男女ともにオナニーやセックスでイクのは非常に気持ちいいと感じます。
特に女性の場合は女性器の中に複数の性感帯が存在するため、さまざまな部分を責められながら異なる快感を味わうことができます。

その中で最高の絶頂を味わえるとされているオーガズムのひとつに連続イキがあります。
連続イキは体験したことがない女性が圧倒的に多いですが、一度経験すると病みつきになるという声も少なくありません。

連続イキとはどのようなものなのか?
また、連続イキを体験するにはどうすればよいのか?
今回はこのような疑問を抱える方に向けて、連続イキに関するお役立ち情報を解説します。

連続イキとは?

連続イキとは?

連続イキとは文字通りオーガズムが波状攻撃のように何度も押し寄せてくるイキ方のことを指します。
通常、オナニーやセックスでは1回イケば満足になることが多いですが、連続イキの場合は絶頂が確変状態に入り、何度も何度も強烈な快感が襲ってきます。

しかし、詳細は後述しますが連続イキはいくつかのポイントやコツを意識しておかないと体験することができません。

これは1日、2日の練習でどうにかなるものではありませんから大抵の女性は連続イキを味わえないオナニーやセックスをしているということになります。

前述のように連続イキは1回のオーガズムの比にならないぐらいの快感を味わえることができますので、習得しておけばオナニーやセックスがさらに楽しくなること間違いなしです。

連続イキできない女性はクリトリスだけを責めている可能性がある

連続イキできない女性はクリトリスだけを責めている可能性がある

実は連続イキはプロの風俗嬢でも体験できずに悩む女性が多いです。
その主な理由のひとつには責めるポイントが間違っているというのが挙げられます。
特に多いのがクリトリスばかりに刺激を与えるやり方をしているということ。

クリトリスは女性の数ある性感帯の中でも最も快感を味わえる部分とされていますが、残念ながらクリトリスのみの刺激で連続イキを体験することは難しいです(まれにクリトリスのみで何度もイケる女性もいます)

特にクリトリスは非常に敏感な部分でもあるため、1回イッたあとにまた刺激を加えられるのは苦痛を感じやすいです。
そのため、現在クリトリスのみの刺激で連続イキを習得しようとしている女性は、連続イキの正しい方法やコツなどをしっかりと学んでおきましょう。

連続イキするには膣内(Gスポット・ポルチオ)の開発が重要

連続イキするには膣内(Gスポット・ポルチオ)の開発が重要

連続イキする上で最も欠かせないのは膣内(Gスポットやポルチオ)の開発です。
Gスポットやポルチオでのオーガズムは中イキとも呼ばれていますが、連続イキはこの膣内開発によって経験しやすくなります。
そこでここではGスポットとポルチオの開発方法をまとめましたのでご覧ください。

Gスポット

膣口の3㎝~4㎝のお腹側に位置するのがGスポットです。
Gスポットの開発の仕方は、後述するポルチオよりも簡単であり、1人で行うオナニーでも事足ります。

基本的なやり方ですが、まず人差し指か中指を膣内に入れ、根元まで挿入します。
指が入ったら第二関節をお腹側に折り曲げ、突起部分やザラザラした部分を探してください。
これがGスポットとなりますので、自分が気持ちよく感じるように刺激を与えていきます。

刺激を与えているうちに尿意が催してきますが、これは正しくGスポットを刺激できている証拠でもありますので、そのままガマンして責め続けてください。
なお、Gスポットへの刺激は女性によっては潮吹きをすることもあります。

