虚勢を張るの意味は?虚勢を張る人の心理と特徴が→これ!

虚勢を張る人の心理

『虚勢を張る』とは、自分の弱点や欠点を他人に見せず、いいところだけを誇張したり、自分を大きく見せるなど、相手に威厳を見せようとする人のことです。
男女問わず、誰でも虚勢を張ってしまう瞬間はあるかもしれませんね。
「つい大袈裟に言っちゃった」
そんな風に思って、後悔したことがある人も多いのではないでしょうか。

ただし、中には常に虚勢を張っている人もいます。
事実を誇張して大袈裟に話をし、空威張りしてしまったり、カッコつけて良く見られたいと思うことは誰でもありますが、度を超すと周りの人に不快感を与えたり、ドン引きされることもあるでしょう。
「どうしてあんなことを言ってしまったんだろう」と後悔することがあっても、虚勢を張る人はまた繰り返してしまいがちです。
では、後悔することが分かっているのに、どうして虚勢を張ってしまうのでしょうか。
そこには虚勢を張る人なりの心理が存在しているのです。

虚勢を張る人の心理について考えてみましょう。
虚勢を張る人の心理は人によって異なりますが、いくつかに分けられると考えてください。

虚勢を張るの意味

虚勢を張る人の言動には、それぞれ意味があります。
人は誰でも、自分のすべてに自信を持っているわけではありません。
必ず自信のない部分を持っていますし、コンプレックスもあるものです。
「この人は堂々として自信に満ちていて、コンプレックスなど微塵も感じさせない人だ」
そう思っても、本人の心の奥底にはコンプレックスや自信のなさを隠し持っているかもしれません。
コンプレックスや自信のないところは、人には見られたくないものです。
そしてそのコンプレックスや自信のなさが大きければ大きいほど本人にとっては深刻な問題となりますし、隠そうとすればするほど必死です。
本人が意図しているかいないかは別問題ですが、隠そうとする心理が虚勢を張る言動を生んでしまうと考えて良いでしょう。
つまり、「虚勢を張る人ほど自信がない」ということになりますね。
言い換えると、虚勢を張るということは、その人自身が堂々と生きることに必要なことなのかもしれません。

虚勢を張る人の心理の特徴

それでは具体的にどんな心理が働いて虚勢を張ってしまうのでしょうか。
ここでは虚勢を張る人の心理を具体的に挙げてみましょう。

プライドや負けず嫌いな心理

誰でも「負けたくない」という気持ちになることはあるでしょう。
また、「バカにされたくない」と思うことも自然です。
実はそうしたプライドや負けず嫌いな心理が、虚勢を張ることに繋がる場合があります。
そのプライドが向上心に繋がってエネルギーとなれば良いのですが、中には努力なくして勝ちたいと思う人もいるのです。

自信はないけど優位に立ちたい心理

先述にもあるように、虚勢を張る人は何かしらの強いコンプレックスや自信のなさを持っています。
容姿や学歴、職種、資格、経歴や既婚・独身、子どもの有無、子どもの成績、持っている車の車種、などなど。
どんなことでもコンプレックスになる要素はあるものです。
虚勢を張る人は、自分が優位に立つために相手を低く見て、そうすることで自信のなさを隠そうとします。
相手を貶めるネガティブな心理の表れです。

過去の栄光

過去の自分の栄光にしがみつき、いま活躍している人を認めることができずに、過去の栄光を大袈裟に相手に伝えるケースがあります。
「自分は今の君よりも、当時はもっとすごかった」などと言って、威張ってみせるのです。
この発言の背景には、「以前のようにもっと必要とされたい」「もっと輝いていたい」という心理が隠れています。

人の評価を気にしている

虚勢を張る人は、相手の評価が気になります。
「良く思われたい」「すごいと言われたい」そんな心理が働くため、高評価を得るためにどんどん話が大袈裟になってしまいます。

競争心

虚勢を張る人は、自分に自信がない割に「勝ちたい」という気持ちを強く持っています。
それは意識的に感じている場合もありますし、無意識のうちに勝ち負けにこだわっている場合もあります。
勝つために精神的にマウントを取り、虚勢を張って相手の上を行こうとします。

過剰なストレス

ストレスが過剰に溜まっている状態になると、虚勢を張った状態でなければ自分を保つことができない場合があります。
ストレスは人を弱くするため、虚勢を張らずにはいられない状況だとも言えるでしょう。

虚勢を張る人の心理は様々ですが、いずれも決してポジティブな心理だとは言えませんね。
多くはネガティブな発想の下に虚勢を張り、周りを不快にすると同時に、実るものは何もないと言って良いでしょう。

虚勢を張る人への対処法

虚勢を張る人の心理や特徴を見てみると、少し気の毒な印象を持つ人もいるのではないでしょうか。
自分の弱さを必死に隠し、そのために大袈裟な話や時には嘘をつくこともあるなんて、人生の楽しみが半減してしまいそうですね。

しかしもしも周りに虚勢を張る人がいる場合は、そんな気持ちにはなれないかもしれません。
その人のプライドを保つために真実ではない話で勝とうとされたり、場合によっては見下されてバカにされることもあるのですから、関わっていくのは大変です。
では、もしも周りに虚勢を張る人がいる場合は、どのように対処したら良いのでしょうか。

受け流す

相手が虚勢を張って嘘や誇大表現をしていることに気付いても、知らんふりで受け流します。
言うなれば、『相手にしないで放っておく』ということです。
本気で取り上げていたら、こちらが参ってしまいます。
必要以上に関わらず、嘘や誇大表現も受け流すというスタンスでいるということです。

相手が言う以上に褒めちぎる

相手が謙遜するほど褒めちぎることで、それ以上は言わせないという方法です。
嘘や誇大表現だと分かっていても、「すごいですね!」「○○さんじゃないとできないことですよね!」「みんなにも知らせたいので、ほかの人にも話していいですか!」などと言って褒めちぎります。
相手はそれ以上言うことができなくなるので黙ってしまいますし、内心は満足しているのでそれ以上「分からせよう」としなくなるでしょう。
ただし、そうすることによって「良き理解者」だと思われて、より親しくなろうとされることもあるので注意が必要です。

虚勢を張ることにメリットはほとんどありません。
もしもご自身に心当たりがある場合は、勇気を持って等身大の自分で人間関係を築いてみてください。
虚勢を張ることよりも遥かに理解してもらうことができますし、認めてもらうこともできるでしょう。

千里眼

おすすめの記事