ビオラの花言葉とは?意味や由来、色別(白・黄・紫など)、英語名の花言葉もご紹介!

ビオラの花言葉と由来

ビオラはスミレ科スミレ属の植物で、和名を『三色すみれ(サンシキスミレ)』と言い、別名『ガーデニングパンジー』とも呼ばれています。
原産地はヨーロッパや西アジアで、花姿が非常に可愛らしく、育てやすい品種です。
家庭の花壇やプランターでの寄せ植えなどにも適しており、丈夫で増やすことも簡単なので初心者の方にもおすすめです。
ビオラは『Viola』と綴り、ギリシャ語のイオン(ion)が語源となっているそうです。
ギリシャ神話の天帝ゼウスが、少女イオのために“すみれ”の花を咲かせたことがその語源となっています。
『ビオラ』という名前は属名である“Viola”に由来しており、元々はギリシャ語で“すみれ”を意味しています。
それでは、そんな『ビオラ』の花言葉をご紹介していきましょう。

ビオラの花言葉

・小さな幸福
・あどけない愛
・信頼
・忠誠
・律儀
・夢想の羽根
・乙女の恋

などがあります。

【色別】花言葉はこちら>>
【英語名】花言葉はこちら>>

ビオラの花言葉の由来

ビオラの花言葉は、可愛らしい花姿やお互いを見つめ合っているような咲き方や俯くような様子などに由来していると言われています。
可愛らしく可憐な花なので、見た目の印象に一致しているのではないでしょうか。

ビオラの特徴

ビオラの特徴と言って最初に言えるのは、花を咲かせる期間が非常に長いことではないでしょうか。
秋から春まで長期に渡って花を咲かせることができますので、花壇やベランダなどを美しく彩るのに最適です。
また、花色の種類が多いことも大きな特徴の一つとして挙げられますね。
紫色・白色・黄色・青色・ピンク色・オレンジ色・複色などがあります。
ビオラは種を撒くことで増やすことができますが、一度植えると花が終わるころに種を飛ばすため、翌年は新たな芽を出すことが多いでしょう。
15~20度で発芽し、30度を超えると発芽がしにくくなります。
ですから、確実に発芽させるために涼しい時期に種撒きすることをおすすめします。

【色別】ビオラの花言葉

黄色のビオラ

ビオラには非常に多くの花色が存在しています。
それでは、ビオラの花色別の花言葉をご紹介していきますね。

白色のビオラの花言葉

『純粋』『あどけない愛』『律儀』『慎み』

黄色のビオラの花言葉

『田園の喜び』『ささやかな幸せ』

紫色のビオラの花言葉

『思慮深さ』『揺るがない魂』『誠実』

青色のビオラの花言葉

『誠実な愛』『純愛』

オレンジ色のビオラの花言葉

『天真爛漫』『純粋』

赤色のビオラの花言葉

『物思い』『思い出』『思想』

ピンク色のビオラの花言葉

『私を想って』『信頼』『少女の恋』

【英語名】ビオラの花言葉

ビオラは英名が『Viola』『Violet tufted pansy』『Garden pansy』『Hearts ease』で、学名は『Viola Wittrockkiana』となります。

英語の花言葉

『memories』意味は「思い出」、『think of me』意味は「私を想って」

『marriment』意味は「陽気」

などがあります。

ビオラの種類

ビオラの種類

ビオラには様々な品種があり、現在も品種改良により新品種が生まれています。
それでは、ビオラの種類をいくつかご紹介します。

スイートローズ

花色は赤紫色で、甘い香りの中輪の花を咲かせます。
育てる環境によって花のやグラデーションなどが異なります。

ブラックオパール

可愛らしく可憐なビオラの中でも、シックな印象の花姿をしています。
寄せ植えではアクセントになりますので、密かに人気のある品種です。

エンジェル・ボンボン

小輪で鮮やかなオレンジ色の花を咲かせ、芯の部分は明るい黄色をしている、元気なイメージの花姿が特徴です。

F1ビビ ヘブンリーブルー

F1ビビ系のビオラは、ビオラでは見られない暖色系の色を含む花色が多く見られます。
ヘブンリーブルーは丈夫で育てやすく、寒さに強いため、初心者におすすめできる品種です。

フローレ・イエロー

開花する時期が早く初秋から春まで花を咲かせ、花色は黄色と紫色で大輪の花を咲かせます。

そら色小町

一つの花の中に白色と黄色と水色が入った、美しい複色のビオラです。
可憐で可愛らしい花を次々と咲かせ、花持ちも良いので長い期間花を楽しむことができます。

ビオラの季節や開花時期

ビオラは実に開花期間が長い植物で、秋から春まで花を咲かせることができます。
開花時期は11月~6月で、長期に渡って次々と花を咲かせます。
花色は紫色・白色・黄色・ピンク色・青色・オレンジ色複色などがあり、非常に美しい花姿を見せてくれます。
スミレ科スミレ属の一年草で、種撒きから60日~70日で花を咲かせるため、初心者や知識がない方でもガーデニングを楽しむことができるでしょう。

ビオラの誕生花

ビオラが誕生花となっている月日は下記の通りとなっています。
1月6日
1月9日
1月28日
2月3日
・11月11日
・12月18日

ビオラとパンジーの違いは?

ビオラとパンジーは非常によく似た花姿をしています。
ですから、見分けがつかないという方も多いのではないでしょうか。
実は、パンジーもビオラと同様にスミレ科スミレ属の植物で、違いと言えば花弁の大きさだけなのです。
大型のものがパンジーで小型のものはビオラですが、パンジーとビオラの混合種もあるため、最近では区別が難しいと言われています。

関連リンク

【無料】当たると評判のLINEトーク占いが話題!

LINEトーク占い

LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。

LINEトーク占い

LINEトーク占いには、1000人を超える全国の人気占い師が集結!

実力のある占い師ばかりで、本格的な鑑定が体験できるのです。

例えば、名古屋の人気占いサロン即應翠蓮の「翠蓮先生」や、広島で2ヶ月の予約待ちになるほど人気のカリスマ占い師「蓮香先生」など、全国の人気占い師に鑑定してもらえます。

初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?

あなたの未来が今すぐに分かりますよ!

LINEトーク占いでよく当たる相談内容は…
・相手の本音や気持ち。私のこと好き?
・今から3ヶ月以内に起こる奇跡や出会い。
・私のことを好きな人はあの人。
・私はあの人とお付き合いできる?
・運命の人はだれ?もう出会ってる?
10分間無料のトーク占いはこちら

千里眼