リスキーシフトとは?集団心理による負の効果・・・

リスキーシフトとは?

『リスキーシフト』とは集団極性化現象の概念で、集団で何かを決定する場合にその内容が個人で決定するのに比べてリスキーな方向へと偏ってしまうことを意味しています。
逆に慎重な方向へと偏ることをコーシャスシフトと言います。
何かを決定しなければいけないときに、個人が考えて決定する場合は心理的にリスクに対して慎重な対応となることが一般的ですが、集団で考えて決定する場合は話し合ううちより極端な方向へと偏ってしまい、大胆とも言える結論に至ることがあります。
これが『リスキーシフト』です。
集団での話し合いでは合理的な考え方が考慮されにくくなり、場合によっては度外視されてしまうこともあります。
人数が多ければ様々な意見を聞くことができますし、多様性があるというメリットもあるはずなのですが、それはまったく活かされません。
そこに集まる人たちが通常では常識的な考え方や行動をする人でも、集団になると極論やリスクの大きな発想にもまったく臆することなくその意見に賛成し、その中に入ってさらに極端な方向へと考えを進めていきます。
例えば、自分一人で考えているときは「泥棒に入るなんて最低だ!」と本気で思っていても、集団の中で多くの人が「泥棒に入られる方にも落ち度があるよね」という意見に同調していれば、その意見に引きずられるように同調してしまうのです。
それが『リスキーシフト』なのです。

実験で証明されるリスキーシフト

それでは『リスキーシフト』に関して行われた実験についてご紹介しましょう。

1961年、アメリカの心理学者ジェームズ・ストーナーが行った実験です。
まず、複数の人に質問用紙を配ります。
質問用紙には2択で回答する12問の質問が書かれています。

例)次の選択肢ではどちらが良いですか?
①安定した生活が保証される仕事
②不安定だが、うまくいけば大金が手に入る仕事

この例のように、質問はすべて“ローリスクローリターン”か“ハイリスクハイリターン”で形成されています。
そしてこの質問を個人で回答してもらい、その後、同じ質問を複数の人で話し合って回答してもらいました。
その結果、個人で回答したものと集団で選んだ回答は、興味深い結果となりました。

集団で回答した方が、一人で回答したときよりも“ハイリスクハイリターン”のほうを選択することが多かったのです。
つまり、個人で回答したときに“ローリスクローリターン”の方を選んだ方の中に、集団で回答するときに“ハイリスクハイリターン”の方に考えが変わった方が少なくない人数いるということになります。
一人で考えたときには選ばなかったリスクのある選択肢でも、集団になればどういう訳か選んでしまうのです。
ということは、会議やミーティングなどの話し合いでは、「集団で公平な話し合いを行った」と思っていることが多いですが、最終的には誰も個人では選ぶはずがなかったこと選んでしまうこともあるということですね。

集団作業で起こる社会的手抜き

『リスキーシフト』と同様に、集団になると個人で行うよりも作業に手抜きが起こることが分かっています。
例えば、一人で3時間で終えることができる作業を3人で協力して行えば、単純計算で1時間で終えることができるはずです。
しかし実際に同じ作業を3人でやってもらっても、一人で作業終えるのにかかった3時間を要したという実験結果が出ています。
つまり集団作業になると効率が悪くなり、時間がかかってしまうということです。
これは“社会的手抜き”という現象で、誰にでも起こることなのです。
意識的に「自分一人が手を抜いても大丈夫だよね」と思って手抜きをしている人もいるかもしれませんが、無意識のうちに手抜きになってしまう人もいるようです。

このように集団心理がマイナスに働くことはほかにもあります。
例えば、人が多く集まる場所で迷子が居た場合、迷子に気付いて気になる人は多いでしょう。
しかし、すぐに手を差し伸べて助ける人はほとんどいません。
これは集団心理の中でも傍観者効果というもので、「自分がやらなくても誰かがやるだろう」という気持ちや「誰もやらないから自分もやらなくていいよね」という気持ちが芽生えるからです。

