グラウンディングとは?意味や方法、効果などをご紹介!

グラウンディングの意味

『グラウンディング』という言葉を聞いたことがありますか?
ヨガやヒーリングなどのエネルギーワークを行う方や、スピリチュアルに興味のある方なら聞いたことがあるのではないでしょうか。
しかし残念なことにグラウンディングに注目し、大切にしている人は決して多い数ではないようです。
中には、「ヨガを習っているけど、その言葉は聞いたことがない」という方もいるでしょう。
それくらい疎かにしがちなのです。
しかしグラウンディングは、人が理想を叶えるときに非常に大切な要素の一つですので、是非、注目してください。

元々グラウンディングという言葉は、英語で『○○を地面に置く』や『設置する』『○○の基礎を教え込む』などの意味があります。
しかしここでお話しする『グラウンディング』はスピリチュアルな意味となりますので、少し異なります。
スピリチュアルな世界では、グラウンディングは『地に足を付けて生きる』という意味があります。
足の裏を大地に付けることで地球のエネルギーと繋がり、チャクラは水や木や風などのエネルギーと繋がることができます。
足の裏から地中に、光の根が伸びることを想像してください。
地球のエネルギーをもらうことができれば、エネルギー不足を感じたときに大地から補うことも可能です。
そして地球との繋がりを実感することができれば、自分の軸ができ、何事にも振り回されることなく自分らしく堂々と生きることができるようになると言われています。
“今”この時この瞬間に、“心と意識”を現実社会に根差して生きるということですので、アニメやファンタジーなどの架空の世界やバーチャルなゲームの世界に没頭し、現実世界を疎かにしている人はグラウンディングできていない状態だと言えます。
夢を追いかけてばかりで現実を見ない人や、話ばかりで現実が伴わない人のことを「グラウンディングが弱い」という言い方をします。
スピリチュアルの専門家がオーラなどを視て「グラウンディングが弱い」と言う場合は、その人のエネルギー状態に問題があることを指しているのです。
そしてそのエネルギー状態に問題があることで、現実社会に根差すことができずに夢ばかりを追いかけたり、バーチャルなゲームに没頭して現実を見ることができない状態を作ると言われています。
つまりスピリチュアルな意味でのグラウンディングは、その人のエネルギー状態を具体的に示すものだということです。

グラウンディングで自分らしく生きるために

『グラウンディング』と一言に言いますが、グラウンディングには“心”“気”“体”の3つが存在します。
ただし、グラウンディングは特殊なエネルギーや能力ではありません。
個々によって強弱やそれぞれバランスは異なりますが、生きているすべての人がグラウンディングを行っています。
また、一人の人のグラウンディングを見てみると、そのときによって強弱があることも分かります。
グラウンディングが強いときには、しっかりと自分の足で地球の中心に向かって立ち、大地と結び付いているような感覚を持つことができるでしょう。
そして誰の目を気にすることもなく、自分らしい豊かな人生を送ることができるのです。
グラウディングが弱いときには、人に気を遣い、人の目を気にして、常に人にどう思われるかを気にしてしまうでしょう。
疲れやすく、疲れが取れにくい状態となり、人生を楽しむ余裕も自分らしく生きることも困難になるでしょう。

「自分らしく生きるため」には、或いは「人生を豊かにする」ためには、グラウディングのバランスを取ることが非常に重要です。
そのためにはバランスを取る力を高める必要があり、無理せずに時間をかけて自分をケアしなければいけません。
グラウディングは生きている限り変化します。
日によって、季節によって、年齢によっても異なりますので、常にバランスが取れる強さを補うことが大切ですね。
強靭な肉体を持っているからと言って、グラウディングが強いとは限りません。
また逆に、病気がちで体力がないからと言って、グラウディングが弱いとも限らないのです。
自分らしく豊かな人生を送るためには、グラウディングの強さとバランスが必要だということです。

グラウディングを行う方法

では、いよいよグラウンディングを行う方法です。

1.足裏をしっかり大地に着け、大地を感じながら立つ。
2.深呼吸で心を落ち着かせる。
3.骨盤の位置を正す。
4.丹田を意識して複式呼吸をする。
5.息を吐きながらアンカーが尾?骨から地球の中心へと下りるイメージをする。
6.アンカーが地球の中心と結び付くイメージをする。

これは、グラウンディングの中の『アンカリング』という方法です。

心のグランディングを高める方法

心のグランディングを行うと、自己肯定感を高めて安心感を感じることができます。
・他人軸をやめて、自分軸で客観的に物事を見るようにする。
・「自分は自分」「大丈夫」と心の中で繰り返し、自分が喜ぶこと、自分が弱い部分を考えて書き出し、自分で自分をよく理解する。

思考がネガティブになったときにグラウディングを高める方法

ネガティブ思考に捉われたときは足を動かしましょう。
・丹田呼吸やヨガなど、呼吸をしながら体を柔軟に動かす。
・大股でウォーキングをしたり、スクワットなども有効。
・よく食べること、よく眠ること、よく歩くこと、よく笑うこと。

気のグランディングを高める方法

アーシングは、素足で大地に触れることです。
土の上や砂浜など、裸足になって大地にしっかりと立つアーシングには、グラウンディングを整える効果があります。
・自然に触れる。
・深呼吸、腹式呼吸、丹田呼吸など、呼吸が大切。
・大地と繋がるイメージを忘れない。

グランディングのバランスを整える効果

ここまで読んでいただいて、「グラウンディングを強くしたい」と思った方は多いのではないでしょうか。
しかし、グラウンディングは強ければいいというわけではありません。
強ければ自由に生きる選択はありますが、強すぎると孤独感を感じたり、孤立させられている感覚に怒りを感じることもあるのです。
だからこそ、グランディングはバランスが重要だということです。

グラウンディングが強すぎると、頑固になり融通が利かないため、周りと上手く関係を築くことが難しくなります。
また、ワガママで自分勝手、図々しい面もあるでしょう。

また、グラウンディングが弱すぎると、自分の意見が言えずにいつも人任せになってしまい、自信がないため人の意見に左右されて自分がブレてしまいます。
ですから言っていることがコロコロ変わり、人の信用を得られなくなってしまうでしょう。
常に不安があるため心配性で頭でっかちになってしまい、自分で解決することは苦手です。

グランディングのバランスが取れた状態では、邪気を受けにくいため疲れにくく、自分に自信をもって意見を言えるようになります。
ですから「ノー」と言えるようになり、自分のやりたいことを選択することができるようになります。
気持ちが安定した状態ですので、人の意見にも耳を傾けることができ、悪口を言われたり批判されることが気にならなくなります。
グランディングのバランスを整えることで、非常に伸び伸びと自分らしく生きることが可能となるのです。

千里眼

おすすめの記事