親知らずの痛みには意味がある?

親知らずは、上下左右合わせて最大で4本ある人がいます。
親知らずが4本あるという場合は、スピリチュアル的な視点で見ると“親不孝者”という意味があります。
また、“自立している”“親に頼らない”という意味もあるようです。
ほかにも、“言葉を使うのが上手い”“言葉に注意”なども意味もあります。

親知らずが虫歯になって痛みを感じた場合、精神的に苦しい状況にあることを示しています。
心の苦しみが体の症状となって現れ、心の問題を浄化するということです。
負の感情を溜め込んでいる人は虫歯になりやすく、親知らずが虫歯になるということは非常に根深い問題を抱えていることが考えられます。
ただし、親知らずには“霊感がある”という意味もありますので、虫歯になったり痛みがある場合は、霊感が鈍っている可能性もあります。

負の感情を上手に浄化させることができていれば、虫歯になったり痛みを感じることはないでしょう。
虫歯になりやすい人、なりにくい人がいますが、スピリチュアル的には負の感情やストレスを溜め込んでいるか、浄化できているかで差が出ます。
負の感情が一切ない人はいませんし、ストレスもない人はいません。
問題は、浄化できているかどうかということです。

虫歯ができたら、自分の中に負の感情を溜め込んでいないか考えてみましょう。
溜め込んだ負の感情は、すぐにでも浄化して手放すことです。

親知らずを抜くことのスピリチュアル的な意味

歯を抜くことに恐怖を感じる人は、少なくないのではないでしょうか。
歯医者そのものが怖いという人もいますので、歯を抜くとなると大ごとかもしれませんね。
しかし、『歯を抜く』ということは“断捨離”と同じ意味を持ちます。
しかも“親不孝者”の意味を持つ親知らずですから、抜けばそれだけで親孝行ということになりますね。
「親知らずを抜くだけで親孝行」は言い過ぎかも知れませんが、抜くことで親孝行が始まることは確かです。
思うようにできなかった親孝行が、少しの行動が思っている以上の親孝行になることがあるでしょう。

また、親知らずを抜くことは、浄化の作用も期待できます。
自分の中に溜め込んだ負のエネルギーやストレスがある場合は、親知らずを抜くことでスッキリと肩を軽くすることができるでしょう。
ただし、親知らずを抜いても痛みが続く場合は、抱えていた負の感情やストレスが古くから長期に渡ってあったものだと考えられます。
どんなに多くの負の感情やストレスを抱えていたとしても、新しいものであれば痛みを引きずることはありません。
古い感情は良いものも悪いものも根付いてしまいますので、親知らずを抜いただけでは浄化し切れない場合もあります。
そのような場合は、静かに過ごすか、できれば安静にすることが望ましいでしょう。

親知らずで歯医者へ行くタイミング

スピリチュアル的には、親知らずが4本あることは“親不孝者”“霊感がある”“親に頼らないで自立している”などの意味があります。
痛みがあれば負の感情やストレスを浄化するために親知らずを抜く必要がありますが、もしも痛みがない場合、スピリチュアル的には歯医者へ行くのはどのタイミングが良いのでしょうか。

親知らずがあっても、痛みもなく虫歯でなければスピリチュアル的にはそれほど問題はありません。
必ず抜いたほうが良いということはありませんし、抜かないことで起こる悪いこともありません。

親知らずを抜くということは、親知らずを失うということです。
実質的には必要のない親知らずですから、不要なものを手放すという意味では『断捨離』と同じような効果はあるでしょう。
そこに空きスペースができたことで、必要なものを得ることができます。
そして、不要なものを手放すことを覚えた魂は、この先にも上手に不要なものを手放す機会を得ることができます。

では、どのタイミングで歯医者へ行けば良いのか。
それは自分自身が「親知らずを抜こう」と直感で感じたときです。
その直感こそが、実は真実なのです。

親知らずと自律神経の関係

上記でお話しした通り、親知らずは痛みもなく虫歯でもない場合は、必ず抜かなければいけないというわけではありません。
ただし、親知らずと自律神経には深い関わりがあり、親知らずが生えること、或いは抜くことで体は変化をします。

親知らずが生えることで、周辺の組織はダメージを受けます。
真っ直ぐ生えているならまだしも、曲がって生えている場合には尚更です。
そして、前後の歯を圧迫し、歯茎に炎症を起こし、さらに噛み合わせが悪ければ体のバランスを崩してしまいます。
いずれも体への負担であり、ストレスとなるでしょう。

また、親知らずを抜くことで痛みを伴い、抜いた後には抜歯部分に負担をかけないようにする必要があります。
そのため、食事をする時には必要以上の神経を使いますし、顎や舌の疲労、肩こりや首の痛みなどを感じる場合があります。

このように、親知らずが生えたとき・抜くときには、体のバランスを崩したり負担を与えるなど、大きな影響があります。
場合によっては、体調の不調を訴えることもあるでしょう。
その際、体のバランスを崩すのと同時に、恐怖心や不安感で心のバランスを崩すこともあります。
スピリチュアル的には、ここで感じる負の感情は全て押し込めることなく排出した方が良いとしています。
つまり、負の感情を自覚することで、溜め込んでいた負の感情も一緒に浄化することが可能なのです。

ただし、その際に我慢をしてしまうと、体にストレスを溜め込んで自律神経のバランスを崩してしまうため、注意が必要です。

【内緒】当たる占い師をコッソリ教えます
■千里眼でよく当たる相談内容は…
・相手の本音や気持ち。私のこと好き?
・今から3ヶ月以内に起こる出来事やご縁。
・私のことを好きな人はこの人。

千里眼

おすすめの記事