ブルーマンデー症候群:月曜日の憂鬱

『ブルーマンデー症候群』という言葉を聞いたことがありますか?
この言葉は知らなくても、意味はお分かりいただけるのではないでしょうか。
簡単に説明すると「休み明けの月曜日が憂鬱・・・」という状態のことを言います。

週休2日制が一般的な昨今では、土日が休日という会社も多いでしょう。
2日間のお休みを経て、休日が終わってしまうということに憂鬱な気分になることから“サザエさん症候群”とも呼ばれています。
“サザエさん”と言えば国民的アニメとして有名ですね。
そうです、日曜日の夕方放送されており、“サザエさん”が終わると「明日も仕事か・・」とブルーな気分になってしまうことに由来した呼び方ですね。
『ブルーマンデー症候群』には、共感できる方も多いのではないでしょうか。

ただし、実は『ブルーマンデー症候群』には深刻なデータも発表されています。
事実、月曜日の午前中の仕事のミスが多いことは、実はかなりの確率で多くの企業で見られる傾向です。
また、会社を休みたくなる曜日は圧倒的に月曜日が多く、やる気や集中力が欠落したり、実際に体調が悪くなる人も多いということです。
この状態が深刻化し、日曜日の夜の不眠、月曜日の朝の頭痛や吐き気・下痢症状など、本当に仕事へ行けない状態になってしまう人もいるそうです。

厚生労働省の発表による[曜日別の自殺者]のデータによると、最も自殺者が多い曜日は月曜日となっています。
そして最も自殺者が少ない曜日は土曜日となっており、月曜日と土曜日を比較すると、月曜日は土曜日の男性で1.5倍、女性で1.3倍となっています。
様々な理由の中で、やはり休日明けの出勤に強いストレスを感じるケースや、失業者の場合は周囲の通勤通学に対する取り残され感が強くなることが挙げられています。

『ブルーマンデー症候群』を安易に考えてはいけないということがお分かりいただけたでしょうか。
次は、『ブルーマンデー症候群』にならないための対策について考えてみましょう。

ブルーマンデー症候群にならないための対策

『ブルーマンデー症候群』は、誰でもなる可能性があります。
ですから日頃から、『ブルーマンデー症候群』にならないための対策をしておくことをおすすめします。

休日は適度な運動をする

休日になると、体を休めるという名目でゴロゴロしている方も少なくないのではないでしょうか。
また普段の寝不足を解消するべく、寝溜めと称してベッドで1日の大半を過ごす方もいるかもしれませんね。
しかしそれでは睡眠のリズムが崩れてしまい、日曜日の夜にぐっすり眠れない可能性もあります。
必要以上に体を休めることは、実は体にとってストレスとなってしまいます。
ですから休日には適度な運動をして心地よい汗をかき、程よい疲労感で1日を終えてぐっすり眠るようにしてください。
適度な運動はストレス発散に効果があります。

バランスの取れた食事

やはり脳にも体にも心にも、栄養バランスは重要です。
昨今、流行りの糖質制限も、ほどほどにしなければ健康被害が生じてしまいます。
脳の働きには糖質が不可欠です。
ですから健全な思考には適量の糖質は必要だと言うことです。
そしてたんぱく質やビタミン・ミネラルなど、しっかりとした食事を摂ることが大切です。
ただし、栄養を摂ればいいというわけではありません。
美味しく食事を楽しむということも重要です。

まじめ過ぎるのも考えもの

月曜日は週の始まりですので、会社によっては朝一の会議や朝礼を行うところもあるのではないでしょうか。
そうした習慣がプレッシャーとなって、『ブルーマンデー症候群』の原因となっていることも考えられます。
いっそ肩の力を抜いて、会社に行っただけで◎!としてしまうのも良いですね。

月曜日に楽しみを

月曜日だからこそデートの約束をしたり、観たかった映画を観に行くなど、仕事終わりに楽しみを用意しておきましょう。
ブルーな仕事が終われば、その先には楽しみが待っている!
それだけでも朝起きるときの気分が違うのではないでしょうか。

ブルーマンデー症候群かな?と思ったときの対処法

では、もしも自分が「ブルーマンデー症候群かもしれない」と思ったら、どのような対処をすれば良いのでしょうか。
多くは日曜日の夕方には仕事に行くことが億劫になり、朝は「仕事に行きたくない」と思うでしょう。
しかし、朝になったらとりあえず家を出ることを目標にしてください。
休日で生活のリズムが崩れてしまうと、朝起きることも辛いでしょう。
とは言え、家を出てしまえば出勤するルーティーンに乗ることが可能です。
ですから、まずは家を出ることを目標にするのです。

そのためには、できるだけ日曜日の過ごし方をウィークデイと同じようなリズムで過ごすことをおすすめします。
もちろん休日ですから、出掛けることもあるでしょうし、撮りためた録画を観る楽しみもあるでしょう。
ほかにも買い出しや、普段できない用事を片付ける必要があるかもしれません。
そうした行動も、夕方までには片付けるようにすると良いでしょう。
起きる時間、食事の時間、就寝する時間を普段通りにすることで、ブルーマンデー症候群を回避することは可能です。

ブルーマンデー症候群が多いタイプ

『ブルーマンデー症候群』は様々な年代で男女ともに見られるものですが、特に多いのは20代~30代だと言われています。
性別では女性が多く、心療内科へ通院している人も少なくありません。
性格は真面目で、本音を言える友だちが少ない人に多いようです。
一人暮らしの人に多いのは、帰宅後に愚痴をこぼす相手がいないことが影響しているのかもしれませんね。

どうしても辛いときは、月曜日はゆっくりのペースで仕事をし、完璧を目指さないことです。
そして仕事が終わったら、ご褒美として楽しい予定を入れるのも良いですね。
しかしあまり状況が深刻にならないうちに、誰かに相談するか、心療内科などを受診することも検討してみましょう。

千里眼

おすすめの記事