ポルチオ

連続イキはポルチオを開発して初めて本物の快感を味わうことができるとされています。
ポルチオの開発で大切なのは「脳でイク」という意識を持っておくことです。

子宮口にあるポルチオは迷走神経が通っており、刺激を加えることで脳に快感としてインプットされていきます。

ポルチオは普段、指では届かない位置にありますので開発方法が若干難しく感じますが、一度クリトリスやGスポットへ刺激を与えておくことで下に降りてきます。

この状態であれば指でも刺激を与えることができますので、リズミカルにトントンと圧をかけていくようにしましょう。

ちなみにポルチオへの刺激は迷走神経だけではなく、骨盤神経や下腹部神経も反応するため、神経ひとつしか反応しないクリトリスよりも深い快感を味わうことができます。

連続イキしやすい方法

連続イキしやすい方法

連続イキはGスポットやポルチオの開発以外にも大切なポイントがあります。
ここでは連続イキを体感しやすい方法などをまとめましたのでご紹介します。

オナニーやセックスに集中できるムードを作る

イクという快感を得るにはオナニーやセックスに集中できる環境を整えることが大切です。
極端なことをいえば周囲に人がいる中でオナニーやセックスをしてもイクことはほぼ不可能です。

なぜなら周囲の人たちが気になってオナニーやセックスどころではなくなってしまうから。
このような理由からオナニーやセックスをするときは、行為に集中できるように部屋を薄暗くしたり、リラックスできる音楽をかけたりなどの工夫を施すようにしましょう。
セックスのときは事前にパートナーとの会話を楽しんでおくのもおすすめです。

前戯にもしっかりと時間をかける

連続イキを体験するには、事前に全身の感度を高めておくことも大切です。
パートナーとのセックスでイケないと悩む女性の中には、彼の前戯が物足りなくて挿入後も気分が乗らないといった方もいます。
前戯はその後の挿入に向けて感度や興奮度を上げるという大切な役割を担っています。

そのため、現在のパートナーの前戯が物足りないという方はおねだりしたり、甘えたりするような言い方で前戯の時間を増やしてもらうようにしましょう。
また、より感度を高めるためにアダルトグッズを使用した前戯を楽しむのもおすすめです。

オーガズム後も刺激をとめない

連続イキで大切なポイントはイッたあとも刺激をとめないということです。
連続イキは文字通り絶頂の波が何度も押し寄せてくることを目標としていますから、常に性感帯を刺激し続けることが大切です。

オナニーの場合はオーガズム後も自分の判断で刺激を与えることができますが、セックスの場合はパートナーがとめてしまうこともありますので、イッたあとも刺激を与えるようにお願いしましょう。

ちなみに連続イキは常にイク状態ができれば成功ですから、責めるポイントは常に同じでもかまいませんし、1回イクごとに変えても問題はありません。

連続イキしやすい体位でセックスを行う

連続イキしやすい体位は男女のバランスを考えなければなりません。
と、いうのも連続イキは1回のオーガズムよりも時間がかかるため、男性もある程度射精をコントロールできる体位で行う必要があるからです。

このようなことを考慮すると連続イキに適した体位は側位、寝バック、正常位となります。まず側位とは2人並んで同じ方向を向き、添い寝のように密着する体位を指します。つまり男性は女性の後ろからペニスを挿入する形です。

側位は射精がコントロールしやすい体位のひとつであり、女性の片足を上げれば深い位置への挿入も可能なため、連続イキには適しています。

また寝バックは女性がイキやすい体位であり、Gスポットやポルチオへの刺激も行えますので連続イキがしやすくなります。

そして正常位はセックスの最後で取り入れるのがおすすめ。
側位や寝バックよりも激しいピストン運動が可能であり、お互いの表情も見れるため、最後にガンガン突きながら男女ともに最高の快感を味わってみましょう。

まとめ

今回は1回のオナニーやセックスで何度も絶頂を味わえる連続イキについて解説しました。
連続イキはプロの風俗嬢でも経験することが少なく、習得するには膣内の開発やオナニー、セックスに集中できる環境を整えることが大切です。

1日、2日の短期間での練習では体験することが難しいため、連続イキを習得したい女性はコツコツと時間をかけて膣内の開発に取り組んでみましょう。

また、パートナーがいる女性の場合は、男性にも協力を依頼しながら開発を進めていくとよりスムーズに連続イキを覚えることができます。
連続イキを体験してみたいという女性はぜひ参考にしてください。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

女性向けアダルト記事一覧はこちら>>

千里眼

おすすめの記事