琥珀(アンバー)の意味や効果・浄化方法などをご紹介!【パワーストーン】

琥珀のパワーストーンとしての意味と効果

琥珀は、別名『アンバー』とも呼ばれる、非常に美しい石です。
正確には鉱物ではありませんので『石』と呼べるものではないのかもしれませんが、パワーストーンとして扱われています。
輝くハチミツ色をしており、その美しさには大変な歴史が刻まれています。
琥珀は、三千万年前という遠い昔の松類の樹脂が地中に埋まって化石化したもので、古くから宝飾品として好まれてきたそうです。
既に石器時代には装飾品として珍重されており、古代エジプト、ギリシャ時代には、祈祷師が儀式の際に身に付けていたとされています。

では、琥珀にはどんな効果があるのでしょうか。

明るい波動

琥珀は、大変明るくポジティブな波動を発しています。
ですから鬱状態の方や、落ち込んでいるときなどに心を落ち着かせ、前向きな気持ちにさせてくれるでしょう。

行動力UP

琥珀のポジティブな波動は、人に行動力を与えてくれます。
物怖じしてしまいがちな方や、チャンスを活かせない方、消極的で何事にも挑戦できない方におすすめです。

人を引き寄せるパワー

琥珀のポジティブな波動は、周りの人にも多大な影響を与えます。
ですからその波動に惹き付けられ、たくさんの人が集まってくるでしょう。
新しい環境で友だちが欲しい方におすすめです。

金運、財運UP

琥珀は、持っている人の金運や財運をUPさせる効果があります。
黄金色の色合いが、金運を思わせますね。

ヒーリング効果

琥珀は大変優れたヒーリング効果があり、霊能力をUPさせると言われています。
特に虫入り琥珀は、ヒーリング効果が高いとされています。

琥珀は『明るさ』と『落ち着き』を兼ね備えたパワーストーンで、心身のエネルギーを循環させるエネルギーがあります。
不要なエネルギーを排出させて大地に返還するアースのような役目も持っており、さらに必要なエネルギーを取り込み、心身にバランスよく循環させてくれます。
そのため、肩に余計な力が入っているときにはリラックス効果があり、心身が疲れているときには良いエネルギーを取り込む効果を実感することができるでしょう。
琥珀にはいくつかのカラーバリエーションがあり、オレンジ、黄色、緑色、青色、赤色などがあります。

琥珀の浄化方法

琥珀は、正確には『石』ではありませんので、硬度が低く、取り扱いに注意しなければ破損する恐れがあります。
そして地中で長く過ごした琥珀は、日光に弱い特徴があり、日光浴による浄化は避けなければいけません。
また、保管する際には、日の当たらない場所に個別で収納することをおすすめします。

さらに真水による浄化もあまりおすすめはできません。
劣化の原因となることがありますので、もしも真水で浄化を行う場合は短時間で終わらせるようにしてください。

そのほかの浄化方法であれば、問題なく行うことができるでしょう。
月光浴、水晶クラスター、さざれ石、ホワイトセージなど、浄化方法はいくつかありますので、ご自身が行いやすい方法を選択すると良いですね。
パワーストーンの浄化は、一度行えば良いというものではありませんし、「年に1回でいい」というものでもありません。
小まめに定期的に行う必要がありますので、ご自身が続けられる方法である必要があるでしょう。

「でも、滅多に身に付けないから、そんなに浄化しなくてもいいよね」と思っている方は多いようですが、実はそうではありません。
パワーストーンは、琥珀に限らず、部屋に置いてあるだけでその効果を発揮しています。
通常、パワーストーンを身に付けると、その効果は身に付けている人にもたらされます。
部屋に置いてある場合は、その部屋で効果を発揮していることを忘れてはいけません。
パワーストーンを置いておくと、部屋の中の気を浄化し、ネガティブなエネルギーを吸収してくれるのです。
ですからいざ「身に付けよう!」と思ったときにパワーストーンとしての効果が発揮されなかったり、悪い気が漂うということも有り得ます。
より良い状態で琥珀を身に付けるためにも、小まめに定期的な浄化を行ってくださいね。

琥珀のお手入れ方法

上記でもお話しした通り、琥珀は正確には鉱物ではないので、硬度が低く、取り扱いには注意が必要です。
衝撃に弱く、傷付いたり破損することも有りますので、気を付けてください。
また、熱や火に弱く、変形したり燃えてしまうこともあります。
さらには塩分にも弱く、汗を付着したままにしておりたり、海水につけるなどすると変色や破損の原因となることもあります。

ですから、身に付けたあとにはしっかりとお手入れする必要があります。
お手入れ方法は、柔らかい布などで優しく拭いてください。
小まめにお手入れしなければ、汚れが落ちにくくなりますので、身に付けたあとには必ずお手入れするようにしましょう。

琥珀の産地

琥珀の主な産地は、ポーランドのグダンスク沿岸、ロシアのカリーニングラード州、リトアニア、ラトビアなどです。
また、中国の雲南、河南、福建など、日本では岩手県の久慈市や千葉県の銚子市などで産出されています。

パワーストーン一覧

  • アクアマリン
  • アゲート(瑪瑙)
  • アベンチュリン
  • アマゾナイト
  • アメジスト
  • アメトリン
  • イーグルアイ
  • インカローズ(ロードクロサイト)
  • エンジェライト
  • オニキス
  • オブシディアン・オパール
  • オレンジカルサイト
  • ガーデンクォーツ
  • ガーネット
  • カーネリアン
  • カイヤナイト
  • クリソプレーズ
  • クンツァイト
  • ゴールデンオーラ
  • サードニクス
  • サファイア
  • シトリン
  • ストロベリークォーツ
  • ソーダライト
  • ターコイズ(トルコ石)
  • タイガーアイ(虎目石)
  • チャロアイト
  • パール(真珠)
  • ハウライト
  • ピンクオパール
  • ファントムクォーツ
  • ブラックルチルクォーツ
  • ブルータイガーアイ(ホークスアイ)
  • ブルーメノウ
  • ブルーレースアゲート
  • プレナイト
  • ヘマタイト
  • ペリドット
  • ホワイトオニキス
  • マザーオブパール
  • ミルキークォーツ
  • ムーンストーン
  • モルガナイト
  • ルチルクォーツ
  • ルビー
  • ローズクォーツ
  • ロードナイト
  • 珊瑚(コラール)
  • 琥珀(アンバー)
  • 翡翠

千里眼

おすすめの記事