ヤグルマギクの花言葉

ヤグルマギク(矢車菊)の花言葉と由来

『ヤグルマギク』はキク科ヤグルマギク属の植物で、和名では『矢車菊(ヤグルマギク)』と呼ばれており、別名『矢車草(ヤグルマソウ)』とも呼ばれています。
原産地はヨーロッパで、青色・紫色・ピンク色・白色・赤色など、様々な花色が存在しています。
ヤグルマギク属の学名は『Centaurea(セントーレア)』と言いますが、これはギリシア神話に出てくるの半人半馬のケンタウロス(Centaur)が語源となっていると言われています。
ケンタウロス族の賢者ケイローンは、この植物を薬草として利用していたと言われており、そのことが由来して『Centaurea(セントーレア)』という属名が付けられたとされています。
また、和名の『矢車菊(ヤグルマギク)』は、端午の節句(5月5日)が近付くと花を咲かせて、花姿が鯉のぼりの矢車に似ていることに由来して付けられた名前だと言われています。
別名『矢車草(ヤグルマソウ)』とも呼ばれていますが、ユキノシタ科にも『ヤグルマソウ』という植物があるため、通常は『矢車菊(ヤグルマギク)』と呼ばれています。
春から初夏にかけて花を咲かせるヤグルマギクは、ドイツの国花にもなっています。
“ナポレオン・ボナパルト”がプロイセンに攻め入った際、ベルリンを逃れたプロイセンの“ルイーゼ王妃”は子どもたちと共に麦畑に隠れました。
そしてルイーゼ王妃は、子どもたちを慰めるためにヤグルマギクで花冠を作ってあげたそうです。
その中の一人が後に初代ドイツ皇帝ヴィルヘルム1世となって、ヤグルマギクを皇帝の紋章にしたと言います。
ドイツではヤグルマギクを『カイゼル(皇帝)の花』と呼んでおり、今もドイツの国花です。

それでは、そんなヤグルマギクの花言葉をご紹介していきましょう。

ヤグルマギク(矢車菊)の花言葉

・繊細
・優美
・教育
・信頼

などがあります。

【英語名】花言葉はこちら>>

ヤグルマギク(矢車菊)の花言葉の由来

花言葉『繊細』は、花の青色に由来して付けられたと言われています。
また、花言葉『教育』は、プロシア王妃がヤグルマギクの冠を作るために花を摘みながら子どもたちに教育したことに由来して付けられたとされています。

ヤグルマギク(矢車菊)の特徴

ヤグルマギクのほとんどは八重咲きで、筒状の花弁で主に青色や紫色の花を咲かせます。
草丈は1mメールほどに生長しますが、小さく育てたい場合は剪定すれば可能です。
また乾燥させても花色が褪せないので、ドライフラワーや切り花としても需要があります。
ドライフラワーを作るときには、ドライフラワー用のシリカゲルと密封容器、ヤグルマギクを束ねる紐があればOKです。
ヤグルマギクは茎が付いたまま好みの長さに切り、容器の半分位までシリカゲルを入れて、切ったヤグルマギクを上にのせます。
その上からさらに残りのシリカゲルかけて、容器に蓋をして涼しい所で管理すれば、3~4日でドライフラワーが出来上がります。
丈夫で育てやすく初心者の方にもおすすめできる植物で、種類も豊富ですので、様々なバリエーションを楽しむことができます。
春の花壇に彩りを与えることができるでしょう。
花姿は矢車によく似ており、花弁が放射状に広がっています。

ヤグルマギク(矢車菊)の色別の花言葉はあるの?

ヤグルマギクには青色・紫色・ピンク色・白色・赤色など、様々な花色が存在しています。
ただし、花色別の花言葉は現在のところ存在していないようです。

【英語名】ヤグルマギク(矢車菊)の花言葉

ヤグルマギクは英名で『Cornflower(コーンフラワー)』『Bachelor's button(バチュラーズボタン)』『Bluebottle(ブルーボトル)』『Knapweed(ナップウィード)』などと呼ばれており、学名は『Centaurea cyanus』と言います。
『Cornflower(コーンフラワー)』は「小麦の花」という意味があり、ヨーロッパの麦畑に咲くことに由来して付けられたと言われています。

英語の花言葉

『delicacy(デリカシー)』意味は「繊細・優美」

『refinement(リファインメント)』意味は「上品・優雅』

などがあります。

ヤグルマギク(矢車菊)の種類

ヤグルマギク(矢車菊)の種類

ヤグルマギクには500種類~600種あると言われています。
ヤグルマギクのほとんどは八重咲ですが、実は原種は一重咲きなのです。
それでは、ここではヤグルマギクの種類をご紹介していきましょう。

疾風

この品種は八重咲で、花色が混合しています。

ブラック・ホール

この品種は花色が黒褐色で、単色のものから複色のものまで花色は様々です。
非常に人気の高い品種で、よく見かけるでしょう。

ヤグルマギク(矢車菊)の季節や開花時期

ヤグルマギクは春に花を咲かせ、開花時期は4月~6月です。
花屋やホームセンターに出回る時期は4月~6月ですが、最盛期は5月となっています。
花持ち期間5日程度で、花色は青色・紫色・ピンク色・白色・赤色などがあります。

ヤグルマギク(矢車菊)の誕生花

ヤグルマギクが誕生花となっている月日は下記の通りとなっています。

3月1日
3月5日
3月22日
8月2日

関連リンク

千里眼