アセンデッドマスターの意味

アセンデッドマスターは、人間が存在する三次元よりも高い場所、いわゆる天界にいる高尚な魂を持った人たちのことです。
一度は肉体を持って地球上で生きた経験があり、亡くなった後、昇天して転生せずに神の視点を以て人々を導いています。
古代文明以降の名を残した偉人であることがほとんどで、宗教や文化などの括りは特にありません。

そしてアセンデッドマスターは、人が人生の迷いや分岐点に立った際にどうするべきか方向を示したり、その人にとって良い方へと導いてくれるのです。
さらに地球を救う使命を持っており、そのために人々を導いて魂のレベルを上げようとしています。
現在、地球はアセンションの時期を迎えています。
アセンションとは三次元から高次元へと進化することで、アセンションをするとすべての人々は時間や空間、物質などに捉われることなく自由に生きていくことが可能となります。
このままアセンションをしなければ、いずれ地球は滅びてしまうという説がありますので、アセンションをすることは必要なのですが、人間だけではアセンションを成功することはできません。
ですからアセンデッドマスターの手助けが必要なのです。

自分と縁が深いアセンデッドマスターを知る方法

実は誰にでもそれぞれ縁が深いアセンデッドマスターが居ます。
自分と縁が深いアセンデッドマスターを知りたいとは思いませんか。
知ることができる方法があります。

①できれば時刻は深夜2~3時頃が良いでしょう。
②紙とペンを用意し、紙に“私のアセンデッドマスター”と書きます。
③寝る支度をして、ベッドの横に②の紙を置きます。
④ベッドに仰向けに寝て、「私のアセンデッドマスターは誰ですか?」と言います。
⑤目を閉じて、山に登るイメージをします。
⑥いくつもの山に登り、だんだん高い山をイメージします。
⑦いくつもの山に登るイメージをしているうちにアセンデッドマスターに出会うでしょう。
⑧出会うことができたら名前を訊き、日頃の感謝を込めて感謝の言葉を言ってください。
⑨忘れないように紙に名前を書いておきましょう。

以上で自分と縁が深いアセンデッドマスターを知ることができます。
自分と縁が深いアセンデッドマスターを知ることができれば、それまで以上にメッセージやエネルギーを受け取りやすくなり、より良い方向へと進むことができるでしょう。
ただし、この方法で必ず出会えるわけではありませんので、もしも出会えなかった場合は霊能力のある占い師に視てもらうという方法もあります。

アセンデッドマスター一覧

ミカエル

全ての天使の総司令官です。
天使の階級は9段階あり、ミカエルは『熾天使・智天使・座天使・主天使・力天使・能天使・権天使・大天使・天使』の中の大天使に当たります。
下位に感じられますが、人間を直接助けることができるのは大天使と天使だけですので、人間界では最も偉大な天使となります。

ラクシュミ

ヒンドゥー教の女神で、手が4本あります。
1本目は使命や天命の無事を促し、2本目は衣食住を促し、3本目は欲望や愛の理解を促し、4本目はアセンションを促します。

弥勒菩薩

13歳で釈迦に弟子入りし、釈迦にも見込まれ、すぐに先輩弟子を追い抜きました。
しかし12年後に帰天し、現在も如来になるために天界で修行を行っていると言われています。

ガネーシャ

ヒンドゥー教の神で、父はシヴァ、母はパールヴァティーです。
様々な困難を乗り越えて、財を成す『商業の神』と言われています。

空海

平安時代を代表する僧侶で、19歳で修行を始め、24歳で悟りを開いたと言われています。
出家宣言の書『三教指帰』には、室戸岬・御厨人窟で修行中に口の中に明星が入ってきたという記述があり、悟りのキッカケになったと言われています。

マザー・テレサ

カトリック教会の修道女で、修道会『神の愛の宣教会』の創設者でもあります。
多くの偉業を成し遂げ、1997年に87歳で帰天しました。

クリシュナ

ヒンドゥー教の神で、父はヴァスデーヴァ、母はデーヴァーキーです。
愛と智、美を司り、ラーダーを愛したと言われています。

観音菩薩

バラモンの子“早離”の来世で、島流しにされて餓死する際に「生まれ変わったら、多くの苦しむ人々を救いたい」と誓い、観音菩薩となったと言われています。
大変慈悲深く、多くの人たちの心に寄り添うために三十三もの姿に変化することができ、これを三十三観音と言います。

ブッタ(釈迦)

北インドのシャーキヤ族の王族、仏教の開祖。
29歳のとき、王太子時代に出家しました。
6年間の修行の後、35歳で縁起と十二因縁を悟り仏陀となりました。

聖母マリア

イエス・キリストの母、聖ヨセフの妻。
神聖なる聖母の愛を司る女神で、子どもへの愛や母の強さがあります。

イエスキリスト

聖母マリアの子であり、『人を許す心』『愛する心』の大切さを説いています。

天照大御神

日本の神話で最高神であり、太陽を表す神です。
光を照らす神ですので、成長や進む道を促す助けをしてくれます。

ほかにも、“トト”“マイトレーヤ”“モーゼ”など、数多くのアセンデッドマスターがいます。

アセンデッドマスターと数字の関係

アセンデッドマスターは、数字の3との関係性は強いと言われています。
またエンジェルナンバーと呼ばれる『333』は、アセンデッドマスターがすぐ近くにいることを示しており、強い力で守られていることを表しています。
さらに「アセンションを進めましょう」という意味があることを覚えておいてください。
車のナンバープレートや買い物した際の金額など、何かの形で『333』のエンジェルナンバーをよく見るようになったら、アセンションのタイミングが近づいてきているかもしれません。

アセンションを行うと魂のレベルをアップすることができ、地球を卒業して宇宙へ戻り、アセンデッドマスターのように人間の手助けとなる存在になります。
また、地球全体のアセンションでは、さらに精神性の高い人間を創り上げることが可能となるのです。

千里眼

おすすめの記事