【織姫と彦星】意外と知らない七夕物語や七夕の由来は?二人の星座についても解説!

織姫と彦星の七夕物語

七夕と言えば7月7日。
『織姫と彦星』が年に1回会える日ですね。
笹に願い事を書いた短冊を飾ったことがある方は多いのではないでしょうか。

では、七夕物語はご存知ですか?
「子どもの頃に聞いたことがある」という方は多いかもしれませんが、「大人になった今でもしっかり覚えている!」という方は意外と少ないのではないでしょうか。

それでは今一度、七夕物語を読んでみましょう。

七夕物語

むかしむかしのお話です。
天の川のほとりに天の神様が住んでいました。
天の神様には一人娘がいて、娘の名前は織姫と言いました。
織姫はとても機織りが上手で、天の神様や周りの人たちに着物を作っては喜ばれていました。
年頃になった織姫に、天の神様は牛飼いの彦星を会わせます。
彦星は大変働き者でしたので、天の神様は織姫の結婚相手として申し分ないと考えたのです。
二人はすぐに惹かれ合い、結婚をして、新たな生活を送るようになりました。
織姫と彦星はお互いに好きな気持ちが強すぎて、二人だけの生活が楽しくて幸せで、ほかのことには関心を失くしてしまったのです。
たくさんの人たちの着物がボロボロになっても、織姫が新しい着物を作ることはなくなり、彦星の牛たちは次々と病気になってしまいます。
見兼ねた天の神様は二人を引き離し、天の川を挟んで別々に暮らすように言ったのです。
以来、織姫は毎日泣いて暮らし、彦星も元気を失くしてしまいました。
天の神様は、深い悲しみの中で毎日を過ごす織姫が不憫になり、一年に一度、七月七日だけは二人が会うことを許します。
二人は七月七日に会えることを楽しみに、仕事を一生懸命頑張りました。
織姫は機織りをしてみんなの着物を作ることに励み、彦星は牛のお世話を頑張りましたとさ。
おしまい。

いかがでしたか?
思い出しましたか?
『怠けていると好きなことができなくなるよ』というメッセージが込められているような、『好きなことがあると一生懸命頑張れる』というメッセージのような。
この短い物語の中に、人のモチベーションは様々な要因で変化することが分かりやすく描かれていますね。

それでは次に、七夕の由来についてお話ししていきましょう。

七夕の由来

実は七夕の由来は、中国が深く関係しています。
上記でお話しした『七夕物語』は、中国に伝わるお話です。
そして奈良時代に中国から伝わった7月7日の宮中行事『乞巧奠(きこうでん)』が、『七夕物語』と一緒に日本に伝わったのです。
それは、織姫にあやかり機織りなどの手芸の上達を願い、7月7日の夜に針と糸を祭壇に供える風習でした。
日本の神事としては、七夕は桃の節句や端午の節句と同様の『五節句』の一つで、元々は“タナバタ”ではなく“シチセキ”という読み方をして『七夕(シチセキ)の節句』と呼ばれていました。
呼び方が“タナバタ”となったのは、日本の別の神事『棚機(タナバタ)』と融合したことが始まりだったと言われています。
かつて、神様に捧げるために特別な織物を作っていた女性を『棚機津女(タナバタツメ)』と呼んでいました。
棚機津女が作った織物を神様に捧げ、作物の豊作を祈る神事を『棚機(タナバタ)』と言ったのです。
織姫と棚機津女の織物を織るという共通点と、『タナバタ』という音から、3つが融合して『七夕』となったのです。

夜空の星座に織姫と彦星を見つけよう!

実は、織姫星も彦星も実在します。
ご存知でしたか?
七夕の時期、21時頃を狙って東の空に探してみましょう。
織姫星はこと座のベガ、彦星はわし座のアルタイル。
夏の宵に美しく輝く星です。
どちらの星も中国や日本で昔から知られている、夏の夜空の1等星です。
明るく輝く星ですので、大変目立ち、簡単に見つけることができるでしょう。
ベガとアルタイルの2つの星は、天の川を挟んで離れて輝いています。
星と星の間の距離は、約16光年です。
“光年”は距離を表す単位ですが、光が1年間に進む距離のことで、1光年=約9兆4600億kmです。
つまり16光年ということは、9兆4600億km×16・・・ということです。
織姫と彦星は、なんと遠いところに離れて暮らしているのでしょう。

夜空を見上げて星を確認できたとき、星同士が接近しているように感じることがあるでしょう。
いくつもの星が集合しているように見えることも有ります。
しかし織姫星と彦星は、残念ながら近づいて見えるということはありません。
7月7日の七夕の夜でさえも、離れたままなのです。
実は七夕物語には続きがあって、カササギという鳥が天の川に橋をかけ、織姫を彦星のところへ連れて行ってくれます。
実は、星空にも橋渡し役が存在しています。
天の川に沿う形で位置している『ハクチョウ座』です。
ハクチョウ座は、織姫星と彦星の間に位置し、大きな翼を広げた形をしています。
ハクチョウ座の尻尾の部分の1等星“デネブ”と、七夕の2つの星でできた大きな三角形を『夏の大三角』と言い、夏の夜空で星座を探すときのガイド役となっています。

