骨折をした時のスピリチュアル的な3つの意味とは?対処法もご紹介!

「骨折をしてしまった・・・」というあなたへ。骨折をすると普段の生活にも支障が出ることが多く、ネガティブな印象が強いのではないでしょうか?
ただ、骨折には魂からのスピリチュアルメッセージが込められているため、それを読み解くことで人生をより良いものにしていくことができます。

この記事では、骨折をした時のスピリチュアル的な意味や対処法についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

骨折をした時のスピリチュアル的な3つの意味とは?

骨折をした時のスピリチュアル的な意味としては、主に下記の3つが挙げられます。

・「骨が折れる(労力がいる)ことを手放して良い」というメッセージ
・「人生のコツをつかみなさい」というメッセージ
・古い自分を捨てきれずにいる葛藤の表れ

では、それぞれ詳しくご紹介しましょう。

意味1:「骨が折れる(労力がいる)ことを手放して良い」というメッセージ

骨折をした時のスピリチュアル的な意味、1つ目は「骨が折れる(労力がいる)ことを手放して良い」というメッセージです。

労力が必要だったり困難だったりすることを表す慣用句に「骨が折れる」、「骨の折れる」という言い回しがあります。
これは、骨折が擦り傷や打撲などのケガに比べて、苦痛が大きく大変な思いをすることから、「骨が折れるほど大変な思いをして」と例えて言い始めたのが語源です。

物理的に骨が折れることと、精神的に大変な思いをすることにはある種のつながりがあります。
あなたが骨折という現象を通して「もう骨折なんてこりごりだ」と感じているのであれば、それは骨が折れることを手放して良いというスピリチュアルメッセージなのです。

意味2:「人生のコツをつかみなさい」というメッセージ

骨折をした時のスピリチュアル的な意味、2つ目は「人生のコツをつかみなさい」というメッセージです。

骨折という現象が起こる時は、自分の人生について難しく考えすぎていて、自ら人生の難易度を上げてしまっている可能性があります。
他人からは「要領が悪い人」だと思われているかもしれません。

そんなあなたに対して、高次の存在が骨折という現象を通して「あなたは必要以上に苦労してしまっている」、「そろそろ人生のコツをつかむ時ですよ」とメッセージを送っているのです。

意味3:古い自分を捨てきれずにいる葛藤の表れ

骨折をした時のスピリチュアル的な意味、3つ目は「古い自分を捨てきれずにいる葛藤の表れ」です。

あなたの潜在意識は、新しい自分に生まれ変わるチャンスの時が来ていることに気づいています。
しかし、あなたの顕在意識は変わることに恐れを感じていて、一歩踏み出すことがなかなかできていません。

そんな自分の中での苦しい葛藤が、「骨が折れる現象」として現実に起こっているのです。

骨折をした時のスピリチュアル的な対処法

骨折をしてしまった時のフィジカル的な対処法としては「病院で治療をしてもらうこと」が最優先です。
ただ、骨折に込められたスピリチュアルメッセージを読み解き、人生をより良くしていくためには、次の3つの対処法にも取り組んでみることをオススメします。

・不得手なことを手放して、好きなことや得意なことに精を出す
・人生で起こることには必ず理由があると心得る
・不安を手放し、自分からチャンスに飛び込む

では、それぞれ詳しくご紹介しましょう。

対処法1:不得手なことを手放して、好きなことや得意なことに精を出す

骨折をした時のスピリチュアル的な対処法、1つ目は「不得手なことを手放して、好きなことや得意なことに精を出す」ということです。

不得手なことをするのは、必要以上の労力がかかります。
一方、好きなことや得意なことに取り組んでいる時には、想像以上のパワーが発揮できたりして、自分でもビックリすることはありませんか?

それはなぜかというと、あなたが自然と「好き」、「得意」と感じることが、魂の成長に必要なこと、つまり生まれてくる前に今回の人生で成し遂げようと決めてきたことに直結するからです。

骨折をした時にはこのことに気づくチャンスだと思って、不得手なことは手放し、好きなことや得意なことに精を出してみてください。

対処法2:人生で起こることには必ず理由があると心得る

骨折をした時のスピリチュアル的な対処法、2つ目は「人生で起こることには必ず理由があると心得る」ということが挙げられます。
なぜかというと、それが人生のコツでもあるからです。

嫌なことがあるたびに人のせいにしたり、ものごとのマイナス面ばかり見て悲観したりとネガティブに生きていると、どんどん人生の難易度が上がり、生きづらさを感じてしまいます。

一見するとネガティブな現象も、あなたの魂が成長するためには必要なことです。
目の前の現象だけに捕らわれず、人生で起こることには必ず意味があると知り、ものごとを多面的に捉えられるように心がけると良いでしょう。

対処法3:不安を手放し、自分からチャンスに飛び込む

骨折をした時のスピリチュアル的な対処法、3つ目は「不安を手放し、自分からチャンスに飛び込む」ということです。

今のあなたは変化を恐れて、過去の自分にすがりついている状態かもしれません。
人は誰しも、大なり小なり変わることに不安や怖さを感じます。
それは、今までいた場所はある程度の安全が確保されているけれど、新しい場所は安全かどうかわからないからです。

不安な気持ちはあなたを守るために必要ではありますが、今があなたの人生におけるターニングポイント。
思い切って自分からチャンスに飛び込んでみましょう。

まとめ

今回は、骨折をした時のスピリチュアル的な意味や対処法についてご紹介しました。最後に改めてまとめます。

骨折をした時のスピリチュアル的な意味

・「骨が折れる(労力がいる)ことを手放して良い」というメッセージ
・「人生のコツをつかみなさい」というメッセージ
・古い自分を捨てきれずにいる葛藤の表れ

骨折をした時のスピリチュアル的な対処法

・不得手なことを手放して、好きなことや得意なことに精を出す
・人生で起こることには必ず理由があると心得る
・不安を手放し、自分からチャンスに飛び込む

骨折は痛いばかりで、気が滅入りそうになるかもしれません。
ですが、スピリチュアルメッセージに耳を傾けてみると、今があなたのターニングポイントであることに気づくはずです。
この機会を、今後の生き方について考えるタイミングにしてみてはいかがでしょうか。

千里眼