時計が止まる・壊れるときのスピリチュアルな3つの意味とは?

「なんだか最近しょっちゅう時計が止まるなぁ・・・」と感じることはありませんか?
もちろん、使い続けていれば電池が切れることはありますが、あまりにも頻繁に電池が切れる・すぐに壊れるという場合はスピリチュアルな意味合いが強いと言えるでしょう。

この記事では、時計が止まる・壊れるときのスピリチュアルな意味についてご紹介しますので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

時計が止まる・壊れるときのスピリチュアルな3つの意味とは?

時計が止まる・壊れるときのスピリチュアルな意味としては、主に下記の3つが考えられます。

・あなた自身が時の経過に抵抗を感じているサイン
・生活リズムがあなたに合っていないことを知らせるサイン
・誰かから生霊を飛ばされているサイン

では、それぞれ詳しくご紹介していきましょう。

1:あなた自身が時の経過に抵抗を感じているサイン

時計が止まる・壊れるときのスピリチュアルな意味、1つ目は「あなた自身が時の経過に抵抗を感じているサイン」ということが考えられます。

実は、あなたの「時間が進んでほしくない」という強い気持ちが、無意識のうちに時計を止めてしまっているのです。
たとえば、次のようなタイミングで時計が止まりませんでしたか?

・好きな人とロマンチックなデートをしている時
・仲間と一緒に最高に楽しい時間を過ごしている時
・卒業や転居など、別れが近づいている時
・周りが次々に結婚していくようになった時
・これ以上歳を取りたくないと感じていた時

幸せな時を過ごしていると、「こんな時間がずっと続けばいいのに・・・」と願ってしまいたくなることもありますよね。
また、「変化したくない」、「周りに置いて行かれたくない」、「老いたくない」という焦りや恐怖心から時計を止めてしまうケースもあります。

そんな時は、あなたの心に優しく問いかけてみてください。
焦る気持ちや不安な気持ちを抱えている自分を理解し、柔らかく受け止め、心をほぐしてあげることが大切です。

2:生活リズムがあなたに合っていないことを知らせるサイン

時計が止まる・壊れるときのスピリチュアルな意味、2つ目は「生活リズムがあなたに合っていないことを知らせるサイン」ということが考えられます。

時間を管理する役割のある時計が止まってしまう。
その現象には「時間の管理について一度立ち止まって考えてみた方が良い」というメッセージが込められているのです。

たとえば、次のようなタイミングで時計が止まりませんでしたか?

・夜更かししがちな時
・残業する日が続いている時
・不規則な生活をしている時
・昼夜逆転の生活が続いている時
・スケジュールに追われた生活をしている時

このようなタイミングで時計が止まったり壊れたりした時には、どうしたら生活リズムを改善できるのか考えてみましょう。
あなたに合わない生活リズムを続けていると波動が下がり、良くないことを引き寄せてしまうことがあるので、くれぐれも注意してください。

3:誰かから生霊を飛ばされているサイン

時計が止まる・壊れるときのスピリチュアルな意味、3つ目は「誰かから生霊を飛ばされているサイン」ということが考えられます。

電化製品は霊的なエネルギーの影響を受けやすいため、他人から恨まれたり妬まれたりしていると、身に付けている腕時計が止まったり壊れたりすることがあるのです。

この場合は、腕時計が身代わりになってあなたを守ってくれたと考えられるので、心の中で腕時計に感謝の気持ちを伝えましょう。
感謝の気持ちを磨くことで、生霊の影響も受けづらくなります。

また、止まってしまった時計をそのままにしておくのはあまり良くありません。
なるべく早めに電池交換をするか、修理に出して動くようにしてあげてくださいね。

長く愛用していた腕時計が止まったら買い替えを検討するのがベスト

あなたが長い間愛用していた古い腕時計が止まってしまった場合は、電池交換ではなく、買い替えを検討することをオススメします。

なぜかというと、古くなりキズや汚れが目立つようになった腕時計は、エネルギーが低くなっているからです。
エネルギーが低いアイテムを身近に置いておくと、あなたの運気がじわじわと下がってしまうことがあるので、注意してください。

特に腕時計は、置時計や掛け時計とは違い、直接身に付けるもの。
なので、そのぶん受ける影響も大きくなります。

もちろん、腕時計を定期的にメンテナンスしてキレイに使えているのであれば、電池交換をして使い続けるのも悪くはありません。
そうではなく、何も気にせずに長年使い続けていた腕時計が止まったという場合には、これを機に新しいものに買い替えを検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は、時計が止まる・壊れるときのスピリチュアルな意味についてご紹介しました。最後に改めてまとめましょう。

時計が止まる・壊れるときのスピリチュアルな3つの意味

・あなた自身が時の経過に抵抗を感じているサイン
・生活リズムがあなたに合っていないことを知らせるサイン
・誰かから生霊を飛ばされているサイン

特に、「新しく買ったばかりなのに壊れてしまった」、「電池を交換して間もないのにまた止まってしまった」という場合は、スピリチュアルな意味合いが強いと言えます。

同じことをくり返さないためには、原因を突き止めて現状を変えていくことが必要不可欠です。
時計が止まったタイミングや頻度、その時の自分の状況などを振り返り、原因を探ってみてくださいね。

また、長く使って傷んできた腕時計が止まった時には、買い替えを検討するのがオススメです。
普段身に付けるものは、エネルギーの高いキレイな状態にしておきましょう。

千里眼