カクテルパーティー効果とは?

『カクテルパーティー効果』をご存知ですか?
なんだか華やかな響きですね。
『カクテルパーティー効果』とは、1953年に心理学者コリン・チェリーが提唱した心理作用のことで、一般的に誰にでも作用するものです。
これは、カクテルパーティーのような賑やかな環境の中でも話し相手の声だけを聴き分けることができる選別能力のことで、環境に左右されずに自分に必要な情報だけを選別して視覚や聴覚で捉えることができる脳の働きのことを指しています。
言葉を聞き取ることが困難なほどに騒がしい場所で、自分の名前を呼ばれて聞き分けることができたという経験は誰でもあるのではないでしょうか。
名前以外にも興味のある事柄や必要な情報などが自然と耳に入る現象を『カクテルパーティー効果』というのです。
例えば、電車の中で眠ってしまっても、自分が降りる駅に着くと「その時だけは駅名が耳に入って目が覚めた」という経験はありませんか。
或いは人の会話やBGMなどで賑やかなカフェの中で、集中して本を読むことができるのも『カクテルパーティー効果』です。
また、「黄色いリュックサックがほしい」と思っていると、黄色いリュックサックを持っている人や売っているのが無意識のうちに目につくようになります。
言葉にすると“選択注意”ということで、いくつかの選択肢の中から1つの情報に注意を向けることができるという作用です。

音は耳で聞くものですが、『カクテルパーティー効果』によって聴き取る能力は、自分と関連のあるものだと“脳”が識別することで聞き分けることができているのです。
つまり耳に入る音から、脳が必要な情報や音を優先して認識しているということです。
同様に視界は目から入ってくるものですが、やはり脳が識別することで興味のあることだけが情報として入ってきやすくなります。
それが『カクテルパーティー効果』なのです。

カクテルパーティー効果をマーケティングに活用しよう

『カクテルパーティー効果』は、現在様々なマーケティングで活用されています。
CMや広告、チラシ、スマホのポップアップ広告など、現代は溢れるほどの広告や情報を見聞きする機会があります。
ですから広告慣れしている現代人に注目させる広告を出すということは、マーケティングの現場では大きなテーマとなっています。
では、日常生活の中でどのような広告に目が行きますか?
大きなポイントとして、「自分に関係がある広告だ」と気付かせる必要があるということです。
マーケティングの現場では、様々なアプローチでアテンションをこちらに向けてもらう工夫をしています。

ジオグラフィック

特定の住所を示して地理的な内容にアプローチをかける方法です。
自宅の住所や職場の住所など、自分に当てはまる地名が掲載されていることで注目させる効果があります。

デモグラフィック

年齢や性別、職業、学校、家族構成、ペットの種類など、 人口統計学的属性に関わる内容で注目させる方法です。
『50代』や『自営業』や『ワンちゃん』などの言葉が掲載されていることで、ピンポイントで興味のある人の注意を引くことが可能となります。

サイコグラフィック

悩み事や目標や信念など、心理的な内容で興味を惹き付ける方法です。
『ダイエット』や『更年期』や『車の買い換え』などの言葉が掲載されていることで、そのことで悩んでいる方などに注目してもらうことができます。

この3つをいくつか組み合わせることで特定の人に注目してもらうことが可能となり、広告を見る側は『カクテルパーティー効果』で注目することができるでしょう。

カクテルパーティー効果を恋愛に活用しよう

実は、『カクテルパーティー効果』が顕著に表れやすい場面として恋愛が挙げられます。
好きな人ができた途端に、それまで無頓着だった人が自分の見た目を気にするようになり、ファッション誌が目に入ったりオシャレな人に気付くようになります。
また、相手の人の趣味を知っていれば、それまで興味がなかったものでも気になるようになりますし、素敵なカフェやデートに行けそうな場所などに気付くようになります。
好きな人が関連したものに注意を引かれて、その人の好きなものに自然と気付くようになります。
ですから逆に、誰かが自分の好きなものに興味を持ったり、関心を示すようになった場合は、もしかしたらその人があなたのことを好きなのかもしれませんよ。

逆に、話をしていても注意がほかに向いてしまったり、耳に届いていないと感じるときは、相手はあまりこちらに関心がないのかもしれません。
ただし、関心を持ってもらうために『カクテルパーティー効果』を利用することも可能です。
一緒にいるときにはなるべく相手の“名前”を呼び、相手の興味のある内容を意識して話をすることです。
名前を呼ばれることで一瞬にして注意をこちらに向けることができますし、好きなことが会話の中でキーワードで出てくるだけで関心を引くことは可能です。
関心を引き付けて会話をすることができれば、脳は方向性としてその情報を発信する相手にも興味を示します。
『カクテルパーティー効果』で、好きな人を振り向かせましょう。

相手が反応しやすい言葉を知ることで親しくなれる

上記では、マーケティングや恋愛などに『カクテルパーティー効果』を活用する方法をご紹介しましたが、活用できるのはそれだけではありません。
新入学やクラス替えなどで新たな友だちと仲良くなりたいときや、新しい職場で先輩や上司などに気に入られたいとき、子どもの入園入学などでママ友と親しくなりたいときなど、『カクテルパーティー効果』を活用することが可能です。
ほかにもSNSのアクセス数をアップしたり、反抗期の子どもとの距離を縮めることにも応用できます。
大切なのは、相手のことをよく知ることです。
そして相手が興味のあることに関して、そのことを話題にできる程度の知識を習得してください。
詳しい知識を得る必要はありません。
相手の人の気を引いて、質問をすることができる程度が望ましいかもしれませんね。
相手が反応しやすい言葉を知ることができれば、相手の人は『カクテルパーティー効果』でその言葉が耳に入るでしょう。
そしてその人にとってあなたは「楽しく会話をすることができる人」という印象が残る可能性が高くなります。
自分の存在を知ってもらうだけでも、高い効果を期待することができますよ。

千里眼

おすすめの記事