掃除の引き寄せ効果

掃除をすると、金運がアップすると言われています。
トイレの掃除、キッチンや風呂など水回りの掃除、部屋の掃除、玄関の掃除など。
経済的に豊かな人は、どこもかしこもキレイに掃除している人が多いと思いませんか。
掃除をすることで良い運気を引き寄せ、そして逆に、その人の波動に引き寄せる力がある時に掃除をしたくなるという、不思議な作用があるのです。
『引き寄せ』とは、自分の思考や精神状態にあるものが自然と寄り集まってくるという現象で、本気で思い込むことが重要です。

こんな経験はないでしょうか。
朝の情報番組の“今日の占い”で、「今日のラッキーアイテムは真っ赤な車です!」と言われた途端に道を走る赤い車に気付くようになり、見かければ「いいことがある!」と嬉しい気分になってしまう。
そして本当にいいことがあると、さらに嬉しい気持ちになる。
これこそが『引き寄せ』です。

人間の脳は、『存在していても見えていないこと』『存在しないものが見えること』があります。
つまり、普段は真っ赤な車が走っていても目に留まることはないのに、ラッキーアイテムだと知り「見たい」と思った途端に見えてくるという現象です。
そして、目には見えない「嬉しい」と思う気持ちに気付きます。
不機嫌なときは、イライラに任せて他人の嫌なところが目について、さらに気分を害してしまいますし、「太ったらどうしよう」と考えていると、太る原因になりそうな高カロリーな食べ物が目につくものです。

掃除をするということは、そこで暮らす人やそこを訪れる人が快適に過ごすことができる空間を作るということです。
周りの人が気分が良くなることで、そこには良いものが引き寄せられます。
そして片付いてスッキリとした空間では、エネルギーの循環がアップするのです。

掃除したくなるのは運気の上昇のサイン

『掃除をすると運気が上がる』という話を聞いたことがあるでしょう。
日本では古くから年末の大掃除が習わしとなっていますが、大掃除には1年の邪気を払い新年の運気を上げるという意味があります。

逆に、運気を上げるために掃除をするのではなく、無性に掃除がしたくなるときには、運気が変わろうとしているときだと捉えてください。
急に部屋の模様替えをしたくなったり、思い立って不要なものを処分したり、隅々までキレイに掃除をしたくなるとき、それは良い知らせのサインであり新たな人生のステージへ進むことを意味しています。
このような行動は、無意識のうちに運気の変化を感じて、新たな環境を整えて転機を迎えようという心理の現れです。
エネルギーの流れが変わる“運命の変わり目”だと捉えてください。
気に入っていたものが不要に思えて突然処分してしまったり、それまで好きだった色が好みじゃなくなって物を買い替えるなど、そうした行動も運気が変わるサインです。

忙しいときやテスト前、或いは寝る前になって、突然部屋の模様替えを始めてしまい、苦笑いしてしまった経験はないでしょうか。
こうした行動は、運気の流れが変わり、新たなスタートを切る合図です。
部屋の掃除をすることで、それまでに溜まった負のエネルギーや不要な価値観が浄化されます。
逆に、部屋の散らかりは心の問題の表れだと言われています。
片付けられない人が増えている昨今、これは心理学でも定説になっていることです。

玄関の掃除

玄関の掃除をする前に気を付けていただきたいのが、『不要なものはないか』ということです。
飾り棚にゴチャゴチャにものが置かれていたり、履かない靴をいつまでも取っておくなど、不要なものは負のエネルギーを溜め込んでしまいます。
また、現在履いている靴であっても、靴が何足も出ているような片付いていない玄関では、運気が低迷してしまいます。
履かない靴は処分し、靴を散乱させないことです。

そして玄関のたたきの埃やゴミなどをしっかり掃き掃除し、中性洗剤を使ってブラシをかけて磨きましょう。
四隅に埃を残してはいけません。
さらに玄関マットはキレイに洗い、汚れのないマットで人を出迎えるようにしてください。
シューボックスの中や玄関ドアの裏表もしっかり拭き掃除をして、鏡があれば忘れずに磨いてください。
鏡の向きは、玄関ドアと向き合う形ではいけません。
鏡が向き合っていることで、入ってきた運気が跳ね返されてしまいます。

そして玄関に大切なこととして、“ニオイ対策”があります。
実は神様は臭いところが苦手です。
ですから臭いところには、良い運気が入ってくることはないのです。
スプレー式の消臭剤などで靴のニオイケアを十分に行い、玄関には芳香剤などを置くことをお勧めします。

運気上昇には、出入り口である玄関の掃除は大切ですね。

部屋が片付かないのは疲れているとき

スピリチュアルでは、心理的に片付いていない部屋を許してしまうのは、不安感や寂しさの表れだと言われています。
心が満たされていないことで部屋にものを溜め込み、ものに囲まれていることに安心感を得ることができるのです。
その元凶は『心の疲れ』です。
まずは「自分は疲れている」と自覚してください。
そして気の流れが滞り、負のエネルギーが溜まっている、運気の悪い部屋を変えていきましょう。
そうすることで心の疲れも解消されるのです。

まずは換気から始めましょう。
窓を開けて空気を入れ替えます。これは習慣にしましょう。
そしてゴミや不要なものは全て処分します。
ここまでできれば、あとは徐々に掃除を進めるだけです。
部屋の中を良い気が循環すれば、運気を上げたい心理に引き寄せられて、掃除をしたいという衝動に駆られるかもしれません。

人気記事

千里眼

おすすめの記事