メンタルブロックとは?

『メンタルブロック』という言葉を知っていますか?
初めて聞いたという方でも、何となく意味は分かりますよね。
『メンタルブロック』=精神的に妨害する、ということです。
何かの夢や目標に向かおうとするとき、或いは達成されそうなときに、心にブレーキをかけてしまうことを意味しています。
多くの方が意識せずに行っていることですが、今回はご自身を振り返って考えてみてください。

例えば、「自分のお店が持ちたい!」と目標を持ったときに、「自分にはできない」「無理」「失敗するかもしれない」などという思考で行動にストップをかけるのが『メンタルブロック』です。
ほかにも「一人旅に行きたいな~」と思っても、「仕事を休むわけにいかない」「お金を無駄遣いすることになる」「あの人にどう思われるか・・」など、行けない理由が次々思い浮かんでしまった経験はありませんか。
実際に実行することが良いのか悪いのかは別問題として、「行きたい」と望む一方で「行けない」と考えてしまうのは自分の気持ちにブレーキがかかっているからです。

メンタルブロックは思い込みから始まる?

『メンタルブロック』は、そのほとんどが思い込みです。
その根拠はどこにもないし、誰かに何かを言われたわけでもないのに、「それをやってはいけない気がしてしまう」「失敗して大変なことになる」と分かりもしない未来のことを勝手に暗示しているのです。
しかもその暗示は、ただの思い込み、「そんな気がする」だけです。

例えばそれは、育ってくる環境の中で親に刷り込まれたことだったり、世間や学校の先生が強化したことだったり、たまたま一度の失敗の経験が“絶対”の思い込みになっている場合もあるでしょう。
そうして与えられた価値観は、上手くいかなかった自分の経験でさらに強化されてしまいます。
そしてそれが“正しい価値観”として、先入観となって自分の中に植え付けられてしまうのです。

だとしたら、『メンタルブロック』で前に進めないのは、馬鹿馬鹿しいとは思いませんか。
やってみて、失敗したっていいんです。
結果が出なくてもいいじゃないですか。
どんなことでも“経験”として身に付くものです。
もしもそんな環境の中で成長してくることができたら、きっと『メンタルブロック』などとは無縁に、行動しやすいでしょう。

メンタルブロックの外し方

『メンタルブロック』がある限り、どんなに環境が整っても行動に移すことは難しいのではないでしょうか。
そう聞いて、「メンタルブロックの外し方さえ分かれば挑戦するのに・・」そう思うこと自体が、既にメンタルブロックが発動した思考だと言えますね。
もちろん外すことは可能です。

メンタルブロックになっている部分を特定する

『メンタルブロック』は人によってそれぞれ異なります。
まずは自分の『メンタルブロック』になっている部分を特定してください。
『メンタルブロック』を外す際、どの部分にブレーキがかかっているのかを特定することが最も重要となります。

例えば、「旅行に行きたい」と考えた場合の『メンタルブロック』は、“お金がかかること”へのブレーキなのか、“自由に行動すること”へのブレーキなのか、それとも“楽しむこと”へのブレーキなのか。
自分の思い込みがどういう部分に引っかかっているのかを特定するには、自分の価値観や考え方を書き出して、自分をじっくり観察する必要があるでしょう。
そしてどんなことに『メンタルブロック』が働いているのか分かったら、そのことをしっかりと受け入れてください。

メンタルブロックを肯定する

次に、特定した『メンタルブロック』に関して、肯定できる面を考えましょう。
それによって守れたこと、傷つかずに済んだことなどなど、自分の『メンタルブロック』を肯定することで、自己肯定感を上げていくのです。

“自由に行動すること”に対して『メンタルブロック』がある場合、そのことによって「仕事で迷惑をかけたことがない」「家族や友人の和を乱さないでやってこられた」など、良いこととして肯定するのです。
そこまで行くことができたら、あとは徐々に外して行くだけです。
ただし、焦って急いではいけません。
少しずつ積み重ねていくことが大切なのです。

「自由に行動することには抵抗があるけど、たまには自由に行動してみたい。仕事も有休を取れば迷惑はかけないし、旅行にでも行ってみようかな。お土産を買って来ればみんな喜ぶかな」というプラスに転じた考え方をしてみます。

大切なのは成功体験の積み重ね

一気に変化することを望んで、いきなり行動するのは逆効果となってしまいます。
人間は急激な変化をしようとすると元に戻ろうとする性質があります。
ですから少しずつ、小さなことから始めてください。

上記の“自由に行動すること”に『メンタルブロック』がある場合は、まずは1人で自由になる時間を楽しむことから始めましょう。
休日に、家族や友だちと一緒に行動せずに、短時間でもいいので1人の自由時間を過ごしてみるのです。
その時間は好きなように行動すると良いでしょう。
そして徐々に時間を長くしていき、行動範囲を広げていきます。
もう一度言いますが、急いではいけません。
ゆっくりと進めてくださいね。

行動範囲が広くなってきたら、近場へ日帰り旅行をしたり、1日がかりで何か好きなことに時間を費やすのも良いですね。
楽しむことができた自分を喜んでください。
そうした成功体験の積み重ねが、『メンタルブロック』を外すことに繋がるのです。
いずれ何も意識することなく、何日でもどこまででも旅行へ出かけられるような自由を手にすることができるでしょう。

この例に限らず、自分の『メンタルブロック』に気付くことができたら、まずは受け入れて、肯定し、成功体験を積み重ねて、少しずつ『メンタルブロック』を外すことが可能です。

メンタルブロックを外すときに潜在意識が影響すること

『メンタルブロック』は、元々潜在意識にある子どものころの失敗体験や親や教師や世間からの刷り込みが原因です。
その潜在意識に対して、現在の自分の顕在意識が反するような願望を持った場合、その行動に対してブレーキがかかってしまうのです。
上記の例で言えば、何らかの刷り込みにより「自由な行動をしてはいけない」という思い込みが潜在意識に存在しています。
しかし大人になった自分は、「もっと自由に旅行や趣味を楽しみたい」と望んでいたとします。
この場合、潜在意識と顕在意識がまるで真逆の方向へ向いてしまっているので、いざそのことを実行しようとしたときにブレーキがかかってしまうのです。
ですから、上記で説明した“メンタルブロックが影響している部分を受け入れて肯定する”という作業は、とても重要なのです。
上辺だけでなく、しっかりと受け止めて本心から肯定する必要があるのです。
それはつまり、潜在意識と顕在意識のベクトルを同じ方向へと向かせる作業なのです。
自分を認めるということは、自分を変えたい場合にとても重要なことなのです。

千里眼

おすすめの記事