、ほとんどが変種です。
イチョウ科の樹木は約2億年前から存在しており、原始的な性質を保持している貴重な樹木です。
それでは、ここではイチョウの種類をいくつかご紹介していきましょう。

オハツキイチョウ

イチョウの変種。
葉の上に緑色の実を付けることから『実付きイチョウ』とも呼ばれており、全国に20本ほどしか存在していないそうです。
千葉県薬王寺の竹岡のオハツキイチョウは、県の文化財に指定されています。

フイリイチョウ

葉に筋状の白やクリーム色の斑がある突然変異種で、斑の入り方に決まりはなく個体差があります。

シダレイチョウ

園芸品種で、枝が垂れ下がる品種であることから『シダレイチョウ』という名前が付けられたと言われています。

オチョコバイチョウ

お猪口のような形で、葉の両端がくっついています。

チチイチョウ

気根の形が女性の乳房に似ており、お乳が出ない女性の信仰を集めています。

銀杏(イチョウ)の英語名は?

イチョウは英名で『Ginkgo(ギンコウ)』『Maidenhair Tree(メイドゥンヘアートゥリー)』などと呼ばれており、学名は『Ginkgo biloba』と言います。

英語の花言葉は現在は存在していないようです。

銀杏(イチョウ)の季節や開花時期

イチョウは春に花を咲かせて、秋に黄葉します。
開花時期は4月~5月で、黄葉時期は10月~12月です。
イチョウは育てやすく、どんな環境でもそれほど問題はありませんが、乾燥しすぎる場所での生育は向いていません。
手を加えずに自然な樹姿のままでいるのが美しいと言われており、まとまりも良いですが、そのままでは大きくなりすぎてスペースの問題が発生することもあります。
その場合は『武者立ち』に剪定すると良いでしょう。

武者立ち

①樹芯を切る
②幹から出ている太い枝を切り詰める
③枝脇から芽吹いた小枝を翌冬に短く切り戻す
④毎年、枝の脇から伸びた枝を短く切り戻す

この方法だと、枝数を増やすことができるため、低い樹高でもボリュームある形を形成することができます。

イチョウは陽当たりの良い場所を好みますので、日向で管理すると良いでしょう。
また、鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷり水を与え、地植えの場合は根付いたら水やりの必要はありません。

銀杏(イチョウ)の誕生花

イチョウが誕生花となっている月日は下記の通りとなっています。

10月26日
11月21日

関連リンク

【無料】当たると評判のLINEトーク占いが話題!

LINEトーク占い

LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。

LINEトーク占いには、1000人を超える全国の人気占い師が集結!

実力のある占い師ばかりで、本格的な鑑定が体験できるのです。

例えば、名古屋の人気占いサロン即應翠蓮の「翠蓮先生」や、広島で2ヶ月の予約待ちになるほど人気のカリスマ占い師「蓮香先生」など、全国の人気占い師に鑑定してもらえます。

初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?

あなたの未来が今すぐに分かりますよ!

LINEトーク占いでよく当たる相談内容は…
・相手の本音や気持ち。私のこと好き?
・今から3ヶ月以内に起こる奇跡や出会い。
・私のことを好きな人はあの人。
・私はあの人とお付き合いできる?
・運命の人はだれ?もう出会ってる?
10分間無料のトーク占いはこちら

千里眼