バーベナの花言葉

バーベナの花言葉と由来

『バーベナ』はクマツヅラ科クマツヅラ属の植物で、和名は『バーベナ』と言い、別名『美女桜(ビジョザクラ)』とも呼ばれています。
『美女桜(ビジョザクラ)』と言われるだけあって桜に似た花姿をしており、小さな花がいくつも集まって丸い形を作り、全体像は美女に例えられるに相応しい立ち姿をしています。
原産地はアメリカ大陸の熱帯地域~温帯地域で、花色は赤色・白色・ピンク色・紫色・青色・オレンジ色・黄色など、非常に多彩です。
初夏には花を咲かせ始め、秋ごろまで楽しむことができます。
クマツヅラ属は学名『Verbena(バーベナ)』と言いますが、これは『herbabona(よい植物)』というヘブライ語が語源となっていると言われています。
それでは、そんなバーベナの花言葉をご紹介していきましょう。

バーベナの花言葉

・魔力
・魅力

などがあります。

【色別】花言葉はこちら>>
【英語名】花言葉はこちら>>

バーベナの花言葉の由来

アメリカ大陸の先住民の間では、バーベナは神聖な花として扱われており、シャーマンや魔術師の呪術に使われていたとされています。
また、古代エジプトでは女神イシスに捧げる花として使われていたという逸話もあるそうです。
つまり、バーベナは様々な国で神聖な花として扱われてきた植物で、また薬草としての効果も利用されてきたようです。
そのようなことから、花言葉『魔力』『魅力』が付けられたと言われています。

バーベナの特徴

バーベナは、茎の先端にサクラソウに似た花を半球状に丸く咲かせる植物です。
細い茎は枝分かれし、先端には5枚の花弁から成る小さな花が半球状に花を咲かせます。
半球の外側から花を咲かせていくので、上から見るとドーナツの形にも見えるでしょう。
一般的に出回っているのは交配種ですが、その中でも一年草と多年草が存在しています。
寒さに弱く越冬できない品種で、種で増やす品種は一年草、寒さにも暑さにも強く、冬も夏も越すことが難しくない品種は多年草として扱われています。
花色が豊富で、ピンク色や赤色、白色・紫色・青色・オレンジ色・黄色など、非常に多彩でカラフルです。
葉はコスモスの葉に似て細かい羽状に切れ込みがあるもの、葉に切れ込みがないものがあり、寄せ植えなどに向いています。
一年草は草丈が低くてほふく性があり、地面を這うように茎を広下ていきますが、稀に草丈が1m以上になる品種もあります。
開花期間が長く、初夏には咲き始め、次々と花を咲かせて秋ごろまで楽しむことができます。

【色別】バーベナの花言葉

白色のバーベナ

先述にもありますように、バーベナは非常に花色の種類が多く、多彩でカラフルな植物です。
それでは、ここではバーベナの花色別の花言葉をご紹介していきますね。

赤色のバーベナの花言葉

『団結』

白色のバーベナの花言葉

『私のために祈ってください』

ピンク色のバーベナの花言葉

『家族の和合』

紫色のバーベナの花言葉

『私はあなたに同情します』『後悔』

 

バーベナは半球状に小さな花が集まって花を咲かせます。
花を咲かせるときには外側から順番に咲いていくため、上から見るとドーナツの形に見えるでしょう。
その花の輪が人々の結び付きシンボルであるとされており、赤色のバーベナの花言葉『団結』や、ピンク色のバーベナの花言葉『家族の和合』などが付けられたと言われています。

【英語名】バーベナの花言葉

バーベナは英名で『Verbena(バーベナ)』と綴り、学名は『Verbena spp.』と言います。

英語の花言葉

『enchantment(インチャントメント)』意味は「魔力・魅力」

『sensibility(センシビリティー)』意味は「感受性」

などがあります。

バーベナの種類

花手毬

バーベナにはたくさんの種類がありますが、改良品種は花付きが良く、多年草として扱われている品種も丈夫で育てやすいでしょう。
それでは、バーベナの種類をいくつかご紹介していきましょう。

花手毬

花色は濃い色合いをしているものが多く、暑さに強い品種です。
管理次第で、暖かい地域では冬越しすることが可能ですが、一般的には一年草として扱われています。

タピアン

花色は淡いものが多く、葉は羽状で繊細です。
一年草として扱われています。

バーベナ・ボナリエンシス(V. bonariensis)

多年草の高性バーベナで、比較的暑さに強く、水はけが良い土地であれば地植えが可能です。
花に蜜が多く、蝶が集まってくるでしょう。

ロリポップ

ボナリエンシスの矮性品種で、草丈50cm程度の品種です。
普通種と比較すると花序が大きめです。

バーベナ・ハスタータ(V. hastata)

北アメリカ原産の多年草のバーベナで、大型のものです。
花は小さめで、花色は紫色ですが白色のものもあります。

バーベナの季節や開花時期

バーベナは初夏から秋にかけて長期に渡って花を咲かせ、開花時期は5月~10月となっています。
花屋やホームセンターなどに出回るのは3月~9月で、花持ちは咲き始めて7日程度ですが、次々と花を咲かせるので長期に渡って花を楽しむことができます。
一年草のものと多年草のものがあり、花色は赤色・白色・ピンク色・紫色・青色・オレンジ色・黄色など非常に多彩です。

バーベナの誕生花

バーベナが誕生花となっている月日は下記の通りとなっています。

6月24日
7月18日

関連リンク

千里眼