ランタナ(七変化)の花言葉

ランタナ(七変化)の花言葉と由来

『ランタナ』はクマツヅラ科シチヘンゲ属の植物で、和名では『七変化(シチヘンゲ)』と呼ばれています。
原産地は中南米で、花色は赤色・ピンク色・白色・黄色・オレンジ色・紫色などがあります。
ランタナは初夏から秋にかけて花を咲かせますが、非常い色鮮やかで美しい花であることが大きな特徴です。
シチヘンゲ属の学名は『Lantana(ランタナ)』と言いますが、これは別属のガマズミ属の欧州産の種類『Viburnum lantana』に花姿が似ていることが由来していると言われています。
和名の『七変化(シチヘンゲ)』は、花が外側から内側へと咲き進むうちに花色が変化することが由来しているとされています。
それでは、そんなランタナの花言葉をご紹介していきましょう。

ランタナ(七変化)の花言葉

・心変わり
・合意
・協力
・厳格

などがあります。

【英語名】花言葉はこちら>>

ランタナ(七変化)の花言葉の由来

花言葉『心変わり』は、花が咲いていくにつれて徐々に花色が変化することに由来して付けられたと言われています。
また、花言葉『合意』は、小さい花が集まって半球形に咲く花姿に由来して付けられたとされています。

ランタナ(七変化)の特徴

ランタナは常緑低木で、本来は常緑なのですが冬の寒さや霜に弱いため枯れてしまう事があります。
ですから、1年草として扱われることも多く、寒冷地では1年草として出回っていることもあります。
ただし、温暖な地域では冬越しも可能です。
茎葉に細かいトゲがあるのが特徴で、触るとチクチクとした感触があり、葉も表面はザラ付きがあります。
元々熱帯地方原産の植物で、日本では小笠原諸島など暖かい地域で見られます。
園芸用として流通しており、鉢花や挿し木の苗で売られることが多いようです。
生長するに従って、次々に脇芽を増やして横に広がる性質を持ち、花は小さく、1つ1つは1mm四方ほどの大きさです。
その小さな花が半球状に集まって、ひしめき合うように徐々に花を咲かせていきます。
咲き進むうちに花色が変化し、グラデーションを楽しむことができるでしょう。
草丈は20cm程度で、高いものでは100cmほどになるものもあります。
横幅は30cm前後とコンパクトなので、比較的飾りやすい花ではないでしょうか。

ランタナ(七変化)の色別の花言葉はあるの?

ランタナの花色は、赤色・ピンク色・白色・黄色・オレンジ色・紫色などがあります。
ただし、花色別の花言葉は現在のところ存在していないようです。

【英語名】ランタナ(七変化)の花言葉

ランタナは英名で『Lantana(ランタナ)』と呼ばれており、学名は『Lantana camara』と言います。

英語の花言葉

『rigor(リィガー)』意味は「厳格」

などがあります。

ランタナ(七変化)の種類

ランタナ(七変化)の種類

ランタナの種類は、実に150種ほどあると言われています。
それでは、ここではランタナの種類をいくつかご紹介していきましょう。

ランタナ・カマラ

熱帯アメリカ原産の品種で、園芸用の主流として最も多く出回っています。
見た目が美しく、花色の変化を楽しむことができることから、観賞用として好まれています。

コバノランタナ

この品種は単色性で、一般的なランタナとは異なります。
ほかのランタナに比べると寒さに強く、春~初夏と秋の2度花を楽しむことができます。
また甘い香りがあるため、リラックス効果も期待できます。
初心者の方には少し難しいかもしれませんので、中級者以上の方におすすめです。

ランタナ・コンフェッティ

このランタナは初心者の方にもおすすめできる品種です。
比較的寒さにも強く、5月上旬~11月下旬まで花を咲かせます。、
花色が変化するので、グラデーションを楽しむことができるでしょう。

ランタナ(七変化)の季節や開花時期

ランタナは春から秋にかけて花を咲かせ、開花時期は5月~10月です。
花色は赤色・ピンク色・白色・黄色・オレンジ色・紫色などがあり、花が咲き進むうちに徐々に花色が変化していく植物です。
陽当たりが良い場所を好み、陽当たりが良くない場所では花付きが悪くなります。
暑さに強い反面、寒さには弱いので、冬は注意が必要です。
特に寒冷地では外での越冬は難しいかもしれませんね。
寒風や霜を避けられる場所で管理することをおすすめします。
また、水切れすると葉が萎れたようになりますが、それほど乾燥には弱くはありません。
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにしましょう。
ただし、寒い時期は生長しないため、乾かし気味で管理しても問題はありません。
増やしたいときには挿し木で増やすことが可能です。
ただし、真夏は避けて、5月~9月が適期となりますので、時期を見定めましょう。
新しく伸びた枝を15cmほど切り、川砂に挿して乾燥させないように管理すれば4週間ほどで発根します。
発根したら、水はけの良い土に植え替えをして、生長を楽しむことができます。

ランタナ(七変化)の誕生花

ランタナが誕生花となっている月日は下記の通りとなっています。

10月27日
11月9日

関連リンク

千里眼