カルマとは?スピリチュアル的な意味を解説!

「カルマって何?」「スピリチュアル的にはどういう意味があるの?」という疑問を持っている人も少なくないのではないでしょうか。

そこで、この記事では「カルマ」について、スピリチュアル的な観点から詳しく解説していきます。

前世や今世、来世とカルマがどのように関わっているのかということや、過去世で作った悪いカルマを断ち切るために必要なこともお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

カルマって何?スピリチュアル的な意味とは?

スピリチュアル的に言うと「カルマ」とは、報いを招く過去世での行いのことです。

仏典などの日本語の解釈では「業(ごう)」、サンスクリット語の解釈では「行為の結果として蓄積される宿命」という意味合いで使われています。

「カルマ」という言葉にネガティブなイメージを持っている人も少なくありませんが、実際には悪いカルマだけでなく、良いカルマも存在します。

また、カルマは限られた一部の人が持っているわけではありません。
この世に存在するすべての人が、何かしらのカルマを持って生まれてくると考えられています。

カルマの法則とは?

スピリチュアルに興味がある人は「カルマの法則」という言葉を、1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

カルマの法則とは、「自分のしたことは、巡り巡って自分に返ってくる」というルールのこと。
つまり、良い行いには必ず良い結果が訪れ、悪い行いには必ず悪い結果が訪れるということです。

結果としての跳ね返りは、「思ったことや考えたこと」「言葉で発したこと」「行動を起こしたこと」の順に強くなっていきます。

前世のカルマは今世や来世にも影響を与える

カルマが作られたからといって、必ずすぐに結果が現れるわけではありません。
生きているうちに報いを受けるケースもあれば、来世やもっとずっと後の生に持ち越されるケースもあります。

カルマは、過去世から未来に引き継がれた因果関係のようなもの。
過去世での行いや想いは魂の奥深くに刻み込まれ、今世や来世での人格や役割、人生のルートなどを作り出していくのです。

過去世の悪いカルマを断ち切るために必要な3つのこと

結論から言うと、過去世での悪い行いによって作られたカルマを、後から「なかったことにする」ということはできません。カルマは一度作られたら最後、結果として現れるまでは消失しないのです。

ただし、過去世の悪いカルマが今のあなたに結果として現れている場合は、現在の行動次第でカルマを断ち切ることはできます。悪いカルマを来世に持ち越さないためには、次の3つのことが必要です。

・悪いカルマの意味を正しく解釈する
・相手の苦しみを追体験する
・憎しみ合った人との関係性を修復する

では、それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

1:悪いカルマの意味を正しく解釈する

過去世の悪いカルマが今世や来世に引き継がれるのは、何も神様があなたを苦しめようとしているからではありません。

カルマは、輪廻転生の中でより深い学びを得るための仕組みであり、魂を急速に成長させるためにすべての人が持って生まれてくるものなのです。

だからこそ、カルマに対して必要以上にマイナスな感情を抱くのは辞めましょう。
悪いカルマに怯えたり嘆いたりするのではなく、まずは正しく意味を解釈することが大切です。

2:相手の苦しみを追体験する

悪いカルマは結果として現れるまで消えることはありません。
だからこそ、あなたが過去世で誰かを苦しめた因果でカルマが作られてしまった場合には、相手の苦しみを追体験する必要があります。

あらゆる困難や災難、不幸があなたに降りかかるかもしれませんが、その経験を通して人の痛みを知ることができればカルマは解消されるはずです。

ただし、相手の苦しみを追体験している際に、怒りや憎しみの感情に翻弄されてはいけません。
怒りや憎しみの感情は更なるカルマを生んでしまうため、悪循環に陥らないよう注意してください。

3:憎しみ合った人との関係性を修復する

悪いカルマを解消する目的で、過去世で憎しみ合った人と今世でも関係を持つことは珍しくありません。
たとえば親子や恋人、友人、職場の仲間として関わることもあるでしょう。

縁あって出会った人のことは、例外なく大事にしましょう。
相手と関わっていくなかで、辛い思いをすることもあるかもしれません。
そんな時も諦めずに、「なぜ自分が今の状況に置かれているのか」と考えを巡らせてみてください。

過去世で憎しみ合った人との関係性が無事に修復できれば、悪いカルマをここで断ち切ることができるはずです。

まとめ

今回は「カルマ」について、スピリチュアル的な観点から詳しく解説しました。

カルマという言葉にはネガティブなイメージを持っている人が多いかもしれませんが、良いカルマも悪いカルマも、どちらもあなたの魂を急速に成長させる役割があります。

たとえ悪いカルマによって苦しめられていたとしても、「過去世での行いのせいで苦しめられている・・・」と嘆くのではなく、その体験の意味を考えてみてください。きっとそこから気づきや学びが得られるはずです。

千里眼