月見草の花言葉

月見草(ツキミソウ)の花言葉と由来

『月見草』はアカバナ科マツヨイグサ属の植物で、和名は『月見草(ツキミソウ)』、別名『シロバナヨルザキツキミソウ(白花夜咲月見草)』とも呼ばれます。
原産地はメキシコで、花色は白色やピンク色です。
月見草は夏の夕方にひっそりと、人目を避けるように花を咲かせます。
マツヨイグサ属の学名は『Oenothera(オエノセラ)』と言い、これはギリシア語の『oinos(ブドウ酒)』と『ther(野獣)』が語源となっていると言われています。
月見草は根がブドウ酒のような香りがして、野獣が好んだとされています。
月見草(ツキミソウ)という名前は、月が現れる時間帯にひっそりと花を咲かせることに由来します。
それでは、そんな月見草の花言葉をご紹介しますね。

月見草(ツキミソウ)の花言葉

・無言の愛情
・移り気

などがあります。

【英語名】花言葉はこちら>>

月見草(ツキミソウ)の花言葉の由来

花言葉『無言の愛情』は、月見草が夏の夕方にひっそりと人目を避けるようにして花を咲かせることに由来して付けられたと言われています。
また、『移り気』は、白い花が咲いた翌朝に萎んでしまい、萎むころに色が薄いピンク色に変化することに由来しています。

月見草(ツキミソウ)の特徴

月見草の特徴と言えば、何と言っても人目を避けるようにひっそりと花を咲かせるところですね。
夏の夕方に白い花を咲かせ、翌朝には花を萎ませてしまうたった1日しか花を見ることができない植物です。
ですから、気付かなければ萎んだ状態で見ることになってしまいますね。
また、花を咲かせるときには白色の花なのに、花を萎ませるころにはピンク色に変化していることも大きな特徴です。
夜に花を咲かせることから『月見草』という名前が付いたのですが、最近は性質が弱い月見草は姿を消し、マツヨイグサが月見草名前でも呼ばれるようになりました。
月見草は比較的難しくない植物ですので、初心者の方にもおすすめできる植物です。
花が一晩しか咲かないロマンチックな花ですが、最近では品種改良で昼間に咲く品種も出回っています。
可愛らしい花ですので、長く花を観賞したい方には昼咲きの品種がおすすめです。
鉢植えでも地植えでも育てることができますが、陽当たりと風通しの良い場所でなければ、キレイに花を咲かせることができないこともあります。
種でも株でも売られていますが、初めての方は株から育てた方が育てやすいでしょう。

月見草(ツキミソウ)の色別の花言葉はあるの?

月見草は白色やピンク色の花を咲かせます。
しかし現在のところ、花色別の花言葉は存在していないようです。

【英語名】月見草(ツキミソウ)の花言葉

月見草は英名で『Evening primrose(イブニングプリムローズ)』と呼ばれており、学名は『Oenothera tetraptera』と言います。
『Evening primrose(イブニングプリムローズ)』は夜咲きの品種、昼咲きの品種は『Sundrops(サンドロップス)』と呼ばれています。

英語の花言葉

『mute devotion(ミュートデボーション)』意味は「無言の愛情」

『inconstancy(インコンスタンシー)』意味は「移り気」

などがあります。

月見草(ツキミソウ)の種類

マツヨイグサ

アカバナ科マツヨイグサ属の植物は非常に種類が多くあります。
それでは、アカバナ科マツヨイグサ属の種類をいくつかご紹介しますね。

マツヨイグサ

夕方に黄色の花を咲かせ、朝方に花が赤くなって萎みます。

オオマツヨイグサ

花も葉も大きく、6㎝~8cm程度の黄色の花を咲かせます。

メマツヨイグサ

先が尖った2cm~4cm程度の小さな葉を持ち、黄色い花を咲かせます。

ユウゲショウ

赤い花を咲かせるアカバナ科マツヨイグサ属はユウゲショウ(夕化粧)と呼ばれます。

ツキミソウ

白色の花を夕方に咲かせ、朝には花弁の縁から徐々にピンク色に変化し萎んでいきます。

ヒルザキツキミソウ

月見草の中では珍しく、昼でも花が咲いている品種です。
花は夕方から咲きますが、朝になっても枯れることなく咲き続けます。

月見草(ツキミソウ)の季節や開花時期

月見草は初夏~初秋に花を咲かせ、開花時期は6月~9月です。
花持ちは1日で、花が萎む頃には花色が変化しています。
花屋やホームセンターなどに出回る時期は6月~9月ですが、最盛期は7月です。
陽当たりと風通しが良い場所を好み、寒さにも暑さにも強いので育てやすいでしょう。
野生のマツヨイグサ属の植物は、砂漠などに自生しています。
地植えでも鉢植えでも育ちますが、水はけが良い土に植えるようにしましょう。
鉢植えの場合は土が乾いたらたっぷりと水を与えますが、地植えの場合は水やりは必要ありません。
ただし、気候などにより極端に土が乾燥している場合はたっぷり水を与えてください。
水の与えすぎは根腐れの原因となるため、注意が必要です。
また、植え替えで根が傷むことがありますので、土ごと一回り大きな鉢に植え替えることをおすすめします。

月見草(ツキミソウ)の誕生花

月見草が誕生花となっている月日は下記の通りとなっています。

6月21日
8月30日

関連リンク

千里眼