菜の花の花言葉とは?意味や由来、色別(黄・白・紫)、英語名の花言葉もご紹介!

菜の花の花言葉と由来

『菜の花』の“菜”は食用であることを意味しており、菜の花は観賞用として楽しむだけでなく、食べる楽しみもあるということですね。
さらに油の採取にも用いられていることは有名ですね。
アブラナ科の黄色い花は『菜の花』と呼ばれていますが、観賞用と食用と油の採取用では品種が異なります。
菜の花は、アブラナ科アブラナ属の植物です。
別名、『花菜(ハナナ)』『菜花(ナバナ)』『油菜(アブラナ)』『西洋油菜(セイヨウアブラナ)』とも呼ばれています。
アブラナ科の食用植物には『青梗菜』『野沢菜』『西洋カラシ菜』『小松菜』『チリメン白菜』『アスパラ菜』『西洋油菜』などがありますが、これらも菜の花と呼ばれています。
一般的な菜の花は、「春に咲く黄色い花」というイメージがあるでしょう。
しかし実際には食用のものも非常に品種が多いのです。
食用の菜の花は緑黄色野菜で、カロチンやビタミン、鉄分などをを多く含み、免疫力アップ・ガン予防・風邪予防などの効果、さらには美容効果や美肌効果、貧血予防の効果にも優れていると言われています。
それでは、そんな菜の花の花言葉をご紹介しましょう。

菜の花の花言葉

・故郷
・快活
・競争
・財産

などがあります。

【色別】花言葉はこちら>>
【英語名】花言葉はこちら>>

菜の花の花言葉の由来

『故郷』という花言葉は、菜の花が一面に咲く風景に何か懐かしさを感じることに由来していると言われています。
また『快活』という花言葉は、鮮やかな黄色の花に明るく元気な印象があることから付けられた花言葉です。
ほかにも、空に向かって真っすぐに茎を伸ばし、競争するように咲いていることから『競争』という花言葉が付けられ、黄金色に輝く黄色い絨毯のような花から『財産』という花言葉が付けられたとされています。

菜の花の特徴

菜の花は、アブラナ科アブラナ属の植物で、原産地は地中海沿岸ヨーロッパや中央アジアです。
菜の花は蕾と花茎や若菜のことを『菜花』と言い、緑黄色野菜として食用に用いられています。
食用であっても、花が咲き始めると味が落ちるため、蕾のうちが食べ頃です。
ほろ苦く、香りが高く、特有の甘みがあるのが特徴です。
栄養価が高く、ビタミンや葉酸、カリウムなどが豊富です。
また、種から油を採取して菜種油として用いられており、昔から油を採取するために栽培されてきた植物でもあります。
油を採取するための菜の花から、品種改良して野菜として用いられるようになり、明治時代以降には蕾を食べるようになったと言われています。
観賞用としては、各地で広大な土地に一面菜の花を咲かせて『黄色い絨毯』を思わせるほどの美しさを魅せています。
とても寒さに強く、日当たりの良い場所で育てれば冬枯れせずに育ちます。

【色別】菜の花の花言葉

紫色の菜の花

菜の花と言えば、黄色の花をイメージする方がほとんどではないでしょうか。
しかし実は、黄色のほかにも白色や紫色の花を咲かせる菜の花も存在しています。
それでは、色別に葉の花の花言葉を紹介していきましょう。

黄色の菜の花の花言葉

『快活』『明るさ』『元気いっぱい』『競争』

白色の菜の花の花言葉

『優秀』『知恵の泉』『聡明』

紫色の菜の花の花言葉

『潔白』『適応』

菜の花の花言葉は、菜の花の見た目のイメージ通りにどれも前向きで明るい言葉ですね。

【英語名】菜の花の花言葉

菜の花の英名は『Turnip rape』で、学名が『Brassica rapa』となります。

英語の花言葉

『cheerfulness』意味は「快活」
『The brightness』意味は「明るさ」
『Assets』意味は「財産」
『Small happiness』意味は「小さな幸せ」

などがあります。

菜の花の種類

菜の花の種類

菜の花とは、アブラナ科アブラナ属の植物を言います。
ですからすべてのアブラナ科の植物は「菜の花の仲間」ということです。
上記でもお話ししましたが、菜の花は観賞用・食用・油を採取する用などがあります。
それでは、アブラナ科の植物の仲間にはどんなものがあるのでしょうか。

◎かぶ
◎野沢菜
◎水菜
◎青梗菜
◎小松菜
◎白菜
◎大根
◎ターサイ

などがあります。
大根や白菜などは、菜の花の種類としては意外な印象があるのではないでしょうか。
それぞれの花を思い浮かべることができるでしょうか。
確かに、色こそ違いますが、小さく菜の花に似た花を付けるという共通点があります。

菜の花の季節や開花時期

菜の花は春の花で、基本的には2月~5月頃が開花時期となっています。
ただし、菜の花の開花は南から北上していくため、九州と北海道では開花時期が異なります。
それでは、地域別に開花時期を見ていきましょう。

・九州地方=1月上旬~2月下旬頃
・中国四国地方=2月中旬~4月上旬頃
・関西東海地方=4月上旬~5月中旬頃
・関東甲信越地方=3月~5月頃
・北海道東北地方=5月下旬~6月中旬頃

こうして見ると、南と北では、実に半年近くの違いがあることが分かりますね。

菜の花の誕生花

菜の花が誕生花となっているのは2月6日3月27日です。

関連リンク

【無料】当たると評判のLINEトーク占いが話題!

LINEトーク占い

LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。

LINEトーク占い

LINEトーク占いには、1000人を超える全国の人気占い師が集結!

実力のある占い師ばかりで、本格的な鑑定が体験できるのです。

例えば、名古屋の人気占いサロン即應翠蓮の「翠蓮先生」や、広島で2ヶ月の予約待ちになるほど人気のカリスマ占い師「蓮香先生」など、全国の人気占い師に鑑定してもらえます。

初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?

あなたの未来が今すぐに分かりますよ!

LINEトーク占いでよく当たる相談内容は…
・相手の本音や気持ち。私のこと好き?
・今から3ヶ月以内に起こる奇跡や出会い。
・私のことを好きな人はあの人。
・私はあの人とお付き合いできる?
・運命の人はだれ?もう出会ってる?
10分間無料のトーク占いはこちら

千里眼