目を閉じても見える光

瞑想中や眠ろうとしたとき、光が見えたという経験はありませんか。
目を閉じても見えてしまう光を『丹光』と言います。

丹光は“サードアイ”(『第三の目』『第6チャクラ』)の活性化で見える光で、気功用語です。
第6チャクラは額にあるチャクラのことで、見えない世界の入り口だと言われています。
つまり丹光は、“サードアイ”が開くことで見えるようになるのです。
丹光は誰でも持っており、瞑想などで見えるようになるケースが多いようです。
瞑想中や眠るときに目を閉じている状態で、光が見えたり眩しいと感じることがあるでしょう。
それが丹光です。
見える光は、真っ白だという人もいれば、紫色、青や赤、緑やオレンジ色という方もいます。
中には虹色という人もいますし、様々な色が交じり合っているという人もいます。

子どものころは誰にでも見えるのが丹光です。
しかし大人になると自然と見えなくなってしまい、瞑想やスピリチュアルセラピーを受けることで見えるようになるのです。
丹光を見ることができない人は、瞑想を行って第6チャクラを開いてください。

光の粒

もう少し『丹光』に触れてみましょう。
丹光はサードアイで見ることができる光ですが、瞑想中などに視ることができます。
ただし、明るい場所では目を閉じても丹光が見えにくいため、慣れるまでは暗い場所で瞑想すると良いですね。

丹光を見るサードアイは、プラーナも見ることができます。
天気の良い日に青空を見上げ、目を凝らすと、光が粒となって見えてきます。
空中に何かが細かいものが動いて見えたら、さらに目を凝らしてください。
そこで見えてきたのが光の粒プラーナです。
これは、丹光を見るときに使うサードアイで見ており、第6チャクラが開いている状態を示します。
第6チャクラが発達すると、蛍光灯の光の中にもプラーナを見ることができます。

写真に写り込む光

写真に光が写り込むことがありますね。
「心霊写真じゃない・・?!」と怖がる方もいるようですが、写真に写り込む光がすべて怖い心霊写真というわけではありません。
高い波動の場所で写真を撮ると、光が写り込むことがあります。
特に森や山、海など、自然に囲まれた場所や、神社仏閣など波動の高い場所では、その確率が高いでしょう。
写真に写り込む光には様々な色があり、虹色、青色や黄色、ピンクなど、非常に美しい光です。
光は精霊の場合もありますし、高いエネルギーが光となって写り込む場合もあります。
写り込んだ太陽が虹色やピンクの光を放っていたり、海がキラキラと輝く光を放っている写真には、実は写真そのものにもエネルギーが存在しているのです。
写真にそっと触れたり、手を翳してみてください。
強いエネルギーを感じたり、温かく感じるでしょう。

光の柱をイメージする

スピリチュアルに興味があり、霊的に敏感な人や魂が不安定になりがちな人は、体の中に“光の柱”をイメージすると良いでしょう。
イメージするのは簡単で、誰にでもできますので試してみてください。

部屋を薄暗くし、目を閉じて肩の力を抜いてください。
これだけで準備OKです。

①頭のてっぺんから光が入ってくることをイメージしてください。
②光が体を通貫して、地面に向かって抜けることをイメージします。
③光が体を通貫したら、光が徐々に太くなっていくことをイメージします。
④太くなった光は柱となり、自分の芯を貫くイメージを持ちます。

ここまでやって安定感を感じない人は、さらに柱が深く地中に突き刺さることをイメージし、地球の中心へ届き、さらに地球の裏側にまで到達することをイメージします。
安定感のない人は、たびたびこうして光の柱をイメージしてください。
体の中、精神、自分の芯が光の柱で浄化されますので、非常にすっきりと心身ともに軽くなるでしょう。

千里眼

おすすめの記事