最近の女性が脱毛に興味があったり、実際に脱毛をしたりしている人が多いのは知っていますか。
脱毛というと高額なイメージがあったり、痛いイメージがあったりして、なかなか手がでないものでしたが、最近は脱毛に対するイメージも大きく変わってきています。
全身脱毛専門サロンなども登場して、少し前まででは考えられないような破格で、全身脱毛をすることもできます。
また部分脱毛や、人気の部位をセットにしたコースも人気で、気になる部分だけお得に脱毛をしている女性も多いです。
脱毛をしている女性の多くが気にしているのが、脇とデリケートゾーンです。
デリケートゾーンでは、VIOの毛を全て無くす人もいます。
ツルツルのパイパンにすることで、メリット・デメリットがあるので、これから脱毛を考えている人は参考にしてみてください。

いまどき女子にはVIO脱毛が人気

いまどき女子にはVIO脱毛が人気

おしゃれに興味がある女性の多くが、脱毛をしているといわれています。
最近ではサロンでの脱毛も費用が安くなっているので、若い人でも気軽に脱毛を始められるようになっています。
いまどき女子に人気なのがVIO脱毛です。
特にアンダーヘアをすべて処理するハイジニーナ(パイパン)にするのも人気があります。
モデルなど水着を着る機会の多い人はパイパンにしている人がいましたが、最近ではおしゃれが好きな一般の女性でもパイパンにする人が増えてきています。
全身ツルツルに脱毛して、自己処理をしなくて良いようにするのが最近の主流です。
パイパンにすることでのメリット・デメリットをしっかり知って決断すると良いでしょう。

パイパン女子になるメリット

パイパン女子になるメリット

アンダーヘアが全くない、パイパン女子が増えていますが、パイパンにするメリットとは何でしょう。
パイパンにするメリットで一番大きいのが、衛生的であるということです。
アンダーヘアがなくなることで、おりものや尿、生理の経血などがアンダーヘアについてしまうことがなくなるので、きれいな状態をキープすることができます。
また、蒸れも軽減できるので、生理中の蒸れやかゆみ、においなども軽減することができます。
他にも自己処理の負担が軽減されることや、おしゃれがより一層楽しめるということもあります。
自己処理でアンダーヘアのお手入れをしている人にとっては、こまめなお手入れが必要となるのでとても面倒です。
しかも、デリケートゾーンはお肌も弱く、自分でも見にくい場所なのでお手入れ中に傷をつけてしまうリスクもあります。
サロン脱毛をすることで、自助処理の負担が軽減できるだけでなく、お肌への負担も軽減できるのできれいなお肌にしていくことができます。

パイパンに後悔する女性…デメリットは?

パイパンに後悔する女性…デメリットは?

メリットが魅力的なツルツルパイパンですが、パイパンにして後悔している人もいるそうです。
パイパンにするデメリットもしっかりしっておくことが失敗しないためのポイントでしょう。

脱毛が激痛

パイパンにする人の多くが、プロの脱毛をしてもらっています。
自己処理でもパイパンにすることは可能ですが、VIOは太くて濃い毛の生えている部位なので、自己処理だとこまめに処理しなくてはいけなかったり、剃った後のお肌がきれいに見えなかったりするので、自己処理よりもプロの脱毛がおすすめです。
ただし、ツルツルのパイパンになるまでには、激痛に耐えなくてはいけないことが多いです。
そもそもデリケートゾーンは他の体の部分よりも皮膚が薄く、また敏感な部分です。
そこに生えている毛が太くて濃いものなので、脱毛のときの痛みを感じやすくなります。
脱毛方法にもよりますが、痛くて断念する人もいるそうです。
痛みの少ない方法や、麻酔を使ってくれるクリニックもあるので、自分に合った脱毛方法を選ぶことが大切でしょう。

恥ずかしい…

VIO脱毛をするときには、足を大きく開いて、デリケートゾーンを全て見える状態で行います。
相手はプロのスタッフさんだとは言っても、やはり恥ずかしいものです。
また、脱毛でパイパンにしてしまうと、元に戻すことはできません。
パイパンにしてから温泉に行って、アンダーヘアがないことが恥ずかしいと感じる人や、子どもが生まれたときに、アンダーヘアがないことに抵抗を感じる人もいます。
最初からツルツルのパイパンにするのではなく、Vラインだけ少し残すようなデザインにしておくのもよいでしょう。
また半永久的に生えてこない脱毛方法を選ぶよりも、最初はブラジリアンワックスなど再生可能なもので脱毛をするほうが、後悔した場合にもまた生えてくるので、安心してパイパンにチャレンジすることができるでしょう。

男性はツルツルをどう思う?

男性はツルツルをどう思う?

ツルツルのパイパン状態を男性はどう思うのでしょうか。
あるアンケートによると、ハイジニーナの女性に賛成というのが60%、反対が35%、なんとも思わないが5%という結果が出ています。
特に若い男性を中心に、ハイジニーナの女性に賛成という意見が多く、若い人達にとっては男女ともにハイジニーナに抵抗がないことがわかります。
しかし、このアンケート結果はたくさんの意見をまとめたものです。
男性の嗜好は様々で、パイパンに対する意識も違いが大きくあります。
パートナーがすでにいる場合には、ハイジニーナ脱毛に挑戦する前に、パートナーの嗜好を聞いてみるのも良いでしょう。

女性がコッソリ読んでいるマンガが→これ!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

女性向けアダルト記事一覧はこちら>>

千里眼

おすすめの記事