寒気がするのは・・・

風邪を引いたわけでもないのに、或いは寒くもないのに、寒気がするのは要注意です。

人は誰でも、なんとなく不調なときや違和感を感じることがあるでしょう。
病気でもなければスルーしてしまう程度の不調でも、スピリチュアル的には注意が必要な場合があるのです。
例えば、異様なほどの肩こりがある場合は、霊的な原因があるかもしれません。
人には7つのチャクラがあります。
チャクラはエネルギーが出入りする場所で、チャクラが滞ると人間関係が上手くいかなくなったり、自己表現ができなくなるなど、様々な症状が現れます。
首が異常に硬くなったり、異様に重く痛みが強い肩こりや、片方だけの肩こりなどが現れた場合は、負のオーラをまとっている可能性がありますね。

そして風邪でもないのに寒気を感じる人は、注意が必要です。
寒気以外の風症状がない場合、頭部以外、背中がゾクゾクするときは、霊的な要素が原因となっていることが考えられます。
優しく思い遣りがあり明るい人と接していると、心が温かく感じることがあるでしょう。
つまり接する相手によって感じる温度は異なるのです。
それは霊も同様で、悪い霊や低級霊が傍にいる場合、最悪のケースでは憑りつかれた場合は、ひどい寒気や悪寒を感じるようになります。
気になる場合は、霊媒師などに視てもらうことをお勧めします。
ご自身で行うことができる予防法として、『塩風呂や酒風呂に浸かる』『清めの塩を持ち歩く』『意識的にすべてのものに感謝する』『瞑想する』という方法があります。
日常的に行うことをお勧めします。

霊は怖い存在なの?

『霊が憑りつく』と聞くと、恐怖を感じたり不安になることがあるでしょう。
怖さのあまり心の中に負のエネルギーを抱え込んでしまい、さらに悪い霊が憑りつきやすい体質を作る可能性があります。
大切なのは霊を怖がらないことです。
「おかしいな・・」と感じたら「成仏してください」という穏やかな心で、霊が居るべき場所へ行くことができるよう成仏を祈ることが大切なのです。
霊は決して憑りついた人に執着しているわけではなく、憑りつきやすい人に憑くという特徴があります。
ですからお祓いをして成仏することを願えば、それほど強く拒絶することはないでしょう。
ただし、生霊は成仏するべき霊ではありませんし、憑りつく相手を目的としていますので、なかなか難しいところがあるかもしれません。

背中がゾクゾクしたら!

世の中には良い霊ばかりでなく、害を与える悪い霊もいます。
人に憑りつきやすい霊は、『悪霊』『低級霊』『生霊』『動物霊』があります。
背中がゾクゾクするような寒気を感じたり、改善できないような重い肩こりを感じるなど、「おかしいぞ・・」と思ったらすぐにでも自分でできるお祓いをする必要があります。
また、「おかしい」と感じることがなくても日常的に自分でできるお祓いをすることで、悪い霊に憑りつかれることを防ぐことができます。

部屋の掃除

霊は汚い場所や湿気の多い場所を好みますので、しっかりと換気をして部屋を掃除し、特に水回りはきれいにしましょう。
寝具やカーテンなども洗濯し、すっきりと清潔な状態を保ってください。

自我を持つ

霊が苦手としている人は、目標に向かって努力をしている人や向上心を持っている人など、内面的な輝きがある人です。
ですからしっかり自分を持った芯の強い人は、霊に憑りつかれることはないでしょう。
悪い霊はネガティブな感情を持っている人が心地よく、好んで憑りつくのです。

清めの塩を持ち歩く

天然の粗塩には、負のエネルギーを吸収して封じ込める効果があります。
塩が呼吸できるような紙製の小さな袋に入れ、きちんと封をして、いつも持ち歩くバッグや財布に入れて持ち歩くことをお勧めします。
同様に家の玄関や部屋の隅に盛り塩をするのも良いでしょう。
塩は定期的に交換をします。
使用済みの塩には邪気が含まれていますので、ビニール袋などに入れて処分しましょう。
ただし、人ごみに行ったときや嫌な感じを受けたときには、粗塩を直接肩に振りかけても良いですね。

手を洗う

実は水には浄化作用があります。
体の中でも手は気の出入りがしやすいところですので、水で手を洗うことで体内の悪いものを祓う作用があります。
洗面器などに水を溜めて、しずかに両手を浸します。

お香を焚く

好みの香りのお香を焚いてください。
心地よい香りには邪気を払う効果があります。

神社を参拝

神社仏閣へ行って参拝し、「憑りついているものを祓ってください」とお願いしてください。
神社へは毎月1日と15日の2回参拝することができればベストですが、時間に余裕がなければ1日だけでも良いでしょう。
このようなパワースポットへ定期的に行っていると体が浄化されるため、悪い霊が憑きにくく、憑いても離れやすくなります。

水晶

水晶は邪気を浄化する作用がありますので、体の悪いものを祓う効果があります。
小さな水晶を持ち歩いたり、部屋に置くと良いですね。
邪気を浄化した水晶はさざれ石の上に置くか、流水に当てたり日光や月の灯りに当てる必要があります。

特定の人と会うと寒気が止まらない場合

「この人と会うと寒気がする」「会おうとすると寒気が始まる」ということがあります。
経験したことがある方も少なくないのではないでしょうか。
その人と一緒にいる間中、ずっと寒気が止まらないなどということもあります。
このようなケースでは、相手の人に悪い霊が憑りついている可能性があります。
その人自身は長く憑りつかれているうちに、体調が悪いことや「おかしい」と感じることも当たり前のことになってしまい、不調として感じる感覚が鈍くなってしまっていることが考えられます。

或いは、その人自身の魂に対して、自分の魂が拒絶反応を示していることも考えられます。
魂は過去世での関係や出来事など、現世の自分の記憶や感覚などでは測れないところまで感じることができますので、拒絶が寒気となって表れているのかもしれません。
いずれにしても、寒気を感じるような相手との関係は好ましくないと覚えておいてください。
負のエネルギーを与えられ、場合によっては人生を台無しにすることもあります。

人気記事

千里眼

おすすめの記事