紙垂とは?意味や由来、作り方などをご紹介!

紙垂とは?

『紙垂』と聞いて、すぐにピンと来る方は少ないかもしれませんね。
読み方は『しで』です。
紙垂は、神社の注連縄(しめなわ)玉串(たまぐし)、お祓いをするときに神主さんが振る棒の祓串(はらえぐし)、大麻(おおぬさ)に付いているヒラヒラとした紙のことです。
紙垂を『四手』と表すこともあります。
身近なところでは、神社の御神木、正月の鏡餅、御神体の岩などに下げられているのを見たことがあるでしょう。
また、相撲の横綱の土俵入りでは、紙垂のついた綱を締めていますね。
紙垂がある場所は神聖な場所であることを示し、境界線として下げられています。

紙垂の由来

紙垂は、古事記の天の岩戸伝承に登場しますので、奈良時代以前から使われていたことが考えられています。
古事記では、岩戸に隠れた天照をどうにか外に出したいと思案した神々が、占いをした後に岩戸の前に賢木を立てます。
この賢木に付けられた様々な飾りの中で、“下の枝に下げた白丹寸手(しらにきて)と青丹寸手(あおにきて)が紙垂です。
これが紙垂の起源だと言われています。
形が独特で、折り込まれた紙がヒラヒラとするのが特徴ですね。
これは、白い紙を交互に切り割くことで無限の広がりを表しており、無限の広がりは神の力を象徴したものだと言われています。
また、注連縄(しめなわ)は雲を表し、細い藁の〆の子は雨を表し、紙垂は稲妻や稲光を表わしているという説もあります。
稲が実る時期は稲妻が多いため、稲妻が豊作を呼び込むと考えられてたのです。

紙垂の紙の切り方・折り方は形式や流派があり、代表的なものでは『吉田家流』『白川家流』『伊勢流』があります。
紙垂は、2枚、3枚、4枚、7枚、8枚などがあり、大きさもいろいろです。
実は数や大きさにはそれほど厳密な決まりはないそうです。

注連縄の意味とは?

紙垂には、神聖な場所としての境界線の意味があることが分かりましたね。
では、注連縄にはどんな意味があるのでしょうか。

注連縄は、神聖な場所であることを示し、神様を祀るのに相応しい場所であることを意味しています。
また、神様がそこに宿る印でもあり、神様の世界と現実を隔てる結界の意味もあります。
そして注連縄を飾ることにより、禍や厄を祓うという意味もあります。
注連縄もやはり天照大神の岩戸の神話に由来しており、神々が岩戸に隠れた天照を外に誘い出し、二度と岩戸へ隠れないようにと岩戸を締めて、注連縄を張り巡らせたことが由来となっていると言われています。

紙垂の作り方

『吉田流』『白川流』『伊勢流』の3つの流派の紙垂の作り方をご紹介します。
この3つの流派は、裁ち方・折り方などのが異なり、紙垂の形もそれぞれ特徴がありますが、流派による使い分けは地域などによって異なります。
また、神社によっては、神社の中で場所によって違う流派の紙垂を使うこともあるようです。
材料は、正式には『木綿(ゆう)』という『楮(こうぞ)』の皮で作られた白い紙ですが、現在は習字の半紙やコピー用紙など、白い紙であれば問題はないでしょう。
神社によっては、雨や雪などでダメにならないように、防水加工の紙で紙垂を作っているところもあるようです。

吉田流の紙垂の作り方

吉田流は、紙垂の中で最もも有名な形の紙垂です。

①半紙を縦に3等分してカットし、3枚の長方形を作る。
②長方形を二つ折りにし、山が左側に来るように置く。
③縦に4等分、横に3等分して、折り目を付ける。
④縦に2/3の長さの切込みを3本入れる。
⑤全てを下に向けて折る。

白川流の紙垂の作り方

白川流は、紙に切り込みを入れた後に折っていく方向が異なります。

①半紙を縦に3等分してカットし、3枚の長方形を作る。
②長方形を二つ折りにし、山が左側に来るように置く。
③縦に4等分、横に3等分して、折り目を付ける。
④縦に2/3の長さの切込みを3本入れる。
⑤全てを手前側に向かって折り倒す。

伊勢流の紙垂の作り方

伊勢流は、吉田流や白川流と全く異なり、非常に簡単です。

①半紙を半分に折る。
②3等分にし、左右2ヶ所に切れ込みを入れる。
③手前に倒す。

神棚に注連縄や紙垂を飾る理由

「神棚はあるけど、注連縄や紙垂は飾っていない」という方が意外と多くいます。
では、注連縄や紙垂は飾っても飾らなくてもいいものなのでしょうか。

日本人は昔から信心深く、大きな木や岩や山など、自然の中に神様が宿るという考えがあります。
このように神様が宿るものを『依代(よりしろ)』と言い、非常に神聖な場所であることを表すために印をつけたのが注連縄です。
木や岩に注連縄が付けられているのを見たことがあるでしょう。