天の川を見るには・・

実際に、七夕の日に天の川を見たことがありますか?
「見たことがある」という方は意外と少ないのではないでしょうか。
実は天の川は、旧暦の7月7日あたりがキレイに見える時期だと言われています。
8月の上旬を目指して、夜空に天の川を探してみましょう。

では、なぜ天の川は簡単に見ることができないのでしょうか。
実は、天の川はほかの星に比べてとても暗いのです。
ですから人工の光があると、その明るさに邪魔されて天の川の光が霞んでしまうのです。
つまり、都会で見るのは難しいと考えた方が良いということですね。
できるだけ人工の光がない地域へ行って、その暗さに目を慣らすと、満天の星空がより美しく光り輝いて見えるでしょう。
たくさんの星が散りばめられた夜空に天の川を探してみてください。
肉眼では薄っすらとしか見えなくても、写真に収めるとしっかりと写っていることは多いようです。
一眼レフや高性能のカメラを持っていなくても、最近のスマートフォンなら撮影できると言われています。
是非、トライしてみてください。

一度は鑑定を受けてみたい占い師

【諸縁(ゆかり)先生】“なりかわり”という独自占術で相手の気持ちを正確に伝える占い師!

諸縁先生
今、密かに話題の占い師と言えば、電話占いカリスに所属する諸縁先生。

諸縁先生は、”なりかわり”という先生独自の占術で人気の占い師。

生まれついて、自分以外の第三者とのシンクロからイメージが入ってくることができ、現在ではその能力を活かし、相手の感情や状況、未来のヴィジョンを正確にお伝えすることを得意としています。

19歳の頃から完全口コミだけで、鑑定を続けてきた超実力派占い師です。

そんな諸縁先生の鑑定を、今なら無料で受けることができます!

電話占いカリスに会員登録すれば、初回限定で2,400円分無料の鑑定を受けることができるのです。

もし、諸縁先生の鑑定に興味がありましたら、ぜひ電話占いカリスに登録して2,400円分の無料鑑定を受けてみて下さい。

鑑定料金
初回は2,400円無料で、以降は1分350円。
fa-arrow-right口コミレビュー

2週間ほど前にみていただきました。先生に彼の気持ちなどを聞きましたが、言われたことまったく同じことを彼に言われました。ビックリです‼️本当にすべてそのまま同じことを‼️スゴイしかないですまだまだ始まったばかりですが、いい方向へ向かっていければと思ってます

引用元:カリス/諸縁先生の口コミ
初回限定2,400円分の無料鑑定はこちら

噂の占術“なりかわり”を体験して下さい。

「提供元:ティファレト」

【ルーシー先生】アカシックレコードを読み解く力がスゴいと話題!

ルーシー先生
今、密かに話題の占い師と言えば、電話占いウィルに所属するルーシー先生

ルーシー先生は、アカシックレコードを読み解く力が、ずば抜けてスゴいと話題になっている鑑定師です

アカシックレコードとは、宇宙や地球、人類すべての歴史や未来に起きうる出来事について情報が蓄積されている貯蔵庫のようなもの。

個人の過去(前世)から未来まで全ての転生の情報、魂の情報なども記録されています。

ルーシー先生は、このアカシックレコードを読み解くことで、ご相談者様の過去生から受け継いでいるものや魂の傾向、そして未来に起きうる出来事を把握した上で、適切なアドバイスをお伝えしてくれます。

万が一、未来に負の出来事が起こると出た場合、それらの回避方法などもお伝えしてくれます。

そんなルーシー先生の鑑定を、無料で受けることができます!

電話占いウィルに会員登録すれば、初回限定で3,000円分無料の鑑定を受けることができるのです。

もし、ルーシー先生の鑑定に興味がありましたら、ぜひ電話占いウィルに登録して3,000円分無料の鑑定を受けてみて下さい。

鑑定料金
初回は3,000円無料で、以降は1分420円。
fa-arrow-right口コミレビュー

凄い先生がデビューされましたね。鑑定が早く、ほぼ何も聞かれていないにも関わらず、私が彼について心あたりがある事お見通しでした。彼の家庭の環境が解消されないと動けないと言われた時は本当に驚きました。
実力のある先生に安心していいと言って頂けて本当に嬉しいです!
是非また鑑定をお願いしたいと思う先生です。

引用元:ウィル/ルーシー先生の口コミ
初回限定3,000円分の無料鑑定はこちら

アカシックレコードであなたの情報をチェック!

千里眼