アカシアの花言葉

アカシアの花言葉と由来

『アカシア』はマメ科アカシア属の植物で、和名では『アカシア』と呼ばれており、別名『ミモザ』とも呼ばれています。
原産地はオーストラリアで、花色はオレンジ色・黄色・白色などがあります。
春に花を咲かせる植物で、桜よりも早い時期に花を咲かせます。
花姿はとても優雅で、花を見つけて立ち止まったことがある方も少なくないでしょう。
花名の『アカシア』は、小枝に刺のある種類が多いことから、『akazo(刺がある)』というギリシャ語に由来して付けられたと言われています。
また、ミモザという別名は、本来はオジギソウ属を指す植物名ですが、アカシアの仲間のフサアカシアの葉がオジギソウによく似ていることに由来しているとされています。
さらに『フサアカシア』という花名は花が房のように咲くことに由来しており、『プルプレア』はラテン語の『紫』という意味で、『パールアカシア』は葉が丸い形をしており、真珠のように見えることから付けられたと言われています。
それでは、そんなアカシアの花言葉をご紹介していきましょう。

アカシアの花言葉

・優雅
・友情

などがあります。

【色別】花言葉はこちら>>
【英語名】花言葉はこちら>>

アカシアの花言葉の由来

花言葉『優雅』は、アカシアの花姿に由来して付けられたと言われています。
見た目がとても優雅で、見惚れてしまうこともあるでしょう。

アカシアの特徴

アカシアは世界中の熱帯地域や暖帯地域、温帯地域などに生息しています。
1300種類以上もの品種があり、有名な品種としてはオーストラリア産のアカシアが挙げられるでしょう。
フランスではフサアカシアを『ミモザ(Mimosa)』と呼び、南フランスの沿岸地帯に自生しています。
南フランスのミモザもオーストラリア原産のもので、19世紀にフランスに入って来たとされています。
リベエラ海岸一帯の風土に合っていたこともあって、カンヌ付近の代表花になっているということで、カンヌには有名な『ミモザ祭り』がありますね。
また、3月8日は国連が定めた『国際女性デー』で、男性が感謝を込めて母親や妻、女性の友人や同僚などにミモザを贈る風習があるそうで、ミモザの日と言われています。

【色別】アカシアの花言葉

【色別】アカシアの花言葉

アカシアにはオレンジ色や黄色、白色などの花色が存在しています。
その中でも黄色とオレンジ色の花に色別の花言葉が付いています。
それでは、花色別の花言葉をご紹介していきますね。

黄色のアカシアの花言葉

『秘密の恋』

オレンジ色のアカシアの花言葉

『エレガンス』『上品』

【英語名】アカシアの花言葉

アカシアは英名で『Acasia(アカシア)』『Mimosa(ミモザ)』と呼ばれており、学名は『Acasia』と言います。

英語の花言葉

『secret love(シークレットラブ)』意味は「秘密の恋」

『sensitivity(センシティビティー)』意味は「感受性・思いやり」

などがあります。

アカシアの種類

アカシアの種類

『アカシア』には1300種類を超える品種が存在しています。
ここでは、その中からいくつかの品種をご紹介しますね。

ギンヨウアカシア

日本で最も出回っている品種で、『ギンヨウ』は『銀葉』を指しており、葉色はシルバーに近い緑色をしています。
公園や学校などに植えているのを見たことがあるのではないでしょうか。
庭木としても非常に人気があり、日本で言う所謂『アカシア』と言えばこの品種です。

フサアカシア

甘い香りが特徴的な品種で、葉は明るい緑色をしています。
花色の黄色と葉の緑色のコントラストが非常に美しく、切り花としても人気があります。
他のアカシアと比べると樹丈が高く、大きく育てたくない場合は剪定すればOKです。

サンカクバアカシア

その名の通り、三角形の葉が特徴的な品種です。
変わった葉をしているので観賞用として楽しむことができ、花が咲いていなくても楽しめます。
寒さに強いので寒い地域でも生育することができ、庭の目隠しとしておすすめです。

ブルーブッシュ

ギンヨウアカシアの一種で、葉の色は青みがかったシルバーブルーで葉が大きめなのが特徴です。
枝が真っ直ぐで樹の全体像が美しく、シンボルツリーとして人気があります。
ただし、寒さにはあまり強くないので、寒い地域で育てる場合は鉢植えにした方が良いでしょう。

デアネイ

アカシアは春に花を咲かせますが、デアネイは初夏に花を咲かせます。
開花時期は5月~7月で、一般的なアカシアとは開花時期がズレるので、“四季咲きミモザ”とも呼ばれています。
フサアカシアと葉の形や色が似ており、樹丈は低めです。
寒さに弱いため、寒い地域では鉢植えにすることをおすすめします。

アカシアとミモザの違いは?

『アカシア』と『ミモザ』を同じ種類だと思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。
しかし元々は日本で『ミモザ』は『オジギソウ』のことでした。
しかし『アカシア』が日本に入ってきたころ、アカシアの葉の形がオジギソウに似ていることから『ミモザアカシア』と呼ばれており、これが『ミモザ』と『アカシア』を同一のものと認識する理由となっているようです。
『アカシア』を『ミモザ』と呼ぶのは間違いではありませんが、正式名称ではないのです。
覚えておくと良いですね。

アカシアの季節や開花時期

アカシアは冬から春にかけて花を咲かせ、開花時期は2月~4月です。
花屋やホームセンターなどに出回るのは12月~3月で、花持ち期間は7日程度です。
ただし、一つ一つの花は1日しか持ちません。
陽当たり・水はけが良い場所を好み、乾燥を好みますので水の与え過ぎに注意が必要です。
地植えの場合は植え付け~根を張るまでは水やりが必要ですが、根を張ったら降雨だけで十分です。
鉢植えの場合は土が乾いたらたっぷり水を与え、夏場は水枯れしないようにしなければいけません。

アカシアの誕生花

アカシアが誕生花となっている月日は下記の通りとなっています。

2月14日
4月9日

関連リンク

千里眼