神棚にも同様の考えがあります。
神様は機や岩などの自然のものだけでなく、鏡や布にも宿ります。
元々紙垂は、神様が宿るものとして布の代わりに飾られたものなのです。
ですから、神棚の紙垂には神様が宿っていると考えてください。
また、注連縄と同じように神聖な場所であることを示し、そこが神様の領域であることを表しています。
本来注連縄は、『注連縄→〆の子→紙垂』という風に飾ります。
それぞれに意味がありますので、3つをきちんと飾る必要がありますが、最近は正式な飾り方をしているところも少ないようですね。

一度は鑑定を受けてみたい占い師

【天河りんご先生】TVメディアやマスコミが頼りにしている実力派占い師!

天河りんご先生
一度は鑑定を受けてみた占い師と言えば、電話占いウィルに所属する天河りんご先生。

天河りんご先生は、マスコミや政財界などで多くのクライアントを抱える実力派占い師。

8,000件以上の相談を解決してきた実績があり、業界内では最も信頼される占い師として有名です。

また、TVなどのメディアにも登場する機会が多い天河りんご先生は、TV番組からも数多くのオファーを受けています。

『スクール革命』日本テレビ

スクール革命1 スクール革命2
『NEWSな2人』TBS

NEWSな2人1 NEWSな2人2
『SPORTSウォッチャー』テレビ東京
SPORTSウォッチャー1 SPORTSウォッチャー2
『人生見極めドキュメント』日本テレビ


そんな天河りんご先生の鑑定を、無料で受けることができます!

電話占いウィルに会員登録すれば、初回限定で3,000円分無料の鑑定を受けることができるのです。

もし、天河りんご先生の鑑定に興味がありましたら、ぜひ電話占いウィルに登録して3,000分無料の鑑定を受けてみて下さい。

鑑定料金
初回は3,000円無料で、以降は1分380円。
fa-arrow-right口コミレビュー

以前からご相談させて頂いてます。
りんご先生は結果をハッキリ伝えてくれます。
以前も当たってきました。

この人はないですね
→当時は悲しかったけど、本当にそうなりました。

この人は友達としては付き合って行くみたいだけど恋愛としてはないみたい
→今は恋愛ではなく、とても仲良くしてます。

今回は復縁でご相談してます。
すごく心強いです。

引用元:ウィル/天河りんご先生の口コミ
初回限定3,000円分の無料鑑定はこちら

マスコミに注目される噂の鑑定を体験して下さい。

【ルーシー先生】アカシックレコードを読み解く力がスゴいと話題!

ルーシー先生
今、密かに話題の占い師と言えば、電話占いウィルに所属するルーシー先生

ルーシー先生は、アカシックレコードを読み解く力が、ずば抜けてスゴいと話題になっている鑑定師です

アカシックレコードとは、宇宙や地球、人類すべての歴史や未来に起きうる出来事について情報が蓄積されている貯蔵庫のようなもの。

個人の過去(前世)から未来まで全ての転生の情報、魂の情報なども記録されています。

ルーシー先生は、このアカシックレコードを読み解くことで、ご相談者様の過去生から受け継いでいるものや魂の傾向、そして未来に起きうる出来事を把握した上で、適切なアドバイスをお伝えしてくれます。

万が一、未来に負の出来事が起こると出た場合、それらの回避方法などもお伝えしてくれます。

そんなルーシー先生の鑑定を、無料で受けることができます!

電話占いウィルに会員登録すれば、初回限定で3,000円分無料の鑑定を受けることができるのです。

もし、ルーシー先生の鑑定に興味がありましたら、ぜひ電話占いウィルに登録して3,000円分無料の鑑定を受けてみて下さい。

鑑定料金
初回は3,000円無料で、以降は1分420円。
fa-arrow-right口コミレビュー

凄い先生がデビューされましたね。鑑定が早く、ほぼ何も聞かれていないにも関わらず、私が彼について心あたりがある事お見通しでした。彼の家庭の環境が解消されないと動けないと言われた時は本当に驚きました。
実力のある先生に安心していいと言って頂けて本当に嬉しいです!
是非また鑑定をお願いしたいと思う先生です。

引用元:ウィル/ルーシー先生の口コミ
初回限定3,000円分の無料鑑定はこちら

アカシックレコードであなたの情報をチェック!

千里眼