紙垂とは?意味や由来、作り方などをご紹介!

紙垂とは?

『紙垂』と聞いて、すぐにピンと来る方は少ないかもしれませんね。
読み方は『しで』です。
紙垂は、神社の注連縄(しめなわ)玉串(たまぐし)、お祓いをするときに神主さんが振る棒の祓串(はらえぐし)、大麻(おおぬさ)に付いているヒラヒラとした紙のことです。
紙垂を『四手』と表すこともあります。
身近なところでは、神社の御神木、正月の鏡餅、御神体の岩などに下げられているのを見たことがあるでしょう。
また、相撲の横綱の土俵入りでは、紙垂のついた綱を締めていますね。
紙垂がある場所は神聖な場所であることを示し、境界線として下げられています。

紙垂の由来

紙垂は、古事記の天の岩戸伝承に登場しますので、奈良時代以前から使われていたことが考えられています。
古事記では、岩戸に隠れた天照をどうにか外に出したいと思案した神々が、占いをした後に岩戸の前に賢木を立てます。
この賢木に付けられた様々な飾りの中で、“下の枝に下げた白丹寸手(しらにきて)と青丹寸手(あおにきて)が紙垂です。
これが紙垂の起源だと言われています。
形が独特で、折り込まれた紙がヒラヒラとするのが特徴ですね。
これは、白い紙を交互に切り割くことで無限の広がりを表しており、無限の広がりは神の力を象徴したものだと言われています。
また、注連縄(しめなわ)は雲を表し、細い藁の〆の子は雨を表し、紙垂は稲妻や稲光を表わしているという説もあります。
稲が実る時期は稲妻が多いため、稲妻が豊作を呼び込むと考えられてたのです。

紙垂の紙の切り方・折り方は形式や流派があり、代表的なものでは『吉田家流』『白川家流』『伊勢流』があります。
紙垂は、2枚、3枚、4枚、7枚、8枚などがあり、大きさもいろいろです。
実は数や大きさにはそれほど厳密な決まりはないそうです。

注連縄の意味とは?

紙垂には、神聖な場所としての境界線の意味があることが分かりましたね。
では、注連縄にはどんな意味があるのでしょうか。

注連縄は、神聖な場所であることを示し、神様を祀るのに相応しい場所であることを意味しています。
また、神様がそこに宿る印でもあり、神様の世界と現実を隔てる結界の意味もあります。
そして注連縄を飾ることにより、禍や厄を祓うという意味もあります。
注連縄もやはり天照大神の岩戸の神話に由来しており、神々が岩戸に隠れた天照を外に誘い出し、二度と岩戸へ隠れないようにと岩戸を締めて、注連縄を張り巡らせたことが由来となっていると言われています。

紙垂の作り方

『吉田流』『白川流』『伊勢流』の3つの流派の紙垂の作り方をご紹介します。
この3つの流派は、裁ち方・折り方などのが異なり、紙垂の形もそれぞれ特徴がありますが、流派による使い分けは地域などによって異なります。
また、神社によっては、神社の中で場所によって違う流派の紙垂を使うこともあるようです。
材料は、正式には『木綿(ゆう)』という『楮(こうぞ)』の皮で作られた白い紙ですが、現在は習字の半紙やコピー用紙など、白い紙であれば問題はないでしょう。
神社によっては、雨や雪などでダメにならないように、防水加工の紙で紙垂を作っているところもあるようです。

吉田流の紙垂の作り方

吉田流は、紙垂の中で最もも有名な形の紙垂です。

①半紙を縦に3等分してカットし、3枚の長方形を作る。
②長方形を二つ折りにし、山が左側に来るように置く。
③縦に4等分、横に3等分して、折り目を付ける。
④縦に2/3の長さの切込みを3本入れる。
⑤全てを下に向けて折る。

白川流の紙垂の作り方

白川流は、紙に切り込みを入れた後に折っていく方向が異なります。

①半紙を縦に3等分してカットし、3枚の長方形を作る。
②長方形を二つ折りにし、山が左側に来るように置く。
③縦に4等分、横に3等分して、折り目を付ける。
④縦に2/3の長さの切込みを3本入れる。
⑤全てを手前側に向かって折り倒す。

