吊り橋効果の意味を解説

『吊り橋効果』という言葉を聞いたことがあるでしょう。
『吊り橋効果』は恋愛に関連する心理作用で、実際に効果があると言われています。

1974年、ドナルド・G・ダットンとアーサー・アーロンは『生理、認知説の吊り橋実験』を行い『吊り橋理論』の提唱をしました。
この実験の説明をしましょう。

①18歳~35歳までの男性を、揺れる吊り橋と揺れない橋の2つにグループ分けする。
②いずれのグループの男性にも同様に橋を中央まで渡ってもらう。
③若い女性がアンケートのために男性に声をかける。
④最後に若い女性から「結果に興味があれば、後日電話をください」と伝えて電話番号を教える。

この実験の結果、揺れない橋を渡ったグループでは女性に電話をかけたのが13%であるのに対し、揺れる吊り橋のグループでは実に50%が電話をかけたのです。
この明らかな差から、『揺れる吊り橋を渡った男性グループは、橋を渡る緊張感を女性への恋愛感情と誤認した』と結論付けたのです。
これが『吊り橋効果』として広まった最初の実験です。

緊張感や恐怖心のドキドキ感を恋愛感情に

つまり『吊り橋効果』は、吊り橋を渡るような緊張感や恐怖心を感じる行動を恋愛対象になる相手と一緒に行うことで、そのときに感じるドキドキ感を恋愛感情と誤認して相手を好きになってしまう効果があるということです。

人間の脳は、ある出来事への解釈をすることよりも先に感情を発生させているのではないかという説があります。
ですからその説で考えれば、脳に対して発生した感情の解釈を別の内容にすり替えることができるということになります。
『吊り橋効果』は、緊張感や恐怖心を恋愛対象と一緒に感じることで、そのドキドキ感を恋愛のドキドキと脳に勘違いさせる効果があるということですね。
ドキドキ感は、必ずしも緊張感や恐怖心によって引き起こさなければいけないということはありません。
心拍数が上がる運動などでも効果があると言われています。
恐怖心を感じているときや運動により肉体が興奮状態にあるときには、脳内物質が放出されてドキドキした状態にあり、その状態が『吊り橋効果』の条件となります。
『吊り橋効果』は好きな人に恋愛感情を持ってもらうためには、十分なキッカケとして大きな役割を果たすのではないでしょうか。

吊り橋効果は恋愛の心理学

上記でもお話ししたように、『吊り橋効果』は恋愛の心理学です。
例えば信頼を深めたい相手や商談を成立させたい相手と行うには、不向きということですね。
ただし、『吊り橋効果』は恋愛対象にならない相手と行っても効果はないと言って良いでしょう。
例えば、相手が恋愛対象にならない性別の人の場合や親子関係などです。
さらに容姿がまったく好みではない場合、この『吊り橋効果』は逆効果になってしまいます。
緊張感や恐怖心、或いは運動などで心拍数が上がっている状態で、容姿がまったく好みではない相手と遭遇した場合、それまでよりも好感度が下がってしまったという実験データもあります。
『吊り橋効果』は、残酷な心理学でもありますね。

もしも『吊り橋効果』を狙うのであれば、一緒に様々なことを体感することができる遊園地がおすすめです。
遊園地は園内を歩くだけでも交感神経が刺激されますので、下準備は完璧です。
さらにジェットコースターやお化け屋敷などで興奮や恐怖心を楽しむことができれば、一気に距離感は縮まるでしょう。
また、スポーツ観戦の応援などでドキドキ感を共有し、隣り合った席でお互いに声を出して応援したり握手やハイタッチをすることで、これも試合が終わるころには距離が一気に縮まるのことが期待できますね。
ほかにも恐怖映画やスケートやスキーなど、様々なシチュエーションで『吊り橋効果』は発揮されます。
ただし、怖がらせすぎは逆効果ですので、注意が必要ですね。

吊り橋効果で恋愛感情は本当に芽生えるのか?

ここまで読んでいただいても、まだ「吊り橋効果で本当に恋愛感情は芽生えるの?」と思う方はいるのではないでしょうか。
答えは「yes」であり「no」でもあります。
恋愛対象になる相手と一緒に緊張感や恐怖心を感じたり、運動やスポーツ観戦などでドキドキを共有した場合、その場でそのドキドキ感を恋愛感情と誤認することは事実です。
一時的に恋愛感情を抱いて、相手は自分を好きになってくれる可能性があります。
ただし、もちろん100%の効果があるわけではありません。
中には効果がない場合もあります。
そして、その時その場で効果があったとしても、『吊り橋効果』に長期的な効果は期待できません。
例えば、元々相手が自分に多少なりとも気があった場合は、それが本物の恋愛に発展する事もあるでしょう。
しかしまったくそんなつもりのない相手の場合は、その場限りの誤認で終わってしまいます。
ですから大切なのは『吊り橋効果』の後!ということです。
相手が自分に興味を持ってくれたら、そこからが勝負です。
『吊り橋効果』が切れないうちに頑張って好感度を上げてください。
『吊り橋効果』はあくまでもキッカケです。
そこからは自分の本質を問われるということを忘れないでくださいね。

吊り橋効果は男性と女性では効果が違うのか?

実は『吊り橋効果』は男性に対する実験しか行われていません。
ですから女性が対象になった場合に、その効果があるかどうかは定かではないのです。
ただし、ドキドキ感は男女ともに起こることですから、女性が対象であっても「絶対に効果はない」とは言えませんね。
とは言え、女性に怖い思いをさせると、『吊り橋効果』どころか嫌われる可能性もないとは言えません。
女性に対して『吊り橋効果』を使いたい場合は、スポーツ観戦などがいいかもしれませんね。

千里眼

おすすめの記事