このようにリスキーシフトだけでなく、集団心理がマイナスに働くことはいろいろあるのです。

リスキーシフト:極端な結論に達する原因

『リスキーシフト』が起こるのには集団心理としての原因があります。

1責任の所在が曖昧

個人と違って、集団になると責任の所在が曖昧になりますね。
個人で発言する場合はそこに伴う責任を考慮して意見を言うことができる人でも、集団の中ではその場の雰囲気や目立つ意見に同調してしまう傾向があります。
まさに「赤信号、みんなで渡れば怖くない」の心理なのでしょう。

2同調を求められる

集団の人数が多くなれば多数派の意見を重視することになりますので、少数派の意見は主張しにくい雰囲気となることがあります。
初めは少数派の意見を主張することができても、多数派の同調を求める声に同調してしまうことは誰にでもあることです。
まさに「長い物には巻かれろ」という心理なのでしょう。

3自分の社会的アイデンティティを重視

集団で話し合いを行ううちに、集団への自己同一視が起こります。
多数派に同調し、自分のアイデンティティを維持するのです。

『リスキーシフト』を回避するためには、集団の中でも責任の所在をハッキリとさせておき、さらに個々にもある程度の責任を課す必要があるでしょう。
そうすることによって、集団であることによるリスクは軽減することができるでしょう。

一度は鑑定を受けてみたい占い師

【朱竜(シリュウ)先生】“ヘブライ透視術”を使える数少ない占い師

朱竜先生

今、密かに話題の占い師と言えば、電話占いウィルに所属する朱竜先生。

朱竜先生は、使い手が極めて少なく希少価値の高いヘブライ透視術を使える数少ない占い師で有名な方です。

ヘブライとは古代イスラエル/ユダヤの別名、移住民という意味を持ちます。

今世でも現存しているカバラ等の様々な数秘術、透視術の基礎や、著名な能力者を生んだ歴史ある土地です。

そちらの占術の最も根幹となるものがヘブライ透視術です。

また朱竜先生は、四柱推命学の研究を進め、極めるまでに至っており、ヘブライ透視術での結果と照らし合わせる事によって、鑑定精度が異常に高いと評判です。

そんな朱竜先生の鑑定を、無料で受けることができます!

電話占いウィルに会員登録すれば、初回限定で3,000円分無料の鑑定を受けることができるのです。

ヘブライ透視術の鑑定を受けられるチャンスは、めったにありません!
しかも無料です。

もし、朱竜先生の鑑定に興味がありましたら、ぜひ電話占いウィルに登録して3,000分無料の鑑定を受けてみて下さい。

fa-arrow-right口コミレビュー

感謝です。ありがとうございます。
何回言っても足りないです。
先生に出会えた奇跡に今年は先生に出会えた事、幸せものです。
ずっと、ずっと、モヤモヤした気持ち、イライラや最後のしっくり気持ちがなるまでの最後の一番聞きたかった言葉が今日先生からでてきたので、言葉がでませんでした。お力が言葉に言い表せないほどのお力で。初めてです。何年間もモヤモヤしたり、不安だったりしていたのが、今日先生との時間を境に消えちゃいました。
いろいろまだまだ、お聞きしたい事だらけです。時間制限がきてしまい、すみませんでした。近くにまた、おざゃまさせてください。
すごく、今何年ぶりにおだやかな気持ちでいます。先生、感謝です。ありがとうございます。

引用元:ウィル/朱竜先生の口コミ
3,000円分無料の電話鑑定はこちら

当たると評判のLINEトーク占いが話題!

LINEトーク占い

LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。

LINEトーク占いには、1000人を超える占い師が待機。

しかも実力のある占い師ばかりで、本格的な鑑定が体験できるのです。

例えば、名古屋の人気占いサロン「即應翠蓮」の翠蓮先生や、福岡で口コミで話題の、かのうみくる先生など、人気の先生に鑑定してもらえます。

初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?

10分間無料のトーク占いはこちら

千里眼

おすすめの記事