セックスのとき男性からフェラチオを頼まれる女性は多いと思います。基本的に男性はフェラチオが大好きという方が多いです。しかし、フェラチオに慣れていない女性の場合、パートナーを満足させてあげられないこともあります。

こうなると女性側も少し残念な気分になります。フェラチオのテクニックを上げることができれば、パートナーは毎回女性とのエッチが楽しみになるでしょう。そこで今回はフェラチオの上手なやり方などをまとめましたので徹底解説します。

フェラチオ好きの男性が多い2つの理由

フェラチオ好きの男性が多い2つの理由

あるアンケート調査では女性にフェラしてほしいという男性の回答が約8割にものぼることがわかりました。
なぜ男性はフェラチオ好きの方が多いのか?まずはこの疑問を解決してみましょう。

感覚的な気持ちよさがクセになる

ひとつめはフェラチオの感覚的な気持ちよさです。
感覚的な気持ちよさとは具体的に説明するとカリ、亀頭、睾丸などさまざまな箇所を舐められたときのゾクゾク感のことを指します。

フェラチオのテクニックが一級品の女性の場合は、女性器への挿入よりも気持ちよく感じるのが大きな魅力です。

視覚的な気持ちよさがクセになる

視覚的な気持ちよさとはイメージしにくいかもしれませんが、フェラチオの場合は男性器を加える女性の表情、フェラの最中に目を見つめてくる仕草、コスプレなど男性が好きな衣装を着用しているなどが挙げられます。

一般の女性はフェラチオの最中に視覚的な気持ちよさを意識することは少ないかもしれません。

しかしプロのピンサロ嬢やデリヘル嬢になると、指名本数を伸ばせるなどのメリットが期待できるため、視覚的にも気持ちよさを与えられるようなテクニックを駆使することが多いです。

このような理由から前述の感覚的な気持ちよさと視覚的な気持ちよさの両方を与えられる女性は、フェラチオのテクニックが上級レベルにあるといえるでしょう。

フェラのテクニックを上げるには亀頭の重要性を理解すること

フェラのテクニックを上げるには亀頭の重要性を理解すること

フェラチオで男性から喜ばれるようになりたいという女性は、ペニスで最も感じやすい部分を知っておきましょう。

ペニスの中で男性が最も感じやすいのは亀頭です。
実はペニスには快感を得られる神経というものが通っていますが、これが亀頭にあたります。
つまりフェラチオで男性を悶絶させたい場合は、最も快感を得やすい亀頭を重要視する必要があるということです。

この部分を絶妙な力加減で舐めたり、咥えたりすることができれば、男性はフェラチオの虜になる可能性がアップします。

ただし神経が通っているということは、少し触れたぐらいでも感じやすいということですから、最初は繊細な気持ちになって優しく扱わなければならないことも頭に入れておきましょう。
その他、男性がフェラチオで感じやすいのはカリ、裏筋などがあります。

フェラチオのテクニックを高める方法・コツ

フェラチオのテクニックを高める方法・コツ

ここからは実際にフェラチオのテクをアップする方法やコツをご紹介します。
今回ご紹介するポイントは3つとなります。

最初から亀頭を舐めない

フェラチオに慣れていない女性がやってしまいがちなのが、最初から亀頭を舐めにいってしまうことです。
もちろん亀頭は敏感な部分でもありますから、この方法でも感じる男性はいます。

しかし、男性の中には最初から亀頭を責められても気持ちよく感じないという方もいるのです。
ではこのようなケースではどうすればよいのか?それは徹底的に焦らす戦略を使うことです。

男性にとってフェラとはイクためのものですから、それを簡単に与えてしまうと興奮度が下がる可能性があります。

しかし、焦らしというひと呼吸置く戦略を挟むことで、男性の心の中には「まだかな?」「早く舐めてほしい」といった興奮の感情が芽生えるため、よりフェラが気持ちよく感じやすくなります。

そのため、フェラを行うときは、まず竿の裏側や玉袋など他の部分を触ったり、舐めたらしながら焦らしてみましょう。
こうすることで亀頭を舐められたときの興奮度や快感度は高くなります。

単調な責めにならない

同じようなくすぐり方をしていると時間の経過とともに慣れてきて、くすぐったさがなくなります。
このような感覚はフェラチオも同じです。

フェラチオでも一定のスピードで同じ部分ばかりを舐められると、徐々に耐性ができてしまうため、イクほどの気持ちよさを感じなくなります。

竿をゆっくりと上下に舐めたら、次は亀頭を責め、強弱やテンポも変えてみる。
このように快感を与える部分を変えたり、スピードや舐め方などに変化を与えたりすることがフェラチオでは重要になってきます。

ローリングフェラ・ディープスロートを習得する

フェラチオの技術を上げる上で習得しておきたいのがローリングフェラとディープスロートです。

この2つのテクニックは男性がされたいフェラチオテクニックでも上位人気のため、習得しておけば大抵の男性は最高の気分になるでしょう。
以下にローリングフェラ、ディープスロートのやり方をまとめましたのでご覧ください。

ローリングフェラのやり方
(1) ペニスを咥える
(2) 亀頭からペニスの付け根に向かって、舌を使いながらクルクルと回しながら舐める
ディープスロートのやり方
(1) ペニスを咥える
(2) なるべく喉の奥のほうまでペニスを持っていく(自分のできる範囲内で)
(3) 喉を締める
(4) 唇をペニスの根元から亀頭に向かってゆっくりと引き上げる
(5) 上記動作を繰り返す

ローリングフェラはペニスを咥えてクルクルと回しながら舐めるだけですので、慣れてくると簡単にできるようになります。
より男性を興奮させたいという場合は、唾液をしっかりと溜めてジュルジュルと音を立ててみましょう。

ディープスロートは喉の奥でペニスをキュッと締め付けるテクニックです。
喉の奥にペニスを入れてガンガンと腰を振るイラマチオが好きな男性は多いですが、これは女性側が疲れる可能性が非常に高いです。

そのため、喉の奥までペニスを入れたいという願望を持った男性を相手にする場合は、ディープスロートがおすすめです。

最初は苦しいと感じるかもしれませんが、こちらも慣れてしまうと苦しくないポイントなどがわかってきますので練習してみましょう。

フェラチオの注意点

フェラチオの注意点

フェラチオを行うときの注意点ですが、歯は立てないようにしましょう。
フェラのポイントは唇と舌でペニスをねっとり包み込むようなイメージで行うことです。
歯を立てたままペニスを上下に揺さぶると、男性は痛みを覚えますので快感どころではなくなります。

中には歯による痛みでフェラに恐怖感を覚えてしまう男性もいますので、ペニスは優しく包み込むように咥えるというイメージを常に持っておきましょう。
感覚がわからない方は、一度自分の指を使って練習するのもおすすめです。

まとめ

今回は男性が大好きなプレイのひとつでもある、フェラチオに関するお役立ち情報を解説しました。
フェラチオは女性側の視点からみると、できればしたくないという方も多いです。

しかし、大好きなパートナーが喜ぶからフェラチオのテクニックを上げたいという女性も少なくありません。

フェラチオで男性をより興奮させるには敏感に感じる部分を知ることや適度な焦らしです。
現在、フェラチオに関する疑問やお悩みをお持ちの女性はぜひ参考にしてください。

女性がコッソリ読んでいるマンガが→これ!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

女性向けアダルト記事一覧はこちら>>

千里眼

おすすめの記事