人が快感を味わえる出来事のひとつといえばセックスです。
しかし、世の中にはセックスで満足できない、気持ちよくないといった悩みを抱える女性もいます。
特に多いのが自慰ではイケるのに、セックスではイケないという悩みです。

セックスで中イキをするには正しい知識やちょっとしたコツが必要になります。
そこで今回はセックスでイケないと悩む女性に向けて、中イキの基本やイクために必要なことなどをまとめましたので解説します。

セックスでイケない女性は多い

セックスでイケない女性は多い

セックスの悩みは周囲に相談しにくいということもありますから、セックスでイケないと悩む女性は「私だけ…」といった感情を抱いていることが多いようです。
しかし、安心してください。

実はセックスでイケないと悩む女性は非常に多く、実際の性交渉でオーガズムを感じたことがある女性は20%にも満たなかったり、約7割の女性が中イキの経験がなかったりといった調査結果も出ているほどです。

そのため、現在セックスでイケないのは自分だけと嘆く女性は、悲観的な感情を抱く必要はまったくありません。

詳細は後述しますが、セックスでイケないのにはさまざまな理由がありますので、まずは原因を特定し、適切な対策を施すことで徐々にイケる体に変化させることができます。

女性がセックスでイケない2つの原因

女性がセックスでイケない2つの原因

女性がセックスでイケない原因は主に2つあります。

肉体的理由

女性がセックスでイケない原因のひとつめは肉体的な理由です。
これは簡単に説明すると、女性の体がまだ開発不足ということになります。
たとえばですが、女性がイケない原因のひとつにクリトリスへの刺激不足というものがあります。

セックスには正常位、バック、騎乗位、座位などさまざまな体位がありますが、いずれも指やバイブなどより刺激が弱くなる傾向にあります。
これが「ひとりエッチではイケてもセックスではイケない」という女性が多くなる理由です。

また、大半の女性が経験したことがない中イキも同様です。
中イキの場合も刺激するポイントの位置を正確に把握していればイクことは可能です。

しかし多くの女性は中イキするためのスポットを知らなかったり、十分に刺激を与えられていなかったりするため、中イキを経験しにくいのです。
セックスでイケない原因が肉体的な場合は、膣内の開発を行うことで改善される可能性が高いです。

精神的理由

肉体的には何ら問題なくとも精神的、つまり心の問題でイケない女性もいます。
一例ですがパートナーとの気持ちが離れていたり、日々のストレスが蓄積されていたりするとセックスという行為に集中できないため、最後までイケないといった弊害を招きやすいです。

またセックスの経験が少ない女性になると、極度の緊張状態に陥ることも多いですのでイク感覚を味わえない可能性も高くなります。

その他、過去に性に対してトラウマを抱えるほどの出来事にあった女性なども、セックスになるとそのときの記憶がフラッシュバックされるため、オーガズムに達しにくいです。

精神的理由が原因でイケない場合はパートナーと会話をして楽しんだり、リラックスできる環境を整えたりすることが大切です。
またオーガズム障害を抱えている女性は医師やカウンセラーに相談するのもおすすめです。

セックスで中イキするにはひとりエッチがポイント

セックスで中イキするにはひとりエッチがポイント

女性のセックスの悩みの中で特に多いのが、中イキができないということ。
前述のように中イキができない原因は、膣内の開発不足であることが多いです。

そのため、セックスでの中イキを体感したい女性は、まずひとりエッチで膣内を刺激するところから始めてみましょう。
ここではセックスで中イキしやすくなるひとりエッチのポイントをステップごとに解説します。

STEP①:まずはクリトリスに刺激を与えて膣を潤す

まずは女性が最もイキやすいとされているクリトリスへの刺激で、外イキを経験してみましょう。
クリトリスは膣口から上に向かい、指をなぞらせたところにある突起部分です。

このポイントを優しくなでてみたり、指でリズミカルに振動したりして自分が気持ちよいと感じる触り方を研究してください。

刺激方法が合っていれば、しばらくすると膣が潤い、頭が真っ白になるような快感が襲ってきます。
指だけでは難しいという場合は、振動調節ができるバイブなどを利用してみましょう。

STEP②:膣内に指を入れ、Gスポットを刺激する

外イキの感覚を覚えたら、次はいよいよ膣内の開発となります。
中イキを覚える上で、最初にチェックしておきたいのがGスポットの位置です。

まず仰向けになり、手のひらを上にして指を入れます。
そうすると恥骨、クリトリスの裏側あたりにザラザラとツルツルの感触が交じったエリアがあります。
ここがGスポットとなりますのでやさしく押したり、軽く叩いたりしてゆっくりと刺激を促していきましょう。

Gスポットは触っているうちに尿意が催してくることもありますが、徐々に体の内側からゾクゾクとした快感が襲ってきます。

一般的にGスポットでの中イキは、体が痙攣するほどの快感、全身の力が抜けるといった感覚になりますので、このような状態になったらGスポットの開発は成功したといってもよいでしょう。

STEP③:ポルチオを開発する

クリトリスやGスポットを上回るほどの快感を味わえるとされているポルチオ。
子宮の入口に位置しているポルチオでの中イキは奥イキとも呼ばれており、オーガズムの波が深く、開発に成功すれば連続でイクことも可能です。

ただしポルチオは膣内の一番奥にあり、指での開発が難しいエリアでもあります。
そのため、通常のひとりエッチでの開発が難しい場合はバイブなどのラブグッズを使うようにしましょう。

ポルチオは膣が濡れてくると下に下がってくる傾向にありますので、一度指で正しい位置を確認してください。
コリコリ、プニプニとした丸いものがポルチオとなります。

中イキに関する注意点

中イキに関する注意点

中イキの感覚を覚えると、セックスがさらに楽しくなることは間違いありません。
しかし、中イキにも注意しておきたいポイントがあります。
それはひとりエッチでの中イキはほどほどにしておくということ。

ひとりエッチで膣内の開発を行うときは刺激の強いバイブなどを使う女性も少なくありません。
このバイブの強い振動は実際のセックスでは実現できないものですので、ひとりエッチに慣れすぎてしまうと、セックスでの中イキが難しくなる可能性もあります。

そのため、一度覚えた快感を忘れられないからといって毎日バイブなどを使ったひとりエッチはしないようにしましょう。
また、中イキは極限の興奮や快感によって呼吸が乱れることもありますので、普段から過呼吸などを起こしやすい方は注意が必要です。

まとめ

今回はセックスで中イキできない原因や中イキする方法などを解説しました。
セックスでイケないと悩む女性は非常に多いため、現在イク感覚を味わったことがない方は恥ずかしがる必要はありません。

中イキは刺激するポイントを正しく理解しておけば、比較的簡単に体感することができます。

そのため、現在中イキできないと悩む女性は、ひとりエッチなどで膣内の開発を進めていくことをおすすめします。
中イキを覚えて、より充実したセックスができるように頑張ってみましょう。

女性がコッソリ読んでいるマンガが→これ!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

女性向けアダルト記事一覧はこちら>>

千里眼

おすすめの記事