伊勢流の紙垂の作り方

伊勢流は、吉田流や白川流と全く異なり、非常に簡単です。

①半紙を半分に折る。
②3等分にし、左右2ヶ所に切れ込みを入れる。
③手前に倒す。

神棚に注連縄や紙垂を飾る理由

「神棚はあるけど、注連縄や紙垂は飾っていない」という方が意外と多くいます。
では、注連縄や紙垂は飾っても飾らなくてもいいものなのでしょうか。

日本人は昔から信心深く、大きな木や岩や山など、自然の中に神様が宿るという考えがあります。
このように神様が宿るものを『依代(よりしろ)』と言い、非常に神聖な場所であることを表すために印をつけたのが注連縄です。
木や岩に注連縄が付けられているのを見たことがあるでしょう。

神棚にも同様の考えがあります。
神様は機や岩などの自然のものだけでなく、鏡や布にも宿ります。
元々紙垂は、神様が宿るものとして布の代わりに飾られたものなのです。
ですから、神棚の紙垂には神様が宿っていると考えてください。
また、注連縄と同じように神聖な場所であることを示し、そこが神様の領域であることを表しています。
本来注連縄は、『注連縄→〆の子→紙垂』という風に飾ります。
それぞれに意味がありますので、3つをきちんと飾る必要がありますが、最近は正式な飾り方をしているところも少ないようですね。

一度は鑑定を受けてみたい占い師

【星宮(ホシミヤ)てる先生】霊感タロットの未来予知が当たりすぎると話題!

星宮てる先生
今、密かに話題の占い師と言えば、電話占いピュアリに所属する星宮てる先生。

星宮先生の祖父は僧侶、祖母は霊感体質と先祖代々霊感の強い家系に生まれ、幼少の頃から先を予感したり、人の気持ちを見通したりと鋭い力を持って生まれて来ました。

そんな星宮先生の得意占術が霊感タロット。

特に霊感タロットによる未来予知が当たりすぎると話題になっています。

星宮先生は、カードに触れた瞬間から指し示す意味や相手の状況・気持ち等が手に取るように分るというのです。

また独自のスプレッドを考案することで、より精度の高い鑑定を実現することに成功しました。

恋愛はもちろん、対人関係や仕事、家庭問題など、的確に未来を予知してくれます。

そんな星宮先生の鑑定を、10分間無料で受けることができます!

電話占いピュアリに会員登録すれば、初回限定で10分間無料の鑑定を受けることができるのです。

もし、星宮先生の鑑定に興味がありましたら、ぜひ電話占いピュアリに登録して10分間の無料鑑定を受けてみて下さい。

あなたの未来を予知してくれますよ。

鑑定料金
初回は10分間無料で、以降は1分380円。
fa-arrow-right口コミレビュー

てる先生!!いつもありがとうございます。
なかなか会えない彼のことを相談してるNです。
先生が会えるって言ってた期間で彼に会うことができました!!
しかも先生は、彼は2人が会える場所を作りたいように見えるって言ってましたが、本当に彼、部屋借りよう的なことを言ってました。
先生が言ってくれたこと当たってました!!
不安になったときに短時間で相談に乗ってくれる先生がいてくれて本当に感謝してます。
先生の人気が高くなって予約取りにくくなるのは困るけど。。また聞きたいことがあるので連絡しますね!!
引用元:ピュアリ/星宮てる先生の口コミ
初回限定10分間の無料鑑定はこちら

的中率の高い未来予知を体験して下さい。

【ガチ鑑定】全国の人気占い師がLINEトーク占いで無料鑑定中!

LINEトーク占い【LINEトーク占いで無料鑑定!】

LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。

LINEトーク占いには、1000人を超える全国の人気占い師が集結!

実力のある占い師ばかりで、本格的な鑑定が体験できるのです。

例えば、名古屋の人気占いサロン即應翠蓮翠蓮先生」や、広島で2ヶ月の予約待ちになるほど人気のカリスマ占い師「蓮香先生」など、全国の人気占い師に鑑定してもらえます。

大手のLINEだからできる豪華メンバー!

初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?

あなたの未来が今すぐに分かりますよ!

LINEトーク占いでよく当たる相談内容は…
・相手の本音や気持ち。私のこと好き?
・今から3ヶ月以内に起こる奇跡や出会い。
・私のことを好きな人はあの人。
・私はあの人とお付き合いできる?
・運命の人はだれ?もう出会ってる?
10分間無料のトーク占いはこちら

